ここでは、ドラマ「ラジエーションハウス」3話のあらすじをネタバレで紹介します。

杏が辻村と食事に行ったことを知ってショックを受ける唯織。

そんなある日、結婚を控えた女性誌編集者・葉山今日子がマンモグラフィ検査を受けにやって来ます。

読影した杏は異常なしとの診断結果を下しますが、唯織は今日子のマンモ画像を見て何かに気付きます。

そして今日子になるべく早く超音波検査を受けるように勧めるのでした。

ここでは「ラジエーションハウス」3話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


ラジエーションハウス3話あらすじネタバレ

唯織(窪田正孝)は杏(本田翼)が放射線科入局説明会で挨拶をする姿を見て、杏のかっこよさに見とれてしまいます。

杏に労いの言葉をかけようとしますが、そこへ辻村(鈴木伸之)が現れます。

杏と辻村が二人で食事に行ったと聞いて、唯織はショックを受けるのでした。



そんな中、女性誌編集者の葉山今日子(内山理名)がマンモグラフィ検査を受けにやってきました。

会社の後輩との結婚を控えている今日子は母が乳がん、祖母が卵巣はがんと診断されたことから毎年検査を受けていたのです。

裕乃(広瀬アリス)は不安そうにしている今日子を少しでも和ませようと一生懸命話しかけますが、それを見たたまき(山口紗弥加)から「ここは検査する場所でおしゃべりを楽しむ場所じゃない」と怒られてしまうのでした。

今日子は乳腺密度が濃い、デンスブレストでした。

マンモ画像を見た杏は鏑木(浅野和之)に相談。

鏑木からは「病変が見つかった訳ではないので異常なしと書くほかない」と言われ、異常なしとの診断を下します。



そんなある日、たまきは友人のものだと言って1枚のマンモ画像を杏に読影してもらうことに。

その画像を見た杏は「右胸に腫瘤があり、悪性の可能性があるので一度再検査した方が良い」とアドバイスします。

それを聞いたたまきは、マンモグラフィ検査に苦戦する裕乃の被験者となることに。

実は杏に見せた画像はたまき本人のものでした。

それに気づいた裕乃は、たまきに頼んでもう一度検査をさせてもらうことに。

すると良性の腫瘍であることがわかったのです。



杏は今日子に下した診断に納得出来ずにいました。

さらに唯織も今日子のマンモ画像が気になり、早めに超音波検査を受けた方が良いと今日子に伝えます。

実はデンスブレストの場合、マンモグラフィ検査では正確な診断ができないのでした。

今日子は今まで毎年検査をしてきたことが無駄だったのではとショックを受けます。

しかし、そんな今日子に唯織は「検査を受けてきた時間は決して無駄ではない」と伝えるのでした。



結局、超音波検査検査でも正確な診断を下すことが出来ずに造影剤を使ったMRI検査をすることになりました。

すると、乳がんを患っていることがわかったのです。

乳管の中に癌ができていたためにマンモグラフィ検査でもエコーでも見つからなかったのです。

今日子は右胸を全摘することに。

「この度は申し訳ありませんでした」と頭を下げる杏と唯織に、今日子は「早期に発見してくれてありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えます。

しかし、その言葉とは裏腹に今日子は大きなショックを受けていました。

7歳年下のまだ若い婚約者に対して、自分なんかで良いのかと申し訳ない気持ちを抱くようになります。

婚約者は今日子が乳がんと診断されたことに驚きますが、手術をすれば助かると聞いて喜ぶのでした。



生きる希望を持った今日子は自身の雑誌でデンスブレストについての記事を書き、女性に検査の重要性を訴えました。

唯織は今日子の記事を杏に見せることに。

先生が検査を後押ししてくれたおかげだと感謝を述べますが、杏からは「あなたには負けませんから」と言われてしまうのでした。



4話のあらすじはこちら
ラジエーションハウス4話あらすじネタバレ!裕乃がロックバンドの大学生を救う


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ラジエーションハウス」3話のあらすじをネタバレで紹介しました。

女性誌編集者の葉山今日子役を演じるのは内山理名さん。

19年ぶりの月9出演で気合十分のようです。

またテーマが乳がんということで、マンモグラフィ検査を受けた女性は多いかと思いますので、きっと共感できる内容になっているのではないでしょうか。

そして、唯織の恋はまだまだ前途多難そうですね…。


3話を見逃したあなたへ
ラジエーションハウス(ドラマ)動画3話を無料視聴する方法とは?




「ラジエーションハウス」メインキャスト情報