ここでは、ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の3話のラストについて紹介しています。

3話のラストはなかなか衝撃的なものでしたが、視聴者の反応はどんなものがあったのでしょうか。

今回はドラマのあらすじや視聴者の反応について紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク


大恋愛3話のラストが衝撃的!


3話では真司と一緒に暮らすようになった尚(戸田恵梨香)が、真司(ムロツヨシ)の古くて狭いアパートが気に入らず新しいマンションに引っ越さないかと提案します。

「ラグジュアリーじゃなくていいけど、最低ランクの部屋は嫌」という尚の言葉に真司は落ち込みますが、確かに狭いのは仕方ないと言ってもお世辞にも綺麗とは言えない部屋でした。

尚は「アルツハイマーを発症する前の幸せなうちに引っ越したい。お金は出すから」と言いますが、この先治療費などでお金がかかるだろうから自分のお金はとっておいてくれと真司は止めます。

しかし尚の貯金は5000万と言われ、自分とはあまりにも違う彼女に真司は驚くばかり。



真司のことをようやく認め始めた尚の母、薫(草刈民代)にも引っ越しを勧められ、尚の実家近くで新居を探すことになります。

薫からの話で尚の主治医が元婚約者の侑市(松岡昌宏)だと知った真司は侑市に1人で会いに行くことを決めますが早速は会えず、尚のために引っ越し屋のアルバイトのシフトを増やしてもらいバリバリ働き始めます。

また、家の掃除もして尚は「ピカピカ」と喜びますが、「でも狭い」とあいかわらず正直な感想を言いました。

尚は真司が最近忙しくなったのを小説をまた書き始めたのだと思い込み「芥川賞とってベストセラー作家になって印税が入るまで私がお金出す」と言うのでした。

また尚は好きな小説の名前、母の旧姓、真司の捨てられた神社の名前が思い出せなくなったら別れようと言います。



ある日、尚は職場の受付で働く柚香(黒川智花)に自分が将来アルツハイマーになることがばれてしまいます。

もともと尚の友達である柚香はその話を聞くと「私にできることがあったら言って」と言うのでした。

尚と真司は互いの仕事が入っていないときにマンションの下見に行く約束をしていたのですが、尚は朝確認したにもかかわらず行くことを忘れてしまいます。

また真司が家に帰ってくると鍵がささったまま放置されていました。



真司は落ち込む尚を励まし、後日侑市の病院に行って「尚と一緒に生きていこうと決めたから今どういう病状なのか教えて欲しい」と聞きに行きますが「正式なご家族ではないと教えられません」と断られてしまいます。

真司は「せめて居住環境の変化も病状に悪影響が出るのかそれだけでも教えて欲しい」と言いますが、侑市は「正式にご結婚されたらいかがですか?守秘義務は守らないといけませんので」と言って教えてくれないまま去っていきました。

休みの日に尚と真司はビールフェスに来ていて、楽しい時間を過ごします。



一方、侑市は母の千賀子(夏樹陽子)に勧められた3人のお見合い相手と1日を通して会っていましたが、その3人はどれも個性的で侑市には合わない様子で、尚と付き合っていた頃の楽しい記憶を思い出していました。

尚は診察日に認知症らしき息子が分からなくなってしまった年配女性と出会います。

侑市との診察で「10年かけてあの人みたいになるなんて耐えられない。病気が進行する前に心が潰れそう。殺してくれって言ったら先生殺してくれますか?」と取り乱した様子で言います。

そんな尚に侑市は「あなたも医者ならそんなこと言ってはいけない。少なくとも僕はこの病気を他の人より分かっているつもりです。希望を捨てないであなたらしくポジティブでいてください。不安があればいつでも携帯に電話してください」と言います。

尚は帰宅後、薫に自分の体験を論文にしてみたいと言います。

この先今の職場の診察を続けるのは無理だろうから、他に自分にできることはないか考えておくと以前も言っていたのです。

薫はポジティブに考えられるようになった尚に「いいじゃない」と笑顔を見せます。



ここからが3話のラストです。


そんな中、真司は仕事中に腹痛を訴え病院に運ばれます。

アドレナリンの出すぎで40の自分の体力の限界にも気づかないほど働きすぎていたのです。

病名は尿管結石で、食生活とかストレスのせいだと医者に言われます。

真司と一緒に働いている翔太(杉野遥亮)は尚に電話をかけて病院に呼び寄せ、普段の3倍頑張ってシフトを入れていたことを伝えます。



やってきた尚に「小説書いてるふりしてバイト増やしても金にならないし、このままヒモになるのもと思って」と本音を打ち明け、侑市の病院に行っていたことも言いました。

尚も「私のほうこそごめんなさい。今のアパートに住もう」と自分のことばかりで真司に心身ともに負担をかけていたことを謝ります。

「ひどいな私」と言う尚に「確かにひどいけど好きなんだ。そこは選べない」と言う真司。

そんな真司に尚は抱きついて「好き。侑市さん」と名前を間違えて言ってしまいました。



2人の絆が強くなったラストでしたが、最後に尚が真司の名前を侑一と呼んでしまうのは衝撃でしたね。

病気が進行していることが改めてわかるシーンでもありましたが、真司はショックでしたよね…。


あらすじやキャストについてはこちら。
ドラマ「大恋愛」キャストとあらすじ!戸田恵梨香が若年性アルツハイマー病に


スポンサーリンク


3話の視聴者の反応は?

ここでは視聴者の3話の感想をいくつか紹介します。




真司のあのセリフはよかったですよね。

自分まで病気になって病院に運ばれても好きでいられるのは本物の愛だと思いました。



楽しげなシーンもシリアスなシーンもどちらもあった回でしたね。

侑市のお見合い相手がみんな個性的なのには笑ってしまいました。



真司をぎゅっと抱きしめて本来幸せなシーンで名前を言い間違えてしまうのは辛いな・・・と感じましたね。

真司が目を見開いて無音になったシーンは正直ぞっとしてしまいました。


スポンサーリンク


まとめ


ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」3話のあらすじや視聴者の反応をご紹介しました。

だんだん尚の病状は悪化してきているようですね。

鍵をさしっぱなしのまま忘れているシーンはちょっと危ないなと思いました。

楽しげなシーンが多かったのが救いでしたが、尚が真司に抱きついてからの名前を間違えるところは真司じゃなくてもショッキングなシーンでしたね。

しかも相手が元婚約者の名前ですからショックも大きいでしょう。

侑市はまだ尚に未練がある様子でしたが、今後ただの医者と患者の関係のままいくのか、それともそれ以上の関係になってしまうのか気になるところです。



ロケ地についてはこちら。
大恋愛ロケ地・観覧車の場所はどこ?橋は蒲田?