ここでは、米津玄師さんが紅白に出ない理由について紹介しています。

今の音楽シーンで圧倒的な人気を誇るシンガーソンガー米津玄師さん。

幅広い年代に支持される米津さんの魅力にはまっている人も多いはず。

今回は、平成最後の紅白歌合戦に当確確実と言われていた米津玄師さんが出ない理由について調べてみたいと思います。


米津玄師さんのプロフィールについてはこちら。
米津玄師の学歴(出身高校・大学)と経歴は?


スポンサーリンク

米津玄師が紅白に出ない理由は?落選?それとも辞退?

最新シングル『Flamingo/TEENAGE RIOT』が自身初の週間ランキング第1位になった米津玄師さん。

前作の『Lemon』も週間第2位のヒットとなりましたが、世間では年末の『第69回紅白歌合戦』に選出されなかった事が多きな話題となっています。


「確かに実績だけなら紅白は当確ですが、米津さんは、徹底的にテレビに出ない方針なので、多くのファンは出場しない事に納得しています。その一方で、米津さんがネット発で人気を得てきた事もあり、おじさん世代には未だに『米津って誰?』という人が少なくありません。前作の『Lemon』はドラマ『アンナチュラル』の主題歌としても話題になりましたが、ドラマを見ない層には米津さんの人気がピンとこないようです。」(音楽ライターコメント)



 確かに若者を中心に人気を博しているアーティストでは、世代間で知名度の差が大きいケースは少なくないです。

しかし米津さんの場合、若者への浸透度はおじさん世代の想像を絶する凄まじさだというのである。


「カラオケ店のランキングを見ると、どこの業者でも『Lemon』が1位に君臨しています。2位に入っているDA PUMPの『U.S.A.』が老若男女を問わずに親しまれているのに対し、ほとんど若者しか歌わない『Lemon』が1位になっている点は見逃せません。またYouTubeの再生回数も『Lemon』は2億1000万回に達しています。日本のMVランキングは、RADWIMPSの『前前前世』や星野源の『恋』をすでに抜き去り、2億3000万回で首位の『PPAP』に迫る勢いなのです。それゆえ恋ダンスを踊って若者ぶっていたおじさんは、今すぐ『Lemon』を歌えるようにしておいたほうがいいかもしれません」(※先程と同じ音楽ライターコメント)



米津玄師さんの紅白辞退のうわさは本当なんでしょうか?

Twitterには、『米津玄師はテレビにでない』という趣旨のコメントが出た事がありました。

テレビの取材をあまり受けないというのは本当のようです。

それでも、昨年の『ZIP!』では珍しく取材を受けて喋っていましたし、NHKにも出演されていました。

NHKに出演と言うのは、NHK2020応援ソング『パプリカ』を米津さんが作詞作曲し、その特集で曲に込めた思いを話しているものでした。

なので全く出ない訳ではなく、米津さん自身も以前、「テレビに出ないのはなぜ?」という質問にTwitterで「テレビ側が呼んでくれたら、後自分が必要と感じたら出るよ。出ないと決めている訳じゃない」とコメントされています。

このTwitterでのやり取りは2015年のもので3年前になってしまいますが…。

そのスタンスは、そう簡単に変わったりはしないと思います。

テレビに出ない訳ではないのに何故なのか?

それには、米津さん自身の音楽に対する思いが関係している可能性も考えられます。

米津さんは以前のTwitterで「10代の頃からその日限りの過ぎ去ってていくものとして緩くやってたんだけど、最近動画として至る所に残るようになってしまって、もう以前のような形では無理かもなあと感じている。ごめんね。その分ライブで会おうな」とつぶやいていました。



さらにある音楽ライターが米津玄師が紅白に出ない理由について、こう分析しています。


米津さんは「その日限りの時間」を大切にすることに強いこだわりを持っているが、最近は有名になったことでネット配信動画の録画などもすぐ拡散される。もし紅白歌合戦に出演すれば、さらに自分の動画が出回る事になるので、オファーが来ても断る可能性が高いと思われます」(音楽ライターの見方)



真相は米津さん自身の中にあるものですが、実際紅白には出ない事になりましたし、上記も可能性の1つとして考えられそうです。

米津さんは、音楽や生き方そのものに対して色んなポリシーをお持ちの方です。

オファーを断ったのだとしても、米津さんの気持ちはご本人の口から聞かないと分からないですが…。

米津さんの強いこだわりを知るファンだからこそ、どこか納得する部分も出てくるのかもしれないですし、紅白初出場を楽しみにしていたファンもいたと思います。

DAOKO出演でサプライズ登場はある?

そんな米津さんを巡って、一部のメディアでは「紅白サプライズ登場」もうわさされていますが…。

サプライズ出演がささやかれている理由としては、去年の紅白では、引退を控えていた安室奈美恵さんの出演も、ぎりぎりまで明かされなかった事です。

ヒットした『打上花火』でコラボしたDAOKOさんが初出場する事になり、サプライズ共演もあるかもしれないというものが挙げられるようです。

今年最も売れた曲を出した米津さんは、いわば「目玉」といえるような存在です。

去年の安室さんのように、ギリギリまで出演交渉が続けられる可能性も十分ありそうです。

DAOKOさんの『打上花火』も、米津さんとのコラボが見たい人は多いはず。

これは、もしかしたらもしかする可能性も…?



サプライズ登場の可能性も否定できない米津さんですが、その前に紅白に出るに「テレビ番組歌唱経験なし」が壁になる可能性もあるという声が。

というのも米津さんはテレビで歌った経験が無く、特別な待遇を必要とするかもしれないようで…。

紅白と言えば、秒刻み進行の生放送なので、そのぶん出演の難易度は更にあがるんじゃないかなぁと思われます。

なので、本当にどうなるか分からなくないですね。



予想ですが、きっとサプライズでの紅白出演の可能性は低いんじゃないか、と思います。

米津さんは、意志が固く自分の考えを曲げるような人じゃないので、先程の記事でも「その日限りの時間」を大切にされているのでその事も踏まえるときっと無いんじゃないかなぁと思います。

個人的には、観てみたいいう気持ちもありますが・・・。


スポンサーリンク

まとめ

米津玄師さんが紅白に出ない理由について紹介しました。

平成最後の紅白ということで、NHKとしても大いに盛り上げたいという思いはあると思います。

目玉の一人と思われた米津玄師さんが出ないことで、視聴者も少しがっかりしているはず。

ですが、紅白にも出演しない米津さんを逆に好きになる人が増えそうですね。

個人的にはサプライズで出演してくれると最高なのにとは思いますが・・・。


最新シングル「フラミンゴ」についてはこちら。
米津玄師の「フラミンゴ」のダンスが独創的!MVの女性は誰?


トップ画像の引用:米津玄師公式ホームページ(http://reissuerecords.net/profile/)


スポンサーリンク