ここでは、富田望生さんの学歴(出身高校や大学)と経歴などのプロフィールについて紹介しています。

新星のごとく現れた一人の女性。

近頃ドラマや映画で一際目立つ若きバイプレーヤー、富田望生さん。

一種のスパイスのように様々な作品に一味加えて、最高の仕上がりへと導く演技力は今後期待大です。

そこで、今回は富田望生さんの学歴(出身高校や大学)と経歴などのプロフィールを紹介したいと思います。



富田望生さんが出演する映画「SUNNY」は30〜40代の人必見!
SUUNY(映画)動画をフルで無料視聴する方法を紹介!


スポンサーリンク


富田望生のプロフィール

名前 富田望生
ふりがな とみた・みう
生年月日 2000年2月25日
出身地 福島県いわき市
血液型
身長 152cm
趣味 映画鑑賞
特技 体重調整、ピアノ、ドラム、クラリネット、パーカッション、歌、ダンス
事務所 ジャパン・ミュージックエンターテインメント


富田さんの所属事務所のジャパン・ミュージックエンターテインメントは、大手の芸能プロダクションで、篠原涼子さんやユースケ・サンタマリアさんなどの俳優が多く所属している事務所です。

元々富田さんは、「テアトルアカデミー」というタレント養成所に2017年7月まで所属していました。

ここには、赤ちゃんから80歳代のタレントが所属しており、中には鈴木福くんや小林星蘭ちゃんなどがいます。



特技は音楽系が多く見られますが、元々好きな教科も音楽で、吹奏楽部にも所属していたそうです。

また小学校時代には、ピアノに熱中していて将来の夢はピアノの先生になることだったそうです。

吹奏楽部だったという経験を生かして、2016年に公開された映画「モヒカン故郷に帰る」では、吹奏楽部の部長役を演じました。



好きなアーティストは、中島みゆきさんだそうです。

特技にも「歌」とあげられているので、いつか中島みゆきさんのような表現力豊かな歌声が聞けるかもしれません。


スポンサーリンク


富田望生の学歴・出身高校や大学は?

続いて富田さんの学歴ですが、まだ未成年ということもあり、プライベートのことはあまり公表されていないようです。

中学校は、都内の学校を卒業されたようです。

高校も2015年公開の映画に出演していることから、すで仕事をされていたので、やはり芸能活動が容認されている学校でなければならないと思います。

中には、「堀越高校」や「日出高校」、「クラーク記念国際高校」のような芸能人御用達の学校に通われているのでは?という噂もありました。

大学への進学の情報などもありませんでしたが、今の活躍ぶりを見ていると、進学はせずにお芝居に集中されるのかなとも思います。


スポンサーリンク


富田望生の経歴・デビューのいきさつは?

富田望生さんは、一つの大きな出来事により運命を変えられます。

それが2011年3月11日に起こった、東日本大震災です。

当時小学5年生だった富田さんは、教室で被災。

母親は、福島第一原発から35㎞圏内にあるビジネスホテルの支配人を務めていて、原発等の問題もあり、自主避難を余儀なくされました。

母親の務めていたホテルが、全国提携のホテルだったため、その系列店がある東京へと避難しました。

100年に一度という大震災に見舞われ、原発事故による恐怖、そして今まで親しんだ町から離れての生活の不安。

その環境の中で、富田さんはとても無気力な状態になったそうです。

そんな中で、ふとインターネットを見た時に見つけたのが芸能事務所のオーディション情報でした。

「女優になって自分の演技をたくさんの方に見てもらって、元気になってもらいたい」という強い気持ちから、新しい希望を見つけます。



そしてその富田さんの願いが届く日が来ます。

それが2015年公開の映画「ソロモンの偽証」です。

日本映画史上最大のオーディションとなる約1万人の中から、主要キャストの1人に選ばれます。

しかし富田さんに与えられた役柄には、大きな課題があったのです。

監督から「この2ヶ月間で20㎏体重を増やして欲しい」という課題が出たのです。

元々富田さんは、すぐに痩せてしまうという、女性からしたら何ともうらやましい悩みがあったため、2ヶ月で20㎏増量の課題は大変苦労したそうです。

寝る前に、餅やだんごなどを食べると効果てきめんだそうで、最終的には15㎏増量に成功しました。

富田さん自身も、「役作りは、ご飯を美味しく食べること」という程でした。



その後、「ソロモンの偽証」での演技力が評価され、様々な作品に出演されます。

映画では、2016年「モヒカン故郷に帰る」や同年「ホーンテッド・キャンパス」、2017年「ポエトリーエンジェル」や同年「あさひなぐ」にも出演しています。

ドラマでは、2016年「ストレンジャー〜バケモノが事件を暴く〜」に初出演を皮切りに、同年に「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」や2017年の「ぼくらの勇気未満都市2017」に出演。

2018年には「恋のツキ」や「今日から俺は!」にも出演していました。


この中で、富田さんの存在が注目されたのが、2017年に公開された映画「チアダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」と、2018年に公開された「SUNNY 強い気持ち強い愛」ではないでしょうか。

「チアダン」では、ぽっちゃり役ながらも、周りの仲間にも劣らないキレキレのダンスを見せてくれました。

ダンスもハードな練習が続いたため、痩せていってしまうのが悩みだったそうですが、ここでも餅を食べながら、役作りしたそうですよ。


そして「SUNNY」では、芸人の渡辺直美さんのギャル時代を演じ、話題になりました。

渡辺直美さんの高校生時代の目元が、富田さんと似ていたことも採用の決め手となったそうです。

また先程の「チアダン」で演じていた役柄の役作りにおいて、「渡辺直美さん好きの女の子」という裏設定があったため、富田さん自身、渡辺さんに縁を感じ、「この役は、絶対私がやりたい」という強い気持ちもあり、オーディションに望んだそうです。



2019年の活躍も期待されていて、1月5日には「モンローが死んだ日」に出演し、4月からは朝ドラ「なつぞら」の出演も決定しています。

ヒロインの広瀬すずさんのクラスメイト役として、撮影も開始されているようです。

広瀬さんとは、「チアダン」での共演もあったので、すぐに意気投合した素敵なやりとりが見れそうですね。

そして現在放送中のドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」にも出演しています。

今注目のある多数の若手俳優の中でも、大変目立つ存在です。

先日の放送では、「ソロモンの偽証」でも共演した望月歩さんとの迫真の演技も大変注目されました。

またシリアスなシーンから一転、富田さんのクスっと笑えるキャラクター性も視聴者の心を奪っているようです。


ぽっちゃりしたイメージが強いですが、痩せてる富田望生さんの演技も見てみたいですよね。

今のイメージが強いですが、女優さんは役に合わせて体重を調整することもあるため、今後痩せてる富田さんの演技を見ることもできるかもしれませんね。

まとめ

富田望生さんの学歴(出身高校や大学)と経歴などプロフィールについて紹介しました。

2011年3月11日の東日本大震災から、今年で8年が経とうとしています。

あの日から生活や、人生が一変した方はたくさんいると思います。

富田望生さんもその一人だと言えます。

富田さんは、この震災を乗り越えながら、新たな目標や夢を見いだして今こうして大活躍しています。

今もまだ被災された方の中には、大きな苦しみや悲しみを抱えて生活されている方もいると思います。

その方々が少しでも、富田さんの演技、活躍を見て元気や勇気、笑顔になれることを願います。


富田望生さんが出演する映画「チアダン」を視聴するなら
「チアダン」映画(動画フル)を無料視聴できるサービスを紹介!


トップ画像の引用:ジャパン・ミュージックエンターテインメント公式ホームページ(http://www.japanmusic.jp/2017/07/post-501.html)


スポンサーリンク