ここではドラマ「BG〜身辺警護人〜」7話で登場したキャストを紹介しています。

7話では島崎の元妻・仁美から依頼があります。

仁美は誰かに狙われていると話していて、島崎に守って欲しいと話をします。

誰に狙われていたのでしょうか。




スポンサーリンク

7話で山口智子を狙った女性役は遊井亮子


山口智子演じる島崎の元妻・仁美を狙っていた人は、仁美の今の夫の元恋人だった人でした。

その女性を演じていたのが遊井亮子さん。

遊井亮子さんは1976年8月10日生まれの女優。

1994年放送のドラマ「静かなるドン」に出演以降、多くのドラマに出演しています。

1996年放送の「白線流し」、2001年放送の「レッド」では主演、2010年放送の「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season-」に出演しています。

脇役としても良いキャラを演じていますよね。



7話では、山口智子さん演じる小田切仁美を付け狙う女性として登場します。

実は、この女性、仁美が再婚した相手・小田切聡史の元恋人でした。

女性は仁美が恋人の聡史を奪ったと思い込み、付け狙っていました。

島崎はすぐにストーカーをしている女性に気づき、道で待ち伏せをします。

そして、待ち伏せした島崎に襲いかかり、パンチを決めました。

BGにパンチをくらわすなんて、最強の女性ですね。笑


元秘書・植野役に萩原聖人


6話で登場した民事党幹事長・五十嵐映一(堀内正美)の元秘書・植野役を萩原聖人さんが演じています。

萩原聖人さんは1971年8月21日生まれの俳優。

1990年に出演した「はいすくーる落書2」で注目を集めます。

1994年に放送した「若者のすべて」では木村拓哉さんと共演しました。

1994年に放送された「夏子の酒」で共演した和久井映見さんと結婚しますが、2003年々に離婚しました。


6話では一瞬で取り押さえられてしまいましたが、7話では五十嵐大臣を狙い拳銃を突きつけます。

同じ場所に居合わせた島崎たちと立原大臣のSPによって取り押さえられました。

萩原聖人さんの演技力もあり、すごく情けない役どころでした。



スポンサーリンク

まとめ

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」7話で登場したキャストを紹介しました。

7話は木村拓哉さんと山口智子さんの共演のための演出が多くされていましたね。

大ヒットドラマ「ロングバケーション」を思い出させるようなシーンもあり、見ていた人は懐かしかったのではないでしょうか。

逆に最近の若い人には分かりにくい部分もあったかもしれませんね。




スポンサーリンク