ここでは、ドラマ「いだてん」8話のあらすじをネタバレで紹介しています。

8話では、四三の兄・実次が上京してきます。

それは四三に渡航費を渡すためでした。

そして、いよいよ四三たちはオリンピック開催のストックホルムへ旅立ちます。

ここでは「いだてん」8話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


いだてん8話ネタバレ

金栗四三(中村勘九郎)のもとに、熊本から兄の実次(中村獅童)がやって来た。

渡航費を工面をするため優勝カップを売るつもりでいた四三の驚きは隠せなかった。



実次は、日頃からお世話になっている人達に挨拶をする事と、郵便では送れないと1800円を持って来たのだ。

それを見た四三は、とうとう畑を売ってしまったのかと思い泣いてしまった。



遡ること1ヶ月前、実次はスヤ(綾瀬はるか)に連れられ、玉名の池部を紹介してもらっていた。

池部は、訳の分からないオリムピックのかけっこに出場するために金は出せないと断った。

それを聞いていた池部の母・幾江(大竹しのぶ)は、畑を売ってでも行かせてやりたい実次の気持ちを汲んで、1800円で畑を買い、買った畑を実次にただで貸すと言ってくれたのだ。

幾江は、スヤの頼みとあらば力になると言いお金を貸してくれた。

いきさつを聞いた四三の目には感謝の涙が溢れた。



しかし、そこに陸上部の野口(永山絢斗)と橋本が待ったをかけた。

金栗四三の後援会を作り寄付を集めたと1500円を差し出してきた。

兄が熊本に連れ戻しに来たと勘違いした彼らは、これでストックホルムへ行かせてほしいと頼んだ。

すると実次が1800円を見せると、野口らは、びた一文出さない兄と言ったのは誰だと驚いていた。

両者は話し合い、兄が300円寄付し、残りは納めることで実次は納得した。

全国からの学生、数千人からの寄付金の名簿を見て、感謝でいっぱいの四三は泣いていた。



可児(古舘寛治)と永井(杉本哲太)は酒を飲みながら同行者の話をしていた。

大森(竹野内豊)はいいが、安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)には青い目の年増と言って納得していなかった。

そこへ実次が挨拶に入ってきた。

一緒に飲みながら永井は、「この先何千何万とオリムピックに出場する選手は出てくるが、誰が何と言おうと四三が第1号だということは未来永劫動かない」と褒めると、実次もまだ21歳の四三を褒めまくっていた。



四三は、お礼の手紙を書こうと、スヤの父親からもらった餞別の裏に書いてある春野の文字をじっと見ていた。

スヤの顔が浮かんで筆が進まなかった。



翌日、四三と美川(勝地涼)は、実次を東京見物に連れて行く。

途中寄ったレストランの窓からは富士山が見えていた。

実次の目には、阿蘇までは見えないが絶景だった。

四三の頭の中では、スヤとの日々が思い出されていた。

四三は実次に、生きて帰れるか不安を訴えた。

体が丈夫になったところでやめておけば良かったとうなだれると、「今さら弱音を吐くな!お前が行かんかったら、後が続かん!お前がそんな弱虫なら、100年後のいだてんも弱虫ばい。心配すんな、みんな無事を祈っちょるけん」と言ってくれた。

兄を見上げ四三はうなづいた。



街に出ると小梅(橋本愛)が実次を誘ってきた。

それを見た美川は小梅を名を呼び追いかけて行ってしまった。

新橋まで送るつもりでいた四三に実次は、熊本へ戻ったらその足で池部とスヤの祝言に出ると話すと、路面電車に乗り込んだ。

「勝とうなどと思うな!何も考えず走れ」と言い残し兄弟は別れた。



播磨屋へ来た四三に黒坂(ピエール瀧)は、つま先とかかとを3枚重ねにした軽い足袋を作ってくれていた。

そして、日本代表が裸で走る訳にはいかないと、日の丸の付いた体育着の上下も作り渡された。

四三は嬉しくてその場で来て見せた。



ストックホルム出発まであと2日。

三島弥彦(生田斗真)も練習に励んでいた。

女中のシマ(杉咲花)から部屋に入るように促された母・和歌子(白石加代子)は、弥彦の事を三島家の恥だと言った。

三島が家に帰ると、シマからオリムピックへ行く事を和歌子に話すように勧められるが、余計なお世話だと返すのだった。



四三の壮行会が開かれた。

嘉納(役所広司)の挨拶の後に四三が一言挨拶に立った。

精一杯戦うと話すと、一曲歌う事になった。

それは、スヤと歌った自転車節だった。



その頃、スヤは池部のところへ嫁入りしていた。

誰にも言わず、気付かれず失恋した四三は、オリムピックに出場する事で、その想いを振り切るのであった。



明治45年5月16日、出発の日。

大勢の人に見送られながら新橋へ向かった。

大森夫妻、嘉納も姿を見せた。

遅れて三島も天狗クラブの仲間とともに現れた。

列車に乗るとシマが走ってきた。

兄・弥太郎(小澤征悦)が母を連れてきたのだ。

精一杯戦うと言うと、和歌子は自分で縫った日の丸の体育着を渡した。

「お前は三島にの誇りなんじゃから」と見送ってくれた。

弥彦は、初めて自分のことを気にかけてくれた事が最高の喜びだった。

子に関心の無い親なんていないと四三も涙した。



昨夜は眠れなかった四三は、インタビューを受けるが緊張で返事しかできなかった。

その事は新聞にも載り、熊本でも読まれた。

インタビューから解放されると、何故か野口、橋本、可児がいた。

つい、ついてきてしまったのだ。

そこで、可児から嘉納は乗ってないことを聞いた四三は驚いた。

いや実は、嘉納は乗れなかったのだ。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「いだてん」8話のあらすじをネタバレで紹介しました。

実次が必死に頭を下げて集めたお金を学生たちからの寄付で集めた野口たち。

どちらも四三のために動いたということに感動しました。

そして、弥彦のことを三島家の恥だと言っていた母も最後は見送り、ユニフォームも用意してくれいました。

母親の愛を感じるシーンに思わず涙してしまいました。

いよいよ、9話からは海外へ旅立ちます!



全話のあらすじネタバレをまとめてみたいなら…
いだてん-東京オリムピック噺-あらすじネタバレ全話まとめ!