アンナチュラル


ここではドラマ「アンナチュラル」4話で登場したマンホールカードについて紹介しています。

4話では亡くなった佐野さんの事故の証拠を探すためのカギとしてマンホールカードがありました。

ご当地ものもあるということですが、どんなものがあるのでしょうか。




スポンサーリンク

アンナチュラル4話のマンホールカードとは?


マンホールカードとは、ご当地ならではの名所や名物が描かれたふたを図柄にしたものです。

2016年4月に発行が始まり、2017年12月に第6弾まで登場しています。

アンナチュラルでは全国200種類以上あると言っていましたが、実際は293種類あります(2018年2月2日時点)。

各地の役所や下水道事務所などで先着順で配布しているのですが、現地でしか手に入らないので、希少価値もあるようです。

中にはネットオークションで2万円の値段がついたカードもあるんだとか。


ざっと見たところで紹介すると、

札幌市 → 時計台
函館市 → いか
鹿嶋市 → アントラーズのロゴ
多摩市 → キティちゃん
大阪市 → 大阪城
広島市 → カープのキャラクター
岡山市 → 桃太郎
福岡市 → ホークスのキャラクター

といった図柄が描かれています。

マンホールカードを見ると、その土地が何に力を入れているか分かりますよね。


楽天やAmazonで検索してみると、マンホールカードを販売していたりします。

その場所まで行けないけど、ほしいというのがあったらチェックしてみてください。

現在の「マンホールカード」関連商品を検索する【楽天】

現在の「マンホールカード」関連商品を検索する【Amazon】


アンナチュラル4話で登場したマンホールカードは?

アンナチュラルではバイク事故の原因になったマンホールを探すため、マンホールカードから情報を集めていました。

出てきたマンホールカードは西武蔵野市のもの。

西武蔵野市の「にしむん」というキャラが載っているのですが、残念ながら実在はしないようです。

そもそも西武蔵野市がないですからね。

ただ、ご当地キャラがマンホールの図柄として描かれているところはけっこうあったので、かなり作り込まれた小道具というのが分かりますね。



視聴者も気になった人がいたようです。

ここのページから詳しいマンホールカードについて知ることができます!

マンホールカード-下水道広報プラットホーム



スポンサーリンク

まとめ

アンナチュラル4話で登場したマンホールカードについて紹介しました。

4話では、バイクに付いた汚れからマンホールを推測して、そこから2,000個のマンホールをすべて調べるという地道な作業をしていたミコトたち。

そのおかけで亡くなった佐野(坪倉由幸)がバイクで転倒した場所を特定することができました。

それにしても、この地道作業は、どこか99.9を連想してしまいますね…。





スポンサーリンク