ここでは、山田裕貴さんの学歴(出身高校・大学)や経歴についてなどのプロフィールについて紹介しています。

人気俳優として数々のドラマ・映画、CMなどに出演され、4月からはNHK連続ドラマ「なつぞら」に出演が決まっている山田裕貴さん。

話題となった数々の作品に出演され、活躍しておりますが、知らないことも多いのではないでしょうか?

そこで、今回は山田裕貴さんの学歴(出身高校や大学)と経歴などのプロフィールを紹介したいと思います。


スポンサーリンク


山田裕貴のプロフィール

名前 山田裕貴
ふりがな やまだ・ゆうき
生年月日 1990年9月18日
出身地 愛知県名古屋市
血液型 O型
身長 178cm
趣味 野球、バレーボール
特技 スポーツ全般、サブカルチャー
事務所 ワタナベエンターテインメント


山田裕貴さんの父親は、元プロ野球選手の山田和利さんです。

山田和利さんは、中日ドラゴンズや広島東洋カープに所属し、選手としてご活躍されました。

現役引退後は、広島二軍のコーチを務めているそうです。

そのため、幼少期は広島県に住んでおり、後に愛知県に移りました。



家族構成は、父・母・妹の四人家族です。

Twitterなどから、仲の良いご家族である様子が伺えます。

こんなかっこいいお兄ちゃんがいて、芸能界で活躍しているとなると、妹さんもご両親も自慢のお兄ちゃんですよね。



「行列のできる法律相談所」に出演した際、仲の良い友達として吉沢亮さんをあげていました。

朝ドラ「なつぞら」でも共演していますよね。

吉沢亮さんのプロフィールはこちら
吉沢亮の学歴(出身高校・大学)と経歴は?


スポンサーリンク


山田裕貴の学歴・出身高校や大学は?

山田さんの学歴についてですが、残念ながら高校からの情報しか公開されていませんでした。

出身高校は、愛知県東邦高校です。

偏差値は52なので、難易度は普通ですね。

この高校は私立の共学です。

部活動がとても盛んで、特に硬式野球部は甲子園で優勝経験があるほど全国的に強豪校として知られています。

山田さんは、幼少期から野球をしており、父親である和利さんの母校でもあるこの高校に進学しました。

やはり、プロ野球選手である父親に憧れがあったのでしょうか?

中学生の頃まではプロ野球選手になることが目標でしたが、同校在学中に野球選手としての限界を知り、高校ではバレーボール部に所属したそうです。

高校生で現実を知り、方向を変えるのは、辛いことだとは思いますがその勇気が素晴らしいですよね。

そこで、野球選手になることは断念しましたが、有名になりたいという気持ちは強く、この頃には俳優になろうと決心しました。

やはり、決断力がありますね。



出身大学についてですが、進学しておりません。

高校卒業後、俳優を目指すべくワタナベエンターテインメントカレッジに入所しました。

ここは芸能プロダクションで、後に所属することになるワタナベエンターテインメントが経営する養成所で、俳優や声優、歌手やタレントを育成しております。

卒業生として、俳優の中村昌也さんや陳内将さんらがいます。

ワタナベエンターテインメントカレッジを卒業後、D-BOYSに加入することになったため、その後順調に俳優としてのキャリアを積んでいきました。


スポンサーリンク


山田裕貴の経歴・デビューのいきさつは?

山田裕貴さんは、高校卒業後ワタナベエンターテインメントカレッジに入所し、6期生として卒業しました。

2010年に開催された「D☆DATE新メンバーオーディション」のファイナリストとなりましたが、残念ながらD☆DATEの新メンバーには選ばれませんでした。

しかし、事前投票で1位だったこともあり、ファイナル開催時に急遽設けられた「D-BOYS部門」のグランプリになりました。

その後、ワタナベエンターテインメントに所属することとなりました。

グランプリ受賞時には、D-BOYSに加入すると発表されていましたが、同年12月にD2に加入しました。



2011年には、ドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイブルーであるジョー・ギブケン役で俳優デビューします。

「海賊戦隊ゴーカイジャー」を手掛けたプロデューサーの宇都宮孝明は、山田さんを起用した理由について、「端正な顔立ちがジョーのストイックで寡黙なキャラクターににあっていたから」と語っております。

また、メインライターの荒川稔久は、「山田の眼が気に入った」と本人にも告げており、作中でもジョーに対して同様のセリフが存在しています。

2012年には、ドラマ『D×TOWN「ボクらが恋愛できない理由」』で初主演を務めました。

2013年には、D2メンバー初のソロ写真集を出版し、同年10月にD2がD-BOYSに加入し、D-BOYSのメンバーとなりました。

2014年には、映画「ライヴ」にて映画初主演を務めました。

2016年には、舞台「宮本武蔵(完全版)」にて舞台初主演を務めました。

この作品は読売演劇大賞優秀作品賞を受賞しました。

2017年には、「おんな城主 直虎」にて大河初出演を果たしました。

さらに、2017年に公開された映画は「HiGH&LOW THE MOVIE2/END OF SKY」「闇金ドッグス」シリーズなどを合わせると12本にのぼります。

それらの作品での役柄を通して「カメレオン俳優」と呼ばれるようになりました。

2018年には、ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ戦では父親がドラゴンズ現役時代に着けていた背番号30のユニフォームを着て始球式に挑みました。

2019年4月には、NHK連続ドラマ小説「なつぞら」の出演が予定されています。

まとめ

山田裕貴さんの学歴(出身高校・大学)や経歴についてなどのプロフィールについて紹介しました。

野球では無理だと高校生で判断し、それから俳優になると決断してからの行動力や相当な努力が感じられました。

俳優になってからも、カメレオン俳優と呼ばれるくらいの実力を発揮していることにも驚きです。

今後の活躍に期待です。


スポンサーリンク