ここでは、ドラマ「ボイス110緊急指令室」2話のあらすじをネタバレで紹介します。

夏美の監禁場所を突き止め、3ヶ月の条件付きでECUの設置を許可されたひかり。

しかし、未だひかりのことを信用できない彰吾は現場リーダーへの誘いを断ります。

ところが、彰吾は未希が殺害された事件の陰に、ひかりを巻き込んだもう一つの事件が隠されていたことを知って衝撃を受けるのでした。

ここでは「ボイス110」2話のあらすじをネタバレで紹介します。

1話からの続きなので、こちらの記事で復習しておいてください
ボイス110・1話あらすじネタバレ!樋口と橘が連続誘拐犯を追う


スポンサーリンク


ボイス2話あらすじネタバレ

夏美(吉川愛)の言葉をヒントに居場所を突き止めたひかり(真木よう子)。

さらに犯人が女子大生連続殺人事件であることが判明し、樋口(唐沢寿明)に現場に急行するよう指示を出します。

間一髪のところで夏美を助け出すことに成功し、ひかりは署長の田所(小市慢太郎)から3ヶ月の条件付きで熱望していたECUの設置を許可されました。

その裏で田所は、ひかりが新チームを作る思惑とメンバーについても調べるように強行犯係の沖原(木村祐一)に指示を出していました。



樋口はひかりがなぜ犯人がアクアショップに居ることがわかったのか疑問に感じていました。

そこでひかりに直接尋ねると、電話から水槽の音が聞こえたと言うのです。

しかし、水槽は1階にあり、現場は2階だったために樋口はひかりの言葉が信じられませんでした。

あり得ないと否定する樋口にひかりは、3年前にも法廷で真実を話したと言うのです。

そこへ後輩の石川(増田貴久)から電話が入ります。

ひかりは樋口を自分のために利用しようとしているから騙されてはダメだと忠告。

ひかりを信用できない樋口は現場リーダーへの誘いをきっぱりと断りました。



一人息子の大樹(鳥越壮真)が入院している病室で夜を明かした樋口。

そこへ石川から電話が入ります。

ひかりが自分たちをECUに異動させ、さらに樋口をECU緊急出動班の現場リーダーにしたことを知らされます。

勝手なことをされていらだった樋口は、ひかりの聴力を試すために遠くからひかりに呼びかけてみることに。

「俺の声が聞こえるなら振り返ってみろ」と囁くと、聞こえるはずのないその声を聞き取ってひかりが振り向きました。

ひかりは12歳で交通事故に遭って以来、人には聞こえない音が聞こえるようになったのでした。

そこで樋口が自分を巻き込む理由を問い詰めると、自分と樋口は同じだと言うのです。

実はひかりの父親も未希(菊池桃子)が殺害された日に、同じ犯人に殺されていたのでした。



事件当日、ひかりの父親も警察官で無線を聞いて未希の殺害現場に駆けつけていました。

犯人を発見した父親が逮捕を試みますが、鈍器で殴られて殺されてしまったのです。

しかし、証拠の音声データが消され、父親は事故死として処理されました。

ひかりは警察内部に真犯人の協力者が居ると考えていました。

真犯人は警察を操るだけの権力を持っていると。

ひかりが科捜研で音声解析の研究に従事したのは、ボイスプロファイラーとして力をつけて真犯人を捕まえるためでした。

それでも樋口は相良卓也(平原テツ)が犯人だと主張。

それに対しひかりは、相良の部屋に血のついたコートがあったのは、真犯人と相良が取引をしたためだと説明。

そこへ相良が死亡したという連絡が。

遺書もあったことから、警察は自殺と判断します。

しかし、相良の足裏を見たひかりは真犯人に殺されたと主張。

現場でも司法解剖するべきという声がありましたが、警察上層部は聞き入れませんでした。



未希がなぜ死ななければいけなかったのか、真実を明らかにさせたい樋口はECUに入ることを決意。

そこへ女性が拉致されたという連絡が入り、樋口は現場へと向かいました。


【3話】拉致事件が発生!
ボイス(ドラマ)ネタバレ3話!拉致事件の犯人は?事件の真相は?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ボイス」2話のあらすじをネタバレで紹介しました。

未希の殺害事件をきっかけに反目し合っていた彰吾とひかりでしたが、お互いを認め合って良き理解者となっていきそうな予感がします。

1話では夏美がハンマーで襲われそうなところで終わりましたが、果たして彰吾は夏美を助け出すことができるのでしょうか?




スポンサーリンク