ここでは、ドラマ「QUEEN」4話のあらすじをネタバレで紹介しています。

4話では、大手ゼネコンの次期社長候補から依頼があります。

依頼内容はご近所トラブルということ。

しかし、この問題が政治をも動かすことになっていきます。

ここでは「QUEEN」4話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


QUEEN4話ネタバレ

氷見(竹内結子)、与田(水川あさみ)や藤枝(中川大志)は、子連れで議会に出席する土方議員を柿崎議員が私情を議会に持ち込むなと非難するTV放送を見て、少子化対策はうまくいかないと嘆く。

真野(斉藤由貴)も、息子が停学すれすれだと言い、氷見たちは、真野の息子を救う手だてを考えていた。

そこへ副所長の鈴木(バカリズム)が、大手ゼネコンの次期社長・佐久間の依頼を持ってくる。

ご近所トラブルと聞いた氷見たちは、とたんにやる気をなくすのだった。



佐久間の妻・杏子(原田佳奈)と息子・怜(南出凌嘉)と暮らすタワーマンションでは、佐久間家の玄関まわりに中傷ビラをまかれて困っていた。

氷見と与田は、杏子の友達としてママ友会に潜入、マンションはセキュリティが厳しく、ビラの犯人は、マンション住人ではと考える。

杏子の息子・怜が難関中学に合格したとママ友達にSNSで連絡が入り、すごいと言いながらもよそよそしい言葉が飛び交う。



藤枝は、ベビーシッターとして潜入し、子供間でも格差があることを知る。

マンション管理上、杏子の部屋の玄関に監視カメラがつけれないため、張り込みをすることになる。



そんな時、杏子が歩道橋から突き飛ばされ怪我をする事件が起こる。

藤枝は、夜、寒い中張り込みをし、ビラをまく犯人を見つけ追いかけるが取り逃がす。

一方、与田は杏子が捨てた中傷ビラの中から、オマエタチノカコヲシッテイルと書いてあるのを見つける。



そのころ、氷見は、茂呂(佐野岳)から呼び出されホテルの一室にいた。

茂呂は、氷見に5年前まで東議員の政策秘書をしていて、かなりきわどいことをしてのし上がらせたが、なぜ、秘書を辞めたと問う。

氷見は、人殺しをしてしまったからと笑い、逆に、茂呂が名前貸しをしていると握った弱みを突き出し部屋を出て行く。



ある日、怜が通う小学校にもビラが貼りつけられる。

藤枝は心配になり、怜の小学校に行き、怜が教室でなじめず、落書きばかりする姿を写メする。

杏子は、与田にビラを張られた校門を見ながら、私たちが何をしたんだと訴える。

与田は、ゴミから拾ったビラを見せて、過去のこととなにか関係があるのではと探るが、杏子は答えない。



氷見は、与田と真野をつれて、ママ友のボスで柿崎議員の妻・美恵が経営するヨガ教室に潜入。

与田は、怜とトラブルがあり学校をやめた佐野先生の情報をヨガ教室に通うママ友から得る。



そのころ、怜は下校途中で、いじめられパニックになり、藤枝が家に送る。

佐野先生は、睡眠薬の過剰摂取で自殺未遂で意識不明で入院しており、病室に飾ってあった佐野の奥さんの写真から、スーパーやしろに勤めていることが分かる。

その名前を見た与田は、藤枝がビラをまこうとしていた犯人が落としていったミントに、そのスーパーのシールが張ってあったことを気づく。



そんな時、杏子から、怜がいなくなったと藤枝に連絡が入る。

佐野の奥さんもスーパーを迷惑をかけるからと辞めていた。

怜は、港に立ち自殺しようとしていた。

佐野の奥さんが止めようとし、杏子や氷見も駆けつける。

怜は自分は変だからというと、藤枝は、自分の周りの人は変な人ばかりだと、でも認め合っているから楽しいと、怜くんにも友達がいるのではと説得する。

すると怜は、行く中学校が変わるから一人ぼっちになるが、お母さんが行けと言われたことが嫌だったと告白するのだった。。



杏子は、氷見と佐野の奥さんに、怜は発達障害だと告白。

佐野先生は、怜の担任をしていた時、怜を気遣うと、他の保護者がら一人の生徒にかまい過ぎだと言われ板挟みになり、鬱になり自殺未遂をした。

佐野の奥さんは、夫を追い詰めた原因となった怜の家族を憎み、中傷ビラをまいていたのだ。

杏子のマンションの清掃係もしていたので侵入できたのであった。

氷見は、佐野先生とのトラブルもみ消すために、柿崎議員の妻・美恵にお金を渡していたのでしょうと杏子を攻める。

佐野の奥さんは、そんなことをしたのかと怒り、二人は口論になる。



口論に割って入った氷見は、原因はもっと仕組みの問題だと話す。

実は、氷見は土方議員と繋がっており、子供を連れて議会に出ることをアドバイスしていたのであった。

土方議員にミントを議会で食べるように言い、それを指摘した柿崎議員は、ネットでバッシングを受ける。

氷見は、柿崎議員に、佐久間の奥さんから金をもらっていたり、真野の息子を助けて欲しいと言われハニートラップ仕掛けられた動画を見せたりして、助ける代わりに条件があると脅す。

柿崎議員は、教師の負担を軽減するため、大幅増員を議会で訴え、土方議員とともにデモを行う。

そこには、杏子や佐野の奥さんも参加。

こうして世論を動かすのだった。



後日、佐野の奥さんは、寝たきりの夫に努力が実ったと報告する。

杏子のまわりも、ママ友ボスの柿崎議員の妻・美恵がおとなしくなり、ママ友間も平穏が訪れる。

怜は、仲の良い友達と同じ中学に行くことになり、元気を取り戻すのだった。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「QUEEN」4話のあらすじをネタバレで紹介しました。

今回は近所トラブルが世論を動かすことになるという、驚きの結末になりました。

また、氷見と茂呂のやりとりにはドキドキしましたよね!

2人のやりとりを見ていると、今後氷見の過去に関する話が出てきそうです。


4話を見るなら
QUEEN(ドラマ)動画4話を無料で視聴する方法を紹介!






スポンサーリンク