ここでは、ドラマ「グランメゾン東京」第5話に出演したキャスト・ドロンズ石本さんの役どころやドロンズ石本さんのプロフィールをご紹介します。

2019年10月期の木村拓哉さん主演の日曜ドラマ「グランメゾン東京」ですが、2019年11月17日に第5話が放送されました。

その「グランメゾン東京」第5話に出演したキャストで、主人公の尾花夏樹を演じる木村拓哉さんと交流のあるドロンズ石本さんが演じたのは、どんな役だったのでしょうか?

そこで今回の記事では、「グランメゾン東京」第5話に出演したキャスト・ドロンズ石本さんの役どころやプロフィールをご紹介していこうと思います。


スポンサーリンク


「グランメゾン東京」第5話の出演キャスト・ドロンズ石本さんはどんな役どころ?


「グランメゾン東京」の第5話では、第4話のラストで主人公・尾花夏樹の元恋人であるリンダ・真知子・リシャール(富永愛)の書いた記事がもとで、最悪のスタートとなったレストラン「グランメゾン東京」。

オープンしていきなり大ピンチに陥った「グランメゾン東京」でしたが、尾花たちは起死回生のため、フードフェスでカレーを売ります。

第5話のゲストキャストであるドロンズ石本さんが演じた役は、そのフードフェスに尾花たちが出店したテントの前で、カレーを美味しそうに頬張る家族のお父さん役でした。

ちなみにドロンズ石本さんは、ラストで「グランメゾン東京」の人気が回復し、「グランメゾン東京」のお客様として改めて登場します。

ドラマ放送の1日前に「グランメゾン東京」の公式Twitterで、ドロンズ石本さんの後ろ姿が写る写真がアップされていたのですが、ドロンズ石本さん自身が公式Twitterの自分の写真にリツイートしていました。

Twitter上には、公式Twitterで写真がアップされた直後に、ドロンズ石本さんであることを気づく人も。

別のドラマなどでも思うことですが、Twitterにアップされた写真だけで出演キャストが誰か分かる洞察力と考察力に毎回驚かされます。


スポンサーリンク


ドロンズ石本さんはドラマ「南極大陸」で木村拓哉さんと共演していた!


「グランメゾン東京」の主人公・尾花夏樹を演じる木村拓哉さんとドロンズ石本さんは、2011年10月期の日曜ドラマ「南極大陸」で共演していました。

ここからはドロンズ石本さんのプロフィールをご紹介していきます。

「ドロンズ石本さんのプロフィール」

・名前:石本武士(いしもとたけし)
・生年月日:1973年10月11日
・年齢:46歳
・血液型:A型
・身長:175cm
・相方:大島直也
・所属事務所:マセキ芸能社

1995年に相方である大島直也さんと「D.R.U.G(ドラッグ)」を結成し、翌年の1996年に「ドロンズ」と改名。

1997年に当時大人気だったバラエティ番組「進め!電波少年」に出演して有名になります。

2003年に相方・大島直也さんとのコンビを解消し、「ドロンズ」を解散しました。

その後は俳優やリポーターとして活躍し、「南極大陸」の他にも2018年7月期に放送された日曜ドラマ「この世界の片隅に」で、主人公・浦野すず(松本穂香)の父親である浦野十郎役にて出演。

今年、2019年4月期に放送された朝ドラ「なつぞら」では、主人公・奥原なつ(広瀬すず)が働くアニメ制作会社の仕上課長・山根孝雄役を演じました。

ドロンズ石本さんは実業家としても活躍しており、2007年に熊本の馬肉を使った料理を提供する「馬肉屋たけし」をオープンし、芸人仲間の集まる人気店となっています。


ドロンズ石本さんがオーナーを務める「馬肉屋たけし」は、若手の芸人をバイトとして雇っているようで、石本さんは後輩思いの良い先輩でもあるみたいです。


スポンサーリンク


まとめ


今回は、ドラマ「グランメゾン東京」第5話の出演キャストであるドロンズ石本さんの役どころやプロフィールをご紹介しました。

ドロンズ石本さんの経歴を見てみましたが、TBS系列の日曜ドラマに出演していることが多いように感じます。

もしかすると、先々の日曜ドラマで、レギュラー出演するキャストになるかも知れませんね。


キャスト関連記事
グランメゾン東京のキャスト・柿谷役に大貫勇輔!いつから登場していた?

グランメゾン東京のキャスト・アメリー(相沢の娘)を演じている子役は?

グランメゾン東京のキャスト・パティシエの松井萌絵役に吉谷彩子!役どころは?


スポンサーリンク