ここでは、ドラマ「シグナル」(日本版)2話のネタバレを紹介しています。

2018年4月17日(火)にドラマ「シグナル長期未解決捜査班」の2話が放送されました。

1話で三枝健人は時効成立直前の事件の犯人をついに追い詰めるところまできます。

果たして、事件を解決することができるのでしょうか。

ここでは2話のネタバレを紹介したいと思います。


動画を見たい人はこちら
シグナル(日本版)動画2話の無料視聴の方法は?



スポンサーリンク


ドラマ「シグナル」(日本版)2話のネタバレ


時効直前に真犯人を事情聴取に

2010年4月10日。

時効40分前、警察署に来ていた真犯人・吉本圭子(長谷川京子)を見つけた三枝健人(坂口健太郎)と桜井美咲(吉瀬美智子)。

時効20分前。

取調室で桜井が吉本に事情聴取を始めます。

桜井は警察に見せたロッカーが吉本のものだということを尋ねると、吉本はあっさり認めます。

時効まで残り8分。

桜井はDNA鑑定の話をして揺さぶりをかけます。

しかし、吉本は桜井を見て笑い「証拠はないんでしょ?」と、自白させようとしていることに勘付きます。

そして自白はしないと桜井に言うのでした。



三枝は科捜研からの連絡がまだないか確認します。

しかし、まだ鑑定結果が出ません。

残り1分。

取調室では、吉本が誰も殺していないと言い犯行を認めません。

そこに健人が入ってきます。

鑑定結果が出たと嘘をつく健人ですが、それでも認めない吉本。

そしてついに、田代綾香ちゃん殺害の時効が成立してしまいます。

笑顔で去っていく吉本。

そこにDNAが一致したという鑑定結果の知らせが届きます。

警察署を立ち去ろうとする吉本を見つめる健人たち。

そこに科捜研からもう一つの連絡が。

橋下啓介の遺体と一緒にあった駐車券の日付が判明します。

それを見た美咲は吉本を逮捕します。

その駐車券には4月12日と記載がありました。

つまり、まだ時効が成立していないため、罪を問うことができたのでした。



後日。

健人は綾香ちゃんが通っていた小学校に花を持っていきます。

自分があの時声をかけていれば助かっていたと、後悔をするのでした…。


長期未解決事件捜査班が発足

東京拘置所。

吉本に面会に来る美咲。

美咲は大山の写真を見せ、会ったことがあるか尋ねるが否定します。



4月27日。

ニュースでは凶悪犯罪の時効撤廃のニュースが流れています。

警視庁内に長期未解決事件捜査班が発足されます。

美咲と、山田勉(木村祐一)、鑑識の小島信也(池田鉄洋)が配属されます。

一方、刑事部長の中本慎之助(渡部篤郎)は、岩田一夫(甲本雅裕)に美咲が大山剛志(北村一輝)のことをまだ探しているか聞き、監視するように命令するのでした。



健人の自宅。

無線機を取り出して屋上に出ると、またしても無線から音が。

そして、大山の声が聞こえてきます。

大山は健人に「これが最後の通信になるかもしれません。でも終わりじゃありません。相手は3年前の私です。過去は変えられます。諦めないでください」と言います。

その後、無線は途絶えてしまうのでした。


1997年の長期未解決事件の捜査を開始

8年後の2018年4月2日。

長期未解決事件捜査班は成果をあげておらず、捜査一課のお荷物になっていました。

そこに岩田が人員補充をすると伝えます。

それが、プロファイリングを学んだ三枝健人警部補でした。

美咲たちは岩田から城西地域連続殺人事件を解決するように言われます。

1997年1月27日に最初の被害者が出た事件は半年で7人が犠牲に。

健人が自宅で捜査内容を調べていると、無線機の電源が入り大山とつながります。

健人が話しかけるのですが、なぜか大山は覚えていない様子。

そして、大山が行方不明の女性の捜索中だと言いい、その女性はなんと健人が調べている連続殺人事件の被害者だったのです。



警視庁。

健人は大山のことを調べていると、そこに美咲が新たな資料を持ってきます。

健人は連続殺人犯のプロファイリングを美咲に話します。

一方、1997年の大山は、知り合いのラーメン屋で食事をした後、相生橋を渡っていると、何かを発見します。

近づいて見てみると、ブルーシートの下で手足をロープで縛られた女性を発見します。

大山は、その女性がまだ生きていていることが分かったのですが、背後から何者かに襲われます。

一方、2018年の健人は写真の中の遺体が消えていくことに気づきます。

さらにホワイトボードの文字が動き出し「遺体発見」が「未遂」に変化していくのでした。

驚く健人は大山が言った「過去は変えられます。諦めないでください」という言葉を思い出すのでした。



スポンサーリンク


まとめ


ドラマ「シグナル」日本版2話のネタバレを紹介しました。

1話で捕まえた真犯人が時効成立したときは、すごくショックでしたが、その後の新しい証拠で逮捕できたときはすこし安心しました。

2話では長期未解決事件捜査班に配属された健人が無線機を使って過去の大山と協力していくという流れが見えてきました。

文字が揺れだしたときはちょっと驚きましたが、過去を変えていくことで未来が変化していくようですが、どうやって解決していくのかが見ものです。

あと、健人のプロファイリングももう少し出てきてほしいと感じましたね。

3話以降に期待したいと思います。