ここではドラマ「BG〜身辺警護人〜」7話で登場したロケ地を紹介しています。

7話では、島崎の元妻・仁美を警護することになった日ノ出警備保障。

無事に任務が終わり、仁美がオプションとして、元家族3人で食事しようと言って向かったレストランのロケ地はどこだったのでしょうか?




スポンサーリンク

7話で島崎と仁美が食事をしたロケ地は?


7話で狙われていると話していた仁美(山口智子)を無事守ることができた後、仁美が島崎(木村拓哉)を誘って食事に行ったレストランがありました。

そのレストランですが、ロケ地に使われていたのは、Studio del fiore 八王子(デルフィオーレはちおうじ)です。

Studio del fiore 八王子(デルフィオーレはちおうじ)はもともとはレストランでしたが、今は撮影スタジオとして利用されています。





ヨーロッパ調の雰囲気が漂う施設は、個室やレストラン、庭などがあり、撮影にはもってこいの場所です。

デルフィオーレ八王子はBGの7話でロケ地として使われましたが、22年ぶりの共演を果たした木村拓哉さんと山口智子さんもここで撮影を行っていました。

さらに、萩原聖人さん、江口洋介さん、石田ゆり子さんなども同じシーンに登場していました。

これだけの芸能人がいたら普通の場所だと騒ぎになりそうなので、こういうスタジオのような場所は撮影には便利でしょうね。


住所: 東京都八王子市大谷町59-1



どんなシーンに使われた?


7話で紹介したロケ地がどんなシーンに使われたかを紹介します。

島崎と仁美、そして息子の瞬(田中奏生)が3人で食事をする予定でしたが、そこにまたしても立原大臣が現れます。

立原は五十嵐大臣に離党を申し出るために訪れたのですが、そこに五十嵐の元秘書・植野が侵入していました。

そして、植野は五十嵐と話をしたいと面会を求めてきますが、立原に付いていたSPが拒否。

植野は逆上して拳銃を構えます。

村田(上川隆也)がたまたま店に立ち寄ったとき、島崎は植野の存在を伝えます。

そして、仁美に事情を説明しながら逃げるように指示します。

しかし、植野は拳銃を振りかざし、一般客の方へ。

島崎がとっさに注意を引き、その間に落合(江口洋介)たちが集まってきます。

植野は五十嵐と話がしたいと何度も叫んでいたのですが、ついに五十嵐は植野に話しかけます。

しかし、説得どころが火に油をそそぐような発言で植野を怒らせてしまいます。

島崎は植野が五十嵐のほうに注意が向いている一瞬のすきをついて取り押さえにかかります。

しかし、振り払われた島崎に銃口が向けられ、植野が撃った瞬間に村田が島崎をかばい撃たれてしまいます。

その間に植野はSPに抑えられましたが、怪我人を出してしまった落合は村田に謝罪。

その後、村田は救急車で搬送されるのですが、その最中に…。



スポンサーリンク

まとめ


ドラマ「BG」7話で登場したロケ地を紹介しました。

木村拓哉さんと山口智子さんの共演はロンバケを見ていた人にはたまらなかったでしょうね。

ストーリーとしては、村田の怪我が気になりますね…。

8話の次回予告では、発砲事件はなかったことにされていますが、さすがに島崎は怒りを見せていました。

どういう展開が待っているのでしょうか。




スポンサーリンク