ここでは、まんぷくの9週目から登場している栄養食品ダネイホンのモデルについて紹介しています。

NHKの連続テレビ小説まんぷくのドラマ内に、たちばな塩業の新事業として塩づくり以外に立花萬平(長谷川博己)たちが研究、開発に取り組む栄養食品「ダネイホン」。

第53話で「ダネイホン」を商品化して発売を開始しますが、発売当初は全く売れませんでした。

福子(安藤サクラ)の提案をヒントにして、萬平は病院に「ダネイホン」を提供することにします。

これが当たり、大阪中の病院に「ダネイホン」を提供出来るまでに事業が成長しました。

今回の記事では、この「ダネイホン」が実在するのか、そして史実との違いを紹介していきます。


まんぷくの視聴率はこちら。
まんぷく視聴率グラフや推移を一覧で紹介!


スポンサーリンク

栄養食品・ダネイホンのモデルは実在する?

まず、「ダネイホン」は実在するかについてですが、どうやら実在したようです。

実在した「ダネイホン」の名称は「ビセイクル」という名前の栄養商品です。

ちなみに「ダネイホン」という名前は、ドイツ語で栄養を意味する「ディーエアネールング」という言葉を日本人が発音しやすい言葉にしたものみたいです。

「ダネイホン」を作るきっかけは、大阪経済界の重鎮である三田村亮蔵(橋爪功)に3万円のお金を援助して貰い、萬平はその資金を使って栄養失調に悩む国民たちのために役立てようと、栄養食品を開発して売り出すことに。



自宅に隣接する倉庫を改造して研究所を作り、開発を始めます。

パンに塗って食べる手軽に栄養が摂取可能な栄養食品を目指して開発を続けますが、なかなかうまくいきません。

開発当初はガマガエルを鍋に入れて煮込んだところ、爆発して台所がとんでもないことに。

その後も海藻類や山菜、牛の骨髄などいろいろな材料を入れて試しますが、不味くて食べられるような味にならずに悪戦苦闘します。

そんな中、たちばな塩業を訪れた咲の夫である小野塚真一(大谷亮平)の差し入れたすももを改良中の「ダネイホン」に入れてみると味が改善し、食べられるような味に変化します。

これを期にいっきに商品化して、売り出す流れになっていきます。



瓶詰めした「ダネイホン」を大阪の街中で立花塩業の社員たちが売れ歩きますが、ほとんど売れません。

困り果てていたところに三田村から「これを欲しがる客がどこにいるのか、それを考えんといかん」と言われます。

家に帰って福子とその話しをしていたところ、福子が病院に売り込むことを提案し、萬平もそれに賛同して病院に売り込むと、栄養が取れて消化にもいいと評判を呼んで大ヒット。

大阪や東京の病院にも「ダネイホン」を卸すことになりました。



開発当初の萬平の苦悩や開発途中での塩づくり組の反発を乗り越えて、「ダネイホン」を商品化し、大阪、東京にまで進出する大ヒットとなりました。

さらに販売地域を拡大して日本全土に広まっていくといいのですが、進駐軍が出てきたことにより、雲行きが怪しくなってきました。

ドラマのダネイホンはどんなもの?史実との違いは?

史実では萬平のモデルとなっている安藤百福(日清食品の創始者)が、上でも書いている「ビセイクル」を開発した人物です。

実際に安藤百福は、栄養失調で死ぬ人が多い戦後の状況を見て、「日本の復興は食からだ」という思いから、専門家を集めて「国民栄養化学研究所」を創りました。



ドラマ内では専門家を集めるのではなく、大阪帝大の栄養学講師である近江谷佐吉(小松利昌)のアドバイスを受けて、たちばな塩業の社員たちが開発を行っていました。

安藤百福は「何か材料になるものはないか」と考えている時に庭からカエルの声が聞こえたので、「これは材料に使えるかも知れない」とカエルを捕ます。

そして、圧力釜で2時間煮込むと爆発して部屋中にカエルが飛び散って大惨事になっていしまいます。

その後、たっぷり妻の安藤仁子(福子のモデル)に絞られたみたいです。

このあたりの描写はドラマ内にもありましたね。



牛や豚の骨からエキスを抽出することに成功した「国民栄養化学研究所」は、パンに塗れるペースト状の「ビセイクル」を商品化して一部の病院に供給されていたようです。

ドラマ内では、商品化当初こそ売れませんでしたが、病院に供給したことで大阪全土と東京に進出して大ヒットとなりました。

ただ、実際には「ビセイクル」はそれほど売れなかったみたいですね。


スポンサーリンク

まとめ

今回の記事ではまんぷくの栄養食品「ダネイホン」のモデルが実在するのか、史実との違いについて紹介しました。

ドラマでは「ダネイホン」は病院への受けもよく好調な売れ行きで、事業も拡大していけそうな感じなのに、実際の「ビセイクル」はそんなに売れなかったという事実に驚きました。

進駐軍の登場で、またも問題に直面している萬平や福子、たちばな塩業の社員たちですが、無事元の生活に戻れるのか先の展開も気になります。


塩軍団についてはこちら。
まんぷく塩軍団キャストまとめ!モデルは実在する?


スポンサーリンク