ここではドラマ「BG」4話のロケ地について紹介しています。

ドラマ「BG」の4話では立原大臣(石田ゆり子)の警護を依頼された日の出警備保障の島崎(木村拓哉)たち。

その立原大臣が向かった先のホテルにある結婚式場が嵐の「Love so sweet」のMVで使われたロケ地と一緒ではないかと思い、調べてみました。




スポンサーリンク


結婚式のロケ地は?


4話で島崎が立原大臣を連れて向かった先の結婚式場で使われたロケ地はどこだったのでしょうか?

調べてみたところ、アニヴェルセル東京ベイというお台場にある結婚式場でした。

アニヴェルセル東京ベイは庭付きの一軒家を貸し切りにすることができる結婚式場でヨーロッパをイメージした街並みが広がっています。

結婚式場だけでなく、カフェやウェディング関連の施設があってここでの結婚を予定していない人でも楽しめるようになっています。




ここの結婚式場は、あの嵐の「Love so sweet」のMVを撮影した場所です。

「Love so sweet」はドラマ「花より男子2」の主題歌で、嵐がマネキンになっているPVとして印象に残っている楽曲です。

ドラマ「BG」4話では、立原大臣の隠し子が結婚式をあげた場所として使われていました。



また、立原大臣と島崎を待ち伏せした落合(江口洋介)がいたチャペルも使われていましたよね。

外の光が差し込む明るい印象のチャペルでした。




スポンサーリンク


4話のあらすじネタバレ


4話では、日の出警備保障に極秘の依頼が入ったと、社長の今関(永島敏行)が村田(上川隆也)と島崎をある場所に呼び出します。

そこで待っていたのは立原愛子厚生労働大臣でした。

大臣は秘密裡にに対立する派閥の長と会談をするため、目立たないように外出したいと依頼内容を伝えます。

人間ドックで検査を受けていると嘘をついて、SPの目を盗んで3時間以内に会談をして戻るというのがミッション。



任務当日、病院で待機している島崎のもとへ大臣がやって来ます。

そして車で移動するのですが、早くもSPに気づかれてしまいます。

一方、会社で待機していた高梨(斎藤工)が大臣の目的は他にあるのではないかと考え、そのことを警護を当たっている島崎たちにまゆ(菜々緒)から連絡がはいります。

村田たちは大臣に本当の目的を聞いたところ、好きな男性に会いに行くためだと話します。

本当の理由を聞いた島崎たちは任務のため目的地のホテルに向かいます。

ところが、SPの落合の策で道路に検問がはられていました。

そのため、島崎と大臣は車を降り地下からホテルを目指します。



ホテルに向かう途中、島崎は大臣の真の目的を知ります。

それは大臣が学生の頃に産んで、すぐに養子に出した娘の結婚式に参加することでした。

島崎は大臣の依頼を叶えるため、なんとか結婚式場までたどり着くのですが、時間になっているのにチャペルに人がいません。

その代わりに、落合がチャペルに現れ、結婚式の時間を30分ずらしたと話し、大臣に戻るよう話します。

しかし、大臣はあと5分だけほしいと言い、ある人のもとへ。

そこには結婚式の主賓として招かれていた医師会の崎山敬一郎(中尾彬)の控室でした。

大臣の真の目的は崎山に会うことでした。




話し合いが終わった後、大臣は落合とともに去ろうとしますが、島崎がまだ任務が終わっていないと話します。

そして、島崎は大臣の乗る車を結婚式のチャペル前につけ、娘の花嫁姿を見せるのでした。



スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「BG」4話で登場した結婚式のロケ地を紹介しました。

4話はこれまでと違いアクションシーンがありませんでした。

ただ立原大臣の過去が分かったり、島崎が過去にボディーガードをしていたサッカー選手の河野(満島真之介)が登場したりと、ストーリーが少し進展したという感じでした。

そして、島崎の別れた奥さんも電話で登場しましたが、誰がキャストをつとめるのでしょうか?

5話以降が楽しみですね。




スポンサーリンク