ここでは、ドラマ「ボイス(ドラマ)」5話のあらすじをネタバレで紹介します。

新田を殺害した犯人が3年前の事件の真犯人だと考えたひかりは、警察内の協力者として沖原を疑い始めます。

現場で証拠を探す樋口とひかりは真犯人のある特徴を突き止めることに成功。

そんな中、ECUに6歳の子供から母親に刺されて洗濯機の中に隠れているという通報が。

そこでひかりは樋口と石川に出動を指示します。

ここでは「ボイス(ドラマ)」5話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


ボイス(ドラマ)5話あらすじネタバレ

新田(森永悠希)が何者かに殺害されました。

沖原(木村祐一)ら強行犯係は新田のポケットから硫酸化合物の容器が見つかり、さらに遺書めいたものも見つかったことから自殺と判断。

しかし、新田が3年前の事件の目撃者であることを知るひかりは、新田は真犯人に殺されたのではと考えていました。

そして強行犯係の沖原が真犯人の協力者ではないかと。

それを聞いた樋口(唐沢寿明)はこの目で他殺の証拠を見つけるまでは信じないと、現場周辺を調べることに。

車のドライブレコーダーに目をつけた樋口とひかり。

二人で映像を調べていると、ひかりの携帯に署長の田所(小市慢太郎)から新田の件で呼び出しが入ります。

田所から「3年前の事件の再捜査のためにECUを立ち上げたのなら即座に廃止する」と言われたひかりは、悩んでしまいます。



そんな中、栞(石橋菜津美)が新しくECUに加わることに。

すると、6歳の子供・歩(正垣湊都)から母親・奈央(ソニン)に刺されたと通報が入りました。

ひかりが電話を代わると、歩はお腹を包丁で刺されたと言うのです。

事件の異常性を察知したひかりは、樋口と石川に出動を命じることに。

母親の名前を聞いてもわからないと答える歩。

少し前にこの家に連れて来られ、家から出たことは無いと言います。



事件から3分が経過し、樋口と石川が自宅近くに到着。

しかし、歩がいる部屋を特定できずにいました。

その時、自宅内の洗濯機に隠れていた歩が携帯を落とし、奈央に気づかれてしまいます。

首を締めて殺そうとする奈央をひかりは必死で説得。

実は奈央も養子に入った過去があり、義父から虐待されていたのです。

それに気づいたひかりが「幼い頃のあなたを救ってあげて下さい」と伝えると、我に返って救急車を呼んで欲しいと言う奈央。

しかし、そこへ何者かがやって来て歩を連れ去ってしまいました。

その足音を聞いたひかりは、義父の犯行と判断。

義父のことを聞き出そうとしますが、奈央は何も答えようとしませんでした。



樋口は管理人に子供を隠せそうな場所がないか尋ねることに。

しかし、管理人の行動から樋口は管理人が義父ではないかと疑うように。

そこへひかりから連絡が入り、やはり管理人が義父であることが判明。

管理人が503号室の鍵を持っていたことから、樋口は空き部屋である隣の部屋に歩を隠していると確信します。

そして無事に歩を保護することができました。

ひかりと話がしたいと言う歩。

歩むから「ママを助けてあげて下さい」と言われ、ひかりは約束を守ることを誓いました。



事件が解決し、安堵する樋口の元にハヤミミと言う人物から連絡が入ります。

ハヤミミから新田を殺害した人物が不動産会社の経営者だと聞いた樋口は、その会社の元社員から話を聞くことに。

樋口がハヤミミから聞いた待ち合わせの場所に行くと、何者かに襲撃されてしまいます。

樋口から真犯人の情報を掴んだと連絡を受けたひかりは、その一部始終を電話口で聞いていました。


ついに真犯人が判明か?

気になる6話のあらすじは「ボイス(ドラマ)6話あらすじネタバレ!真犯人の正体は?」で紹介しています。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ボイス(ドラマ)」5話のあらすじをネタバレで紹介しました。

新田を殺害した犯人は3年前に未希やひかりの父親を殺害した人物と同一犯なのでしょうか?さらに強行犯係の沖原との関係も気になります。

5話のゲストはソニンさんです。

近年は舞台で活躍しているソニンさんが、虐待が疑われる母親役を演じました。