ここでは、ドラマ「ボイス110緊急指令室」3話のあらすじをネタバレで紹介します。

県警に勤める栞の妹・葵が拉致されたという通報が緊急指令室に入りました。

ひかりは電話口から聞こえる音を頼りに葵の居場所を突き止めようと耳を澄まします。

そんな中、ある手がかりを得た樋口はひかりと共に事件に仕組まれた罠に気づき始めるのでした。

ここでは「ボイス」3話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


ボイス3話あらすじネタバレ

樋口(唐沢寿明)とひかり(真木よう子)のもとに相良(平原テツ)が投身自殺をはかったという連絡が入ります。

相良はギャンブルによる多額の借金を抱えており、さらに「逃げることに疲れた」という遺書も遺されていたことから警察も自殺と断定しました。

そんな中、栞(石橋菜津美)の妹・葵(矢作穂香)が拉致されたという連絡が緊急指令室に入ります。

ひかりからの指示を受け、樋口と石川(増田貴久)が葵の携帯のGPS情報を頼りに捜索を始めます。

葵が拉致された時の情報を聞いたひかりは、葵の身近な人物の中に被疑者がいるかもしれないと推測。

そこで栞から葵の人間関係を聞き出そうとしますが、栞は何もわからないと言うのです。

ひかりが栞と話していると、葵本人から指令室に連絡が入ります。

うめき声を聞いたひかりは、葵が拘束されてタオルで口を塞がれていると推測。

さらに音が外に漏れていないことからハッチバックのトランクの中だと樋口に伝えます。

ひかりを信じて車を捜索する樋口。

そして該当車を見つけることができました。

その車両ナンバーを調べると、所有者が葵の元交際相手・大森と判明。

樋口が説得を試みますが、被疑者は拳銃を発砲して再び逃走。さらに葵との通話も途絶え、GPSによる位置情報を検索できなくなってしまいました。

被疑者車両を取り逃がしたことを知った沖原(木村祐一)は、ECUを潰すために犯人確保に動き出しました。

葵が拉致されたことを知り、栞の他に叔母・志津(YOU)と、葵の恋人・新田(森永悠希)も署に駆けつけてきました。

そこで樋口は大森以外に葵をつけ回していた男が居ないかと新田に質問。

しかし、新田には心当たりがありませんでした。

実は拉致現場の防犯カメラの画像を見た樋口は、被疑者は大森では無いと考えていたのです。

画像には大森よりもガッチリしたガタイの良い男が写っていました。そんな中、大森が何者かに殺害されているのが発見されました。

通話記録を聞き返したひかりは、被疑者車両のトランクの中にスコップがあることに気づきます。

そして新田の靴音を聞いたひかりは、新田が被疑者であることに気づきました。

新田の所有する車の中を確認しようとしたひかりは、突然背後から共犯者の男に襲われて意識を失い、拉致されてしまいました。

新田は連続レイプ犯で、その被害者の中には行方不明の女性もいることが判明。

新田はその動画を専用サイトにライブ配信して荒稼ぎしていたのです。

山の中にひかりを生き埋めにしようと考えた新田ですが、最後にひかりの遺言を聞くことにしました。

この期に及んでも葵を解放することを要求するひかりに、新田は未希(菊池桃子)を殺害した真犯人は自分だと打ち明けます。

犯人の声を知っているひかりはそれに反論。

しかし、新田はそれに答えずにひかりを生き埋めにしました。

そこへ樋口が駆けつけて新田の車を追いかけますが、取り逃がしてしまいます。

樋口はひかりが土の中に埋められているとは知らず、まだ新田の車の中にいると思い込んでいました。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ボイス」3話のあらすじをネタバレで紹介しました。

一度は断った現場リーダーになることを決意した樋口。

未希の死の真相を知りたいという樋口の強い思いを感じました。

一方、ひかりも同じ犯人に父親を殺害されていたことが判明。

二人はお互いに良き理解者となりそうな予感がします。