ここでは、「獣になれない私たち」の最終回の結末予想について紹介しています。

ついに来週最終回を迎える「獣になれない私たち」ですが、どんな結末になるのでしょうか?

今回はこれまでのあらすじや、最終回の結末の予想をしてみようと思います。


スポンサーリンク

獣になれない私たち・これまでのあらすじ

常に笑顔で完璧に仕事をこなす晶(新垣結衣)。

しかし実際はいろんな方面に神経をすり減らす日々。

ワンマン社長の九十九(山内圭哉)や、やる気のない上野(犬飼貴丈)や松任谷(伊藤沙莉)などの社員のせいで仕事の負担も大きいです。

恋人の京谷(田中圭)に対してもストレスを溜めていました。

京谷は現在無職の元カノ、朱里(黒木華)を自分のマンションに4年も住まわせていて、それも晶の悩みの種でした。



そんな自分の気持ちが上手く言葉にできない晶が唯一本音で話せるのは、よく行っているクラフトビールバー、5tapの常連客の恒星(松田龍平)。

恒星は個人事務所の会計士・税理士をやっている毒舌男でした。

最初は顔見知り程度の関係の2人でしたが、よく顔を合わせるうちにだんだん親しくなっていきます。

そしてその店によく出入りしている呉羽(菊地凛子)や三郎(一ノ瀬ワタル)ともよく話すようになる晶。



しかし、ひょんなことから呉羽は京谷と一夜をともにしてしまい、恒星はその仕返しのつもりだったのか「晶と寝た」と京谷に嘘をつきます。

しかし呉羽の話では「いつまでも京谷とそういう関係でいちゃいけない。晶のことを思ってそういう関係になったのだ」ということでした。

京谷はいつまでも朱里と一緒にいてはいけないと思って彼女に別れを告げます。

朱里は仕事関係のことで過去に自殺未遂をしたことがあり、京谷はそれから朱里を見捨てることができないでいたのでした。



しかし、しばらくしてから晶から「京谷とは終わりにする」と別れを告げられます。

一方晶の会社では働き方の見直しをして少しずつ変わってきていました。

晶の会社の求人に応募してきた朱里は、晶の知り合いと分かると即採用されます。

すぐに職場にも馴染んできた朱里でしたが、九十九は朱里を秘書に任命し、晶がこれまでやってきた細々とした仕事をやるように言います。

必死で仕事をこなす朱里でしたが、いっぺんに九十九に言われて混乱し、取引先の機密データを漏らしてしまいます。

慌てて謝罪に行く晶たちと入れ違いで朱里は会社から姿を消します。



結局2週間も持たずに辞めてしまった朱里のことを九十九は「使えなかった」と言います。

晶はさすがに我慢の限界といわんばかりに「こんな会社でどうやって働けって言うんですか!」と九十九に本音をぶつけます。

しかしそんな晶にあっさり「そんなら辞めろ。お前が辞めてもどうにでもなる」と言う九十九。



その話にショックを受けて恒星の事務所にやってきた晶は、慰めるように恒星に抱きしめられ、一夜をともにします。

そして事務所をあとにして「間違った?」と言うのでした。

最終回の結末を予想

9話の晶と九十九のシーンはかなりショッキングでしたね。

晶がその後会社を辞めるのかは分かりませんが、これを機に転職を考えてみてもいいんじゃないかと思います。

そして、それをきっかけに「深海さん辞めるなら私も辞めます」「僕も辞めます」と言い出したら面白いのではないかと思いました。

これまで怒鳴り散らして偉そうにしていた九十九ですが、さすがに社員が次々辞めていったら困るでしょう。



佐久間(近藤公園)はこれまで九十九とタメ口で喋っているシーンがいくつかあり、どうやら昔の友達か同級生か何かのようでした。

「九十九さん社長に向いてないと思う」とも以前言っていましたし、そろそろ佐久間がガツンと言ってくれるのではないかと期待しています。

散々好き勝手してきた九十九なので、最後くらいかわいそうな目に遭わないかなと思っています。



そして九十九の秘書になったために結局辞めてしまった朱里も、自分に合った別のところでまた働いてくれないだろうかと思っています。

三郎とのシーンも多かったと思うので、三郎のラーメン屋で働くのもアリかなと思います。

接客業ですが、晶の会社よりは自由にストレスもなく働けそうですよね。



晶と恒星は、ここまできたら恋人同士になってほしいですね。

これまでせいぜいキスどまりだったので、個人的に9話の展開は嬉しかったです。

最終回では晶が「私が素の自分でいられる男の人は恒星さんだけだ」と気づくのではないかと思います。

恒星のほうは晶が気になっている様子なので、あとは晶が自分の気持ちに気づけばOKではないかと。


スポンサーリンク

まとめ

「獣になれない私たち」の最終回の結末予想について紹介しました。

はたして晶と恒星は恋人同士になるのか、それとも貴重な男女の友情を育むことになるのか気になるところです。

まだ解決していない問題もたくさんあり、ラスト1話でまとめるのは難しい気がしますが、これまでかわいそうな目に遭ってきた登場人物たちに何らかの救いが欲しいなと思います。


スポンサーリンク