ここでは2018年4月19日(木)放送のドラマ「ラブリラン」3話のネタバレについて紹介しています。

記憶喪失になった南さやかは、記憶を取り戻すため、同棲していた元彼の町田と一緒に暮らし始めます。

一方、亮介から食事に誘われたから、今度こそは告白しようと決心するのですが…。

ここからは3話のネタバレになりますので、見ていない人はご注意ください。



スポンサーリンク


ドラマ「ラブリラン」3話のネタバレ


プレゼンに向け準備する町田とさやか

会社でプレゼンの準備をするさやかと町田。

そこに、プレゼンの競合相手が亮介だということを聞かされます。

亮介と食事をするさやか。

亮介相手では勝てないと落ち込むさやかですが、亮介に励まされ終わったら誕生日を祝うことを改めて約束します。

食事に行くことを親友の友美と隼人に話したさやかは、2度目のチャンスと言われ応援されるのでした。

プレゼンの日が近づきます。

一方、亮介との約束の日のため、ベストな自分で告白をする準備も怠りません。

プレゼンの準備も万端なさやかは「これが終わったら何かが変わる気がする」と意気込みます。


プレゼン当日にトラブルが

プレゼン当日。

待ち合わせの時間になっても町田が来ません。

どうやら電車が止まり、タクシーも捕まらないようで、町田は代わりにやってくださいとさやかに言います。

覚悟を決めてプレゼンにのぞむさやかでしたが、緊張のあまり資料を落としてしまいます。

すると、そこへ町田がやって来て交代することができたのでした。



後日。

さやかは亮介と食事に行くため、精一杯のおしゃれをします。

しかし、そんなさやかを見て、町田は「便利使い」と言います。

怒ったさやかは「あなたには関係ないでしょ」と言い去ります。

亮介と合流したさやかは、亮介が連れて行きたかったお店に行きます。

そこはなんとラーメン屋でした。

おしゃれをしていったさやかは、落ち込んでしまいます。

すると、亮介はこのラーメン屋は広島にいたころに屋台で食べたラーメンということを教えてくれます。

亮介はここのラーメン屋ができたことを伝えたくてさやかを誘ったのでした。

そして、帰り道…


亮介に思いを伝える

自宅に戻ると隼人がいます。

隼人を招いたさやかは、告白しなかったことを話します。

そこへ町田が帰ってきます。

「このままでいい」と言うさやかに対して、町田は「ばっかじゃないの」と言い、自分に嘘をついて守っているさやかを叱ります。

そして「リングに上がるように」言われます。

さやかは外に出て走ります。



もう一度、亮介を呼び出したさやかは、改めて告白します。

すると、亮介は「ありがとう、2度も告白してくれて」と言います。

さやかは1回目の告白の記憶が蘇ります。

亮介は黙っていたことをさやかに謝り、そして瑞希とやり直したいと思っていることを話してくれます。

それに対して、さやかは「2回も振ってくれてありがとう」と言い立ち去っていくのでした。

町田との記憶がよみがえる

亮介と別れて1人夜道を歩いていると、町田の姿が。

振られたことを伝えると、同じようなことがあったことを思い出します。

そして、さやかは町田に二度背中を押してくれたことを感謝します。

すると、町田はさやかの手を握り「とりあえず行きましょうか」と話します。

ここで、また過去が蘇ります。

それは、町田が亮介と瑞希が楽しく歩いているところを見てしまったさやかに対して、素敵だと思っていると伝え、手を握ってくれたことでした。



亮介が瑞希の自宅を訪れます。

そして、もう一度やり直したいことを告白します。

一方、さやかは会社に向かう途中、キレイな女性と出会います。

その女性はさやかの前に来るといきなり平手打ちをするのでした。



スポンサーリンク


まとめ


ドラマ「ラブリラン」3話のネタバレを紹介しました。

徐々に記憶を取り戻してきたさやか。

二度も告白していたなんて、亮介にとっては複雑な気持ちでしょうね。

それでもさやかを応援すると言っているのは、ほとんど親心な感じがしました。

ラストには新しいキャストも登場してきたので、ますます展開が気になります。