ここでは、横浜流星さんの学歴(出身高校や大学)と経歴などのプロフィールについて紹介しています。

「トッキュウジャー」でブレイクした横浜流星さん。

女性漫画から飛び出してきたような甘いルックスの横浜さんについて、まだまだ知らないことがたくさんあります。

そんな中、2019年1月からの新ドラマにも出演が決定している横浜さん。

実は、既に多数の映画に出演することも決まっているようです。

そこで、今回は横浜流星さんの学歴(出身高校や大学)と経歴などのプロフィールを紹介したいと思います。


スポンサーリンク


横浜流星のプロフィール

名前 横浜流星
ふりがな よこはまりゅうせい
生年月日 1996年9月16日
出身地 神奈川県横浜市
血液型 O型
身長 174cm
趣味 音楽鑑賞
特技 極真空手
事務所 スターダストプロモーション


まず横浜さんのお名前ですが、本名です。

初めて聞いた人は、きっと芸名だろうと少しでも感じると思いますが、正真正銘の本名です。

「流星」という名前は、父親が「何か一つでも自信を持てることを持っていてほしい。また輝いていてほしい」という願いから名付けたそうです。

しかし一方で「流星さんが生まれた日に流れ星を見たから」という説もあるみたいです。

どちらにせよ、素敵でオーラのある名前ですよね。



また出身地が、神奈川県の横浜市となっていますが、実際に流星さんが横浜市にいたのは生まれて数ヶ月だったそうで、その後は埼玉県で育ったようです。

家族は、父母と弟さんが一人いて愛犬のキラちゃんというプードルがいるそうです。



特技の極真空手ですが、横浜さんにとって得意中の得意だったようです。

小学1年生から始めて、中学3年生の時に世界大会で優勝しました。

また2011第7回国際青少年空手道選手権大会13.14歳男子55㎏の部で優勝もされています。実際に空手の知識が、演技にも役立っているようで特に戦隊ものの仕事の時には、身体がスムーズに動いたようです。


スポンサーリンク


横浜流星の学歴・出身高校や大学は?

横浜流星さんの出身小学校の情報はありませんでした。

出身中学校は、埼玉県松伏町立松伏第2中学校だったという情報がありました。

松伏第2中学校は、プロゴルファーの石川遼さんも卒業されている学校のようです。

中学時代は、先程も述べた通り空手をしながら陸上部にも入部していたという情報もありました。

中学生とは言え、すごい体力ですね。



出身高校は、日出高校ではないかという情報があります。

日出高校は、堀越高校と同様、芸能人が多く入学している学校として、卒業生も有名人が多い学校です。

本人は、「都内の高校」とだけは公表しているようですが、実際に日出高校だったのかはわかりません。



大学は、芸能活動もしていたため進学していません。

また進学を考える時に、ちょうど「トッキュウジャー」の仕事が決まったことや将来は役者一本で進んでいきたいという思いもあったからだそうです。


スポンサーリンク


横浜流星の経歴・デビューのいきさつは?

きっかけは、小学6年生の夏休みに家族と初めて行った原宿の竹下通りでのスカウトでした。

そして、事務所に所属している男性タレントを集めたEBiDANに加入します。

EBiDANは恵比寿学園男子部の略で、元メンバーの中には、今着々とドラマにも出演している俳優の太賀さんや、テラスハウスに出演されたバーンズ勇気さんなどもいました。

その後、「栄光ゼミナール」のCMで初仕事。

続いてファッション雑誌「ニコプチ」のメンズモデルに起用されます。

その「ニコプチ」で公開オーディションが開催され、2011年に姉妹誌「nicola」のメンズモデルに選ばれます。

2011年「仮面ライダーフォーゼ」で初ドラマ出演を果たします。

ここでは、少しの出演だったようです。

2013年放送の「リアル鬼ごっこ-THE ORIGINAL」で初ドラマレギュラー出演します。



そして横浜さんの名がよく知られることとなる、2014年放送の「烈車戦隊トッキュウジャー」に出演されました。

トッキュウジャーではトッキュウ4号を演じました。

ここで横浜さんの姿が写っているシーンでは、全アクションスタントなしで撮影されたそうです。

また学生時代で培った極真空手の技術が功を奏し、トッキュウ4号のスーツアクターを務めていた竹内康博さんは横浜さんのアクションを高く評価していたそうです。

この竹内康博さんは、業界では大変有名な方で毎年のように戦隊物に出演されていて、「盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」でもルパンブルーのスーツアクターを務めています。

そんな戦隊ものの大先輩からの太鼓判もあってか、33話の「カラテ一番」では、横浜さんの得意な空手を題材にした物語も放送されました。



2015年3月で「nicola」のモデルを卒業します。

2017年「GReeeeN映画プロジェクト」と題して第1弾映画「キセキ〜あの日のソビト〜」に出演し、劇中で演じたグリーンボーイズの名義で2017年1月24日にCDデビューしました。

メンバーは、横浜さんの他に菅田将暉さん、成田凌さん、杉野遥亮さんという今をときめく俳優さんが揃いました。

映画の告知も踏まえて、同年1月20日にはテレビ朝日「ミュージックステーション2時間SP」にも出演し、歌を披露しました。

そして2018年6月にGReeeeNのプロデューサーも務めているJINさんのプロデュースで、ソロアーティストデビューも果たします。

配信限定シングル「今日もいい天気feat.Rover」をリリース。

また10月には同曲でシングルCDもリリースし、ここに一緒に収録されている「未完成」という曲では、初の作詞にも挑戦しています。



そして同プロジェクトで2019年1月25日に第2弾映画「愛唄〜約束の〜ナクヒト」では主演が決定。

3月21日には映画「L(ハート)DK一つ屋根の下、スキがふたつ」では主人公の恋人のいとこ役として、恋の三角関係に挑戦します。

5月には映画「チア男子!!」で、中尾暢樹(なかおまさき)さんと共にW主演を務めます。

さらに2019年1月放送のドラマ「初めて恋をした日に読む話」では、不良高校生を演じます。

新ドラマに加えて、公開予定の映画が3本と…新年早々忙しい横浜さん。

しかし様々な役柄を演じ、いろいろな横浜さんの表情が見れるのはファンの皆さんは、嬉しいですよね。

まとめ

横浜流星さんの学歴(出身高校や大学)と経歴などプロフィールについて紹介しました。

将来は「どんな色にでも染まる役者になっていきたい」という横浜さん。

モデルから役者、そして歌も唄うという…既に夢が現実に向かっているような感じもします。



しかし横浜さんの年代には、既に活躍されている役者がたくさんいます。

この中で秀でるのは、本当に大変だと思います。

しかし、今後注目作品に多数出演されるということで、これからどんどん横浜さんにしか表現できない空気感や持ち味を生かしていってほしいですね。



ドラマ「初めて恋をした日に読む話」と映画「L(ハート)DK」では、赤やピンクにヘアカラーしている横浜さん。

5日に1回はヘアカラーをしているため、頭皮が心配と嘆いているようです。

しかしそれほど役柄に徹底している、身体を張っている横浜さんの演技に注目していきたいです。


トップ画像の引用:スターダストプロモーション公式ホームページ(https://www.stardust.co.jp/section2/profile/yokohamaryusei.html)


スポンサーリンク