ここでは、中尾翔太さんの胃がんの原因やステージについて紹介しています。

「ガン」と聞くと一昔前は、「治らない病」とされ大変恐れられた病気でした。しかし現在は、医療の発達に伴い、早期発見や様々な治療を駆使して治癒できるとされています。

しかし、中にはまだ完治するには難しいとされている病気も数多くあります。

2018年、夢半ばで天へと旅立たれた1人の若者がいました。

12月5日に念願のメジャーデビューを控えるボーカル&ダンスグルプ「FANTASTICS」のメンバー、中尾翔太さん。

今回は、中尾さんを苦しめた病・胃がんについて原因、ステージが末期だったのかなどをまとめていきたいと思います。


スポンサーリンク

中尾翔太の胃がんの原因は?自覚症状はあった?

中尾翔太さんが、胃がんだと公表したのは2018年3月13日。

まだメジャーデビューしていないにも関わらず、1人の若者のショッキングなニュースは、各報道番組でも放送されました。



中尾さんが、体調不良を訴えたのは2017年の末だったと言います。

具体的にどのような症状があったのかなどは公表されていませんが、2017年10月14日にFANTASTICSのメンバーである佐藤大樹さんのインスタで、中尾さんがかなり痩せている姿がアップされ、ファンからは「痩せすぎなのでは?」というコメントが数々寄せられたそうです。



胃がんの主な症状として、胃炎や食欲不振、胸やけに体重減少。

進行していくと嘔吐や場合によっては吐血もあるそうです。

このようなことから、少なくとも2017年の10月以前から上記のような症状が出ていたことが予想されます。



また闘病中に、EXILEのATSUSHIさんもお見舞いに駆けつけていたそうです。

なかなか会う時間もなく、久々の対面だったそうですが余りにも前回会った時との様子が違い愕然としたそうです。

ATSUSHIさん自身もその変わりように、ショックを受け「また一緒にご飯行こうな…」という言葉をかけるのに精一杯だったそうです。



中尾さんが、胃がんを発症した原因も詳しくは公にされていません。

主に、胃がんの原因の一つは「ヘリコバクター・ピロリ菌」が関係していると言います。

この菌は、胃カメラなどで体内にいるかどうかを確認し、存在すれば除去用の薬を飲めばいなくなるそうです。

また小さなお子さんがいる親も、自分の使った箸やスプーンなどをお子さんにも利用すると、ピロリ菌が移行してしまう場合もあるので気をつけましょう。



その他の原因としては、やはり生活習慣ですね。

喫煙や飲酒、食生活などでも影響されます。

規則正しい生活を心がけましょう。

あとは、近親者からの遺伝も原因の一つとされています。

中尾さんの場合も、20代前半での発症なので遺伝の可能性もありますね。



中尾さんのように、若年齢の胃がん発症は極めて低い確率だそうです。

だからこそ中尾さん本人も御家族や仲間も、本当に悔しかったと思います。

防ぎようのなかったこの事実、ただただ無念で仕方ありません。

中尾翔太の胃がんのステージは?末期だった?

胃がんと言っても、いろいろな段階があります。

この中でも最も恐ろしいとされているのが「スキルス胃がん」というものです。

スキルス胃がんとは、通常の胃がんよりも早期発見が難しいとされていて、自覚症状が現れた頃にはだいぶ、がんが進行していたり他の臓器へ転移してる可能性も極めて高いとされています。

自覚症状も、スキルス胃がん特有の症状はないので、発見が遅れがちになってしまうそうです。

それにも関わらず進行が早く、中尾さんのような若い年齢層の方が発症すると更に早いと言います。



また60歳以降の発症が多い胃がんに対して、スキルス胃がんは20~40代で胃がん発症の1割を占めているそうです。

中尾さんが、がんを公表したのが3月で亡くなったのが7月。

約4ヶ月というあまりにも早い進行。

末期になるには早すぎため、中尾さんは通常の胃がんではなく、スキルス胃がんだったのではないかと考えられます。



スキルス胃がんを患った方といえば、1993年に亡くなられたフリーアナウンサーの逸見政孝さんです。

逸見さんもがん公表から3ヶ月半ぐらいで亡くなられています。

また逸見さんの場合は、上記でも述べたように実弟も31歳の時にスキルス胃がんを患い亡くなられているので、やはり遺伝性の原因もあるようです。



では中尾さんが、スキルス胃がんの診断を受けた時に伝えられたであろうスキルス胃がんのステージ。

胃がんの進行が現在どの段階まで進行していて、5年後の生存率はどのくらいあるのかを見ることができます。



スキルス胃がんのステージは

ステージⅠ…86.7%
ステージⅡ…68.9%
ステージⅢ…42.0%
ステージⅣ…6.5%

とされています。



ステージに関しても末期かどうかなど詳しいことは公表されていません。

しかし自覚症状が出ていたこともあり、ステージⅡ以上だとは見てとれます。



ただ中尾さんが、胃がんであることを公表した時に「最初に病状を伝えられた時は、とてもショックを受けましたが、今はしっかり病気のことを受け止め完治できるように頑張っていきます。必ずステージに戻ってみせます」など、前向きなコメントを寄せていました。

なので極めて低いステージⅣ、末期までは進行していなかったのではないかと…願いたいです。

しかし結果的に公表から、125日間の闘病生活を経て天国へと旅立ちました。



LDHのメンバーが、お見舞いへ駆けつけた時も泣き言などは一切吐かず、何事も前向きに捉えながら病と戦っていたそうです。

時には、お見舞いに行った側が勇気をもらうほどでした。

きっと先輩や仲間に、心配させたくない気持ちが強かったんでしょうね。


スポンサーリンク

まとめ

FANTASTICSのメンバー・中尾翔太さんの胃がんに関して原因やステージなどを紹介しました。


幼い頃からの夢だったであろう、ダンサー。

今までもこれからも険しい道のりや、苦悩もあったと思います。

しかし生きていたら、こうして同じ夢を歩む仲間や先輩に出会えたり、夢が夢で終わらない、未来が楽しみで仕方ないような…とにかく「生きている」ことを最大級に楽しんでいたであろう中尾さん。

本当に悔しかったと思いますし、中尾さんの気持ちは近くで看ていた家族やメンバーがとても感じていたと思います。



しかし彼の生きざまは、彼と携わった全ての人々の心に息づいていることでしょう。

また今までのダンサーとしての活動も、数は少なくとも映像として残っていると思うので、彼が追いかけた「夢」を目に焼きつけたいと思います。

そしてこれからも戦友であるFANTASTICSの更なる活躍を、空から見守っていてあげて欲しいです。

中尾翔太さんのご冥福を御祈りします。


FANTASTICSについてはこちら。
FANTASTICSメンバーの名前や年齢・身長などプロフィールを紹介!


トップ画像の引用:LDH公式ホームページ(https://www.ldh.co.jp/management2/nakao/)


スポンサーリンク