ここでは、佐藤大樹さんの学歴(出身高校や大学)と経歴などのプロフィールについて紹介しています。

2018年12月5日、この世にまた新しいダンスボーカルグループが誕生しました。LDH JAPANからの新生「FANTASTICS」です。

そのグループのリーダーに抜擢されたのが、EXILEの最年少、佐藤大樹さんです。EXILEに加入し、まだ4年。23歳の若者が一つのグループを任されました。

今回はそんな佐藤大樹さんの学歴(出身高校や大学)と経歴などのプロフィールを紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク


佐藤大樹のプロフィール

名前 佐藤大樹
ふりがな さとう たいき
生年月日 1995年1月25日
出身地 埼玉県白岡市
血液型 A型
身長 173cm
趣味 映画鑑賞、魚を見ること
特技 サッカー、人間観察
事務所 LDH JAPAN

佐藤大樹さんの趣味は映画鑑賞。

ダンサーのかたわら、俳優としての才能も発揮している佐藤さん。

映画鑑賞も自分のプライベートとしての楽しみもありつつ、やはり演技の勉強も兼ねて見ているのではないでしょうか。

映画だけに限らず、ドラマもネットなどを使ってまとめて見るのが好きだそうです。

もう一つの趣味は、魚を見ることです。

単純に水族館が好きでプライベートでも水中の生き物に癒されているそうです。

また水族館だけにとどまらず、自宅では金魚を16匹、ウーパールーパーを4匹、カメを1匹飼っているそうで、たびたび佐藤さんのSNSでも紹介されています。

魚たちを見ながら「なんのために泳いでるのだろう…」と思いながら見るのが好きだそうです。



佐藤さんの特技は、サッカーです。

サッカーは、小学4年から中学3年まで続けていたそうで、ポジションはディフェンダーを務めていたそうです。

もう一つの特技が、人間観察です。

人間観察が、得意とはどういうこと?と思いますよね。

本人いわく、「人間観察して、その人の才能を見分けることができる。そして楽しい」そうです。

FANTASTICSのボーカルを決めるオーディションにおいても、一次審査から見守り、回を重ねるに連れて「この人が残るだろうな」と思っていた人が、選考されていったとも言っていました。

また将来は、HIROさんのような社長になるのが目標だそうなので、プロデュース力があるのかもしれませんね。



佐藤さんは、結構個性的な趣味や特技の持ち主です。

しかし趣味であるウーパールーパーについても、まだ佐藤さんを知らない人にとっては、立派な判断材料になりますよね。

そう思ったらなんだか、佐藤さんとウーパールーパー、少し似て見えてきたのは私だけでしょうか。


スポンサーリンク


佐藤大樹の学歴・出身高校や大学は?

佐藤さんの出身高校は、埼玉県の伊奈学園総合高等学校だと言われています。

偏差値は60の進学校だそうです。

著名人からの卒業生も多くいて、芸能界では女優のミムラさんや、お笑い芸人のハライチの岩井さんもこの高校だったそうです。

偏差値60ということもあって、佐藤さん自身も「20歳までにダンサーになれなければ、数学の教師か中学校の教師になろうと考えていた」そうです。



佐藤大樹さんの出身中学校ですが、噂では埼玉県白岡市立白岡南中学校では?という情報があります。

ただ、伊奈学園総合高等学校は中高一貫の学校であるという情報もあるので、埼玉県立伊奈学園中学校だった可能性もあります。

明らかな情報ではないですが、佐藤さんは勉強もできる方だということはわかりました。

中学校の教師も目指していたということだったので、好きなサッカーも活かしてサッカー部の顧問なんかもやっていたかもしれませんね。


スポンサーリンク


佐藤大樹の経歴・デビューのいきさつは?

佐藤大樹さんがダンスに目覚めたのは2009年のことです。

母親に誘われて行った「EXILE LIVE TOUR2009 THE MONSTER」に影響を受けてダンスにのめり込みます。

このライブで最も影響を受けた点は「1人1人のパフォーマンスシーン」だったそうです。

「1人1人がパフォーマーとして認識されていて、新しい。かっこいい」と思ったそうです。

その時に一番目がいったのが、EXILEの元パフォーマーMAKIDAIさんだったそうです。

そしてその気持ちを持ってEXPG東京校に入所します。



その後は、2011年から2013年までGENERATIONSのサポートメンバーに加入するなど、才能を発揮していきます。

そして一世一代のチャンスがやってきます。

2014年に行われた「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」に挑戦し、2014年4月27日にEXILE新パフォーマーとして最年少で合格。

ダンス歴わずか4年での快挙でした。

今までのEXILEが「いい意味で男クサイ、ちょと怖い」イメージだったので、そこに佐藤さんのような柔らかく、可愛いらしい方が加入したので、当時はメンバーなどからも「大樹ちゃん」や「赤ちゃん」と呼ばれていたそうです。



その後は、ダンサーとしてだけでなく俳優としての活動も広げていきました。

元々EXILE加入前から、LDHの企画するドラマに出演していました。

それもあって、2011年にはFUNKY MONKEY BABYSの「ラブレター」のMVに出演したり、2015年にはCrystal Kayさんの「君がいたから」のMVにも出演しました。

また2018年には、「ママレードボーイ」や「センセイ君主」に出演するなど、活躍の場を広げています。

さらに2019年には映画「4月の君 スピカ」の主演に大抜擢されました。



佐藤さんの目標の俳優さんは、同世代の須賀健太さんだそうです。

須賀さんの他にも、同世代で活躍されている俳優さんはたくさんいます。

その中で、役を勝ち取ることはなかなか難しいことだと思いますが、佐藤さんしか表現できない色や個性を活かして、今後もダンサーに俳優と頑張ってほしいですね。

まとめ

佐藤大樹さんの学歴(出身高校や大学)と経歴などプロフィールについて紹介しました。

LDHでは、在籍しているタレントたちとの面談なども大切にしている所で、特に自分のプロデュース力や将来どんなことをしていきたいかなどをHIROさんや他のメンバー、スタッフにアピールすることもあるようです。

EXILEメンバーのSHOKICHIさんも自ら作詞や作曲したものをHIROさんに持っていき、最終的にはソロ活動のきっかけを作りました。



佐藤さんもそのようなことがあったようで、特に俳優活動においてLDHで1番になりますと公言したようです。

LDHには、「劇団EXILE」というお芝居を専門に活動しているタレントさんもいる中での目標。

しかし先程紹介したように、2019年には主演映画も決まるなど着々と、目標に向かって突き進んでいます。



そして自分が活躍することでFANTASTICSが注目されることも、一つの狙いのようです。

EXILEに加入して、たった4年で一つのグループをまとめるのは、なかなかの大役だとは思いますが、佐藤さんのような向上心を持ってる方なら大丈夫ですね。


FANTASTICSについてはこちら。
FANTASTICSメンバーの名前や年齢・身長などプロフィールを紹介!


トップ画像の引用:LDH公式ホームページ(https://www.ldh.co.jp/management/f_sato/)