ここでは、ドラマ「後妻業」2話のあらすじをネタバレで紹介しています。

中瀬耕造の遺産を狙う小夜子と柏木。

小夜子の存在を怪しむ耕造の娘・朋美。

2話ではついに耕造の命が危険にさらされます。

ここでは「後妻業」2話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


後妻業2話あらすじネタバレ

竹内小夜子(木村佳乃)と柏木亨(高橋克典)は、ついに中瀬耕造(泉谷しげる)の自宅にある金庫を開けることに成功する。

その中には不動産の権利書や預金通帳などがあり、現金に換算すると4000万円にもなった。

小夜子と柏木は早速それらを解約して現金にしようと銀行に向かう。

しかし、銀行の担当者からは本人の承諾がないと解約はできないと言われてしまうのだった。

そこで小夜子らは西木尚子(濱田マリ)と中瀬朋美(木村多江)が医師と面談している間に銀行の担当者を病室に呼ぶことに。

そこで意識のない耕造に強引に口座解約の意思表示をさせる。

そして、ついに現金4000万円を手にするのだった。



現金を手にしたことで、耕造はもはや何の価値もなくなっていた。

そこで柏木から用無しになった耕造を始末するように言われた小夜子は、眠っている耕造の病室に忍び込む。

そして柏木に言われた通りに、静脈内に注射をして耕造を窒息させてしまうのだった。



本多芳則(伊原剛志)は小夜子の身辺調査をするために大阪を訪れていた。

そこで本多は小夜子が大金を持っているのを偶然目にする。

それを聞いた朋美は驚きを隠せないでいた。

そして引き続き本多に小夜子の身辺調査を頼むのだった。



そんな中、病院から耕造の容態急変の知らせを受けて朋美が駆けつける。

そしてまもなく耕造は亡くなってしまう。

すぐに小夜子たちは耕造のお葬式の話し合いを始める。

そこで朋美が耕造の遺産の話を小夜子にすると、小夜子は耕造の遺言書を見せるのだった。

そこには内縁の妻に全ての遺産を渡すと記されていた。

朋美はそこで初めて小夜子と耕造が籍を入れていなかったことを知るのだった。

そのことを小夜子に追求すると、朋美も内縁関係であることを指摘されてしまい何も言えなくなってしまう。



そんな朋美の元へ本多から小夜子の過去をつかんだと連絡が入る。

本多の話では、小夜子は過去に3回も結婚しており、さらに小夜子と結婚した後2年以内にみんな亡くなっていると言うのだ。

しかし、本多は小夜子が耕造とは籍を入れていなかったことが気になっていた。

朋美はその話を聞いて小夜子に対して激しい怒りを覚える。

本多にこれからどうしたいかと聞かれた朋美は、小夜子に全ての罪を認めさせて償わせたいと答えるのだった。

本多はそんな朋美に全面的に協力することを約束するのだった。



その時、小夜子は教会を訪れていた。

小夜子は夫を殺害した後は決まって教会を訪れていたのだ。

教会で懺悔をするのは小夜子の幼い頃からの決まりごとだった…。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「後妻業」2話のあらすじをネタバレで紹介しました。

なんと、小夜子が耕造を殺害してしまいました。

鐘だけ奪って用なしになったら殺害するなんて恐ろしいです。

これから朋美が小夜子の秘密をどう暴いていくのか、そして小夜子はなぜ後妻業をするようになったのか、気になることがまだまだあります。

また次回からは別の男性の後妻になるようですが、朋美はどう絡んでくるのか注目して見たいと思います。



2話をもう一度見るなら
後妻業(ドラマ)動画2話を無料で視聴する方法はこちら