ここでは、ドラマ「パーフェクトワールド」3話(5月7日放送)のあらすじをネタバレで紹介しています。

2話のラストで、樹に思いを伝えたつぐみ。

樹はそれに答えるようにキスをします。

3話では、樹とつぐみが実家の長野へ。

そこでつぐみの父親と遭遇して…。

ここでは「パーフェクトワールド」3話(5月7日放送)のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


パーフェクトワールド3話あらすじネタバレ

つぐみと樹は、職場の仲間に温かく見守られながら、付き合い始めました。

江の島や水族館に行ったり、つぐみを作った弁当を食べたりと初めてのデートを楽しみます。

ネックレスをプレゼントされ喜ぶつぐみ。

樹の部屋に行き、GWに実家の長野に一緒に帰る計画を立てたり、ソファーで寄り添い楽しかった江の島のことを語り合ったりして、恋人同士としての時間を過ごしました。

つぐみは幼馴染の洋貴に、樹と付き合っていることを報告します。

つぐみのことを好きな洋貴は、本心を隠して祝福します。

一方、樹の同僚・晴人は、レンタル彼女を雇いデートをします。

現れたのはつぐみの妹・しおりでした。

樹の足に障害があることを知った時のしおりの態度に、樹とつぐみはショックを受けます。

GWになり、樹の運転で、つぐみとしおりは実家に帰省します。

樹との交際を知るとつぐみ達の父・元久はつぐみを心配してGW中ずっと不機嫌になってしまうから、元久には付き合っていることを話さないように、としおりはつぐみに忠告します。

つぐみは、元久は福祉課で働いていたから、障害に理解があると楽観的でした。

三人が家に着くと、丁度、元久が帰ってきたところで、樹は車の中から元久に挨拶をして、そのまま自分の実家へ帰ります。

元久は、樹が車から出ずに、まともな挨拶をしなかったことが気に食わず、つぐみに文句を言います。

つぐみは、樹は両足が不自由で車いすだが、夢だった建築士になって頑張っていること、自分と付き合っていることを言ってしまいます。

元久は怒り出し、母・咲子も、好きだけでは乗り越えられないことがある、真剣にお付き合いするなら子供ができるかどうかも話し合った方が良いと助言します。

実家に帰った樹に、樹の母・文乃は料理を沢山振る舞い、息子に恋人ができたことを喜びます。

洋貴も長野に帰っており、コンビニで偶然、樹の元彼女の美姫に遭遇します。

美姫は、樹とつぐみを誘い、洋貴を含め四人で学生時代の思い出話をして、懐かしがります。

つぐみが樹の世話をして仲良くしているのを見ると、元彼女の美紀は耐えられませんでした。

元久にきちんと挨拶できなかったと樹が謝ると、つぐみは元久と咲子が反対したことを思い出して落ち込み、トイレに逃げます。

追いかけてきた美紀に、両親に反対されたことをつぐみが話すと、美紀は自分もそうだったと同情します。

美姫は、自分は樹との交際を諦めたけれど、つぐみには頑張って欲しいと応援します。

女子二人がトイレに行ったため、樹と洋貴は二人になりました。

洋貴は、つぐみの父はつぐみを溺愛しているから結婚相手は大変だと語ります。

樹は、自分のような障害者なら、なおさら大変だと認識します。

つぐみは実家に帰って、樹と真剣にお付き合いしていると元久に伝えます。

元久と言い争いになり、元久は30才になったら地元に戻る約束だったが東京にずっといるつぐみを責めます。

実は、元久は病気で、それをつぐみに素直に言えずにいたのです。

翌朝つぐみは、実家に居ると元久と喧嘩になるからと、東京へ樹と一緒に戻ります。

樹の部屋に帰ると、ヘルパーの葵が犬のチャコの世話をしていました。

樹が電話をしている間に、葵は、樹は元彼女にひどい目にあったのにまた付き合うのかとつぐみに嫌味を言います。

つぐみが樹から聞いて知っていると言うと、樹のその時の苦しみが分かるのかと葵は大声で叫びます。

葵は、障害のある人と付き合うのはどういうことか分かっているのかと詰め寄り、つぐみは、理解はしていると答えます。

葵が帰った後、葵が樹の部屋の鍵を持っていることにつぐみは嫌悪感を示します。

樹は、葵は自分にとって特別な人だと分かって欲しいと語ります。

樹は事故の直後、下半身不随になった絶望感で首を絞め自殺しようとしたところを、目も手も頭も動くからやれることはいっぱいあると葵が語り、絶望から救いました。

そして、葵の紹介で知り合った渡辺は、障害者の視点で建築設計できることを活用すべきだと樹を励ましたのです。

葵は生きる希望をくれた恩人だと、樹はつぐみに説明します。

一方その頃、葵は離婚を決めていました。

樹が入院していた頃を思い出します。

リハビリをして建築士を目指すと生き生きと語る樹をいつのまにか好きになり、葵は寝ている樹にキスをしてしまいました。

その後、恋心を封印して、お見合いで結婚をしたのでした。

夜遅くなり、家まで送って行くという樹に、つぐみは、朝まで一緒に居たいと気持ちをぶつけます。

樹は、何もしてあげられないからと誘いを断りますが、つぐみは、傍で寝るだけでいいと告げます。

ベッドで二人は、手を取り合い、キスをして、触れ合いながら一緒に眠りました。

翌朝、樹のパソコンが壊れたと、つぐみは洋貴に助けを求めます。

つぐみは買い出しに行くため、二人を置いて樹の部屋を出て行きます。

樹が修理のお礼を言うと、洋貴は、つぐみに頼まれたらいつでも駆けつけると、つぐみへの思いを明かします。

帰ってきたつぐみは駐車場で、修理が終わり帰ろうとする洋貴に会います。

樹の事ばかり言うつぐみは、洋貴に抱きしめられ、驚きます。

洋貴はつぐみに謝り帰って行きます。

部屋では樹が、洋貴のつぐみへの思いの強さに一人茫然としていました。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「パーフェクトワールド」3話のあらすじをネタバレで紹介しました。

いよいよ、樹とつぐみの恋が始まりましたが、早速問題が浮上してきます。

つぐみの父親はなかなか手強そうです。

そして、つぐみへの想いを持ち続ける洋貴と、樹の介護をしてきた葵の4人の関係がどうなっていくのか、まだまだ目が離せない展開が待っていそうです。