ここでは、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」1話のあらすじをネタバレで紹介しています。

今作は、タイプの違う3人との男性と32歳のアラサー女子・春見順子が織りなすラブコメディ。

1話では、順子が務める三流予備校「山王ゼミナール」に、ピンク髪のイケメン不良高校生・由利匡平がやって来ます。

そして「俺を東大に入れてくんない?」と順子に言うのですが…

ここでは「初めて恋をした日に読む話」1話のあらすじをネタバレで紹介します。



最終回で順子は誰と結ばれる?
初めて恋をした日に読む話ネタバレ結末予想!山下?由利?雅志?


スポンサーリンク


初めて恋をした日に読む話1話あらすじネタバレ

アラサー32才の春見順子(深田恭子)は、東大受験を失敗し恋愛も仕事もときめくものもなく過ごしていた。

優しい父・正(石丸謙二郎)、東大に失敗した時から嫌味を言う母・しのぶ(檀ふみ)と住んでいた。

順子は山王ゼミナールの講師をしていたが、仕事もやる気がなく、塾長の梅岡(生瀬勝久)からは、生徒が先生を変えてくれと言われ過ぎ、来年春にはクビと怒られる日々。



塾の帰り道、ナンパされおばさんと言われた高校生たちが花火遊んでいて水をかけられる。

ピンク髪の高校生からジャンパーをかけられる。

途中でいとこの東大卒エリートサラリーマンの八雲雅志(永山絢斗)に居酒屋に誘われ、愚痴を言う。

八雲は、順子のことが内心好きで、自分も今フリーだからと遠回しに言うが、順子は気づかない。

順子は「はじめて恋をした日に読む話」という恋愛バイブルを読み、結婚するまでこれだけ沢山しなくてはならないのかとため息をつく。



次の日、昨夜会ったピンク髪の高校生を連れて父親が、躾もできず恥ずかしい息子だが最低でも大学に入れたいと入塾しにやって来る。

その会話を聞いた順子は、思わず、自分のようにつまらない大人にならないように自分の意見をいった方が良いと高校生に言ってしまい塾長ともめ、順子は、退職を覚悟する。



翌日、ピンク髪の不良高校生が、順子に「東大に入れて欲しい」と入塾申込みにやって来る。

高校生は、おバカな高校で有名な南高二年の由利匡平(横浜流星)と名乗る。

塾長と順子は、その学力では東大は無理と言う。

匡平は、父親がこの塾の三流さを見て行かなくて良いと言ったが、逆にやる気になったと話す。

順子は、勉強するより、大人になって結婚できない人が多い時代、今、結婚相手を見つけるべきだと自論を言い出し、塾長は困惑する。

匡平は、自分の意見をいった方が良いと言ったのに、結局自信がないだけだろうと怒って塾を出て行くのだった。



その夜、中学の同級生の松岡美和(安達祐実)に、塾クビ確実と報告。

美和は「今の順子はカッコよくない、高校時代の自信のあった順子は良かった」と語る。

南高校では、匡平のクラスの山下一真先生(中村倫也)が、進路調査票を配り、大学に行かないなら進路をしっかり考えるようにと伝えていた。



順子は街中で、警察に、どこの高校かと尋ねられている匡平たちをみかけ、思わず助けいっしょに逃げる。

匡平は、順子に、大人じゃないみたいと。

順子は、心の中で、仕事をやめれば時間はあるが、高校時代のように自由の時間はないと思う。

そして、順子は匡平の頭を撫でて「大人だよ」と言い、去って行く。



匡平は、順子の純真さに塾の学力テストを出して教えて欲しいと頼む。

順子は、境内で匡平に勉強を教え、もう一度塾で勉強をしてはと薦める。



翌日、順子は退職届を塾に出す。

塾長は、塾は勉強しにくるだけだが、生徒ができなかったことができるようになると喜ぶ瞬間があり、順子の授業にはそれがなかったと残念がる。



その夜、雅志に居酒屋に誘われた順子。

雅志からやりたいことはないのかと聞かれた順子は、やりたいことはないと答える。

帰り道、美和の経営するキャバクラで、匡平の不良仲間が追い払われるているところに遭遇する。

順子は、高校生のくせにキャバクラになぜ行くと説教しながら、匡平の不良仲間達にファミレスでご飯をおごる。

匡平の不良仲間は、順子に匡平と父親の仲が悪くなった責任は自分たちにもあり、中学時代に、匡平の家で勉強もせず遊んでいると父親に怒られ、匡平が反発し、翌日髪の毛をピンクに染めたと語る。



美和は、順子を送り、雅志が待つキャバクラに戻る。

美和は、雅志にいつまでも順子の周りをうろついてばかりで告白しないのかと問い詰める。

美和は雅志の順子への気持ちに気づいていたのだ。

雅志は美和に恋指南を頼み、順子をカニ料理に誘う。



順子は、塾で最後の挨拶をして、雅志の待つ店に出かけようとした時、匡平が学力テストを解いて持ってくる。

そして、英語ができないから教えて欲しいと頼むのだった。

順子は決心し、雅志に行けなくなったことを謝る。

雅志は、夜景の綺麗なレストランで、バラの花束を用意して順子を待っていたが、その気持ちとは裏腹に、順子に大事な用があれば全然問題ないと言ってしまう。



順子は、匡平に個別授業を始める。

匡平は、授業を受けながら、学ぶ喜びを感じる。

順子は「中学卒業おめでとう」とテストを渡し言う。

匡平は、親のためではなく自分のために勉強したいと、順子に協力して欲しいと言う。

順子は手を差し伸べて匡平と握手する。



翌日、匡平は、南高の授業が終わると、塾に行くと言い、山下先生に、東京大学と書いた進路調査票を提出する。

山下先生は、真剣に書くようにと言うが、匡平は「へんな大人になりたいと」教室を出て行く。

塾では、順子が塾長に退職を取りやめ春までやらせて欲しいと願い、塾長は物好きな生徒が待っているから行くようにと許可するのだった。


2話のあらすじはこちら!
初めて恋をした日に読む話・2話あらすじネタバレ!同級生の山下と再会


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」1話のあらすじをネタバレで紹介しました。

雅志のタイミングの悪さと、順子の鈍感ぶりは相当ひどいですね(笑)

匡平と順子は一回りも年齢が違うのですが、それをまったく感じさせない深田恭子さんはさすがだな思いました。

匡平と雅志、そして一真がどうからんでいくのか、2話以降が注目ですね。



はじこいの動画をまとめて無料で視聴する方法は?
はじこい(ドラマ)動画を1話から最新話まで無料視聴する方法を紹介!