ここでは、ドラマ「コンフィデンスマンJP」9話で登場するキャストをまとめて紹介しています。

9話の「スポーツ編」ではIT企業社長・桂公彦として小池徹平さんが出演します。

また、スポーツ編ということで、意外にもあの卓球選手が登場します。

今回はドラマ「コンフィデンスマンJP」9話で登場するキャストについて紹介します。


9話の動画を見たい人はこちら
コンフィデンスマンJP動画9話を無料視聴できる方法は?



スポンサーリンク


桂公彦役に小池徹平


今回のダー子たちのターゲットで、若くしてIT企業を立ち上げて億万長者になり、さまざまなプロスポーツクラブを回収して横暴な態度で野球、サッカー界から締め出されている桂公彦役を小池徹平さんが演じます。

小池徹平さんは1986年1月5日生まれの歌手、俳優。

15歳の時に第14回ジュノンスーパーボーイコンテストで、グランプリを受賞して芸能界入りします。

2002年に関西テレビ制作で放送されたドラマ「天体観測」で、山田昇を演じて俳優デビューしています。

同年、2002年にはタレントのウェンツ瑛士さんと「WaT」を結成して、2005年には「僕のキモチ」でメジャーデビュー。

2006年に公開された映画「ラブ☆コン」で、大谷敦士役を演じて初の映画主演を務めています。

2005年に放送されたドラマ「ごくせん」では、金髪にヘヤピンという独特なスタイルで印象に残る武田啓太役を演じました。

2009年公開の映画「ごくせん THE MOVIE」でも武田啓太役を演じています。

今年、2018年9月公開予定の映画「食べる女」にも出演しており、役柄は不明ですが、友也役を演じているようです。



ネット上ではウェンツ瑛士さんとの不仲説があったようですが、一緒にいる姿がTwitterに投稿されていたりするので、仲はいいようです。

今回の「コンフィデンスマンJP」では、億万長者のIT社長で、傲慢な人物を演じているようですが、あまりイメージが湧きません。どういった演技をしているか気になります。


スポンサーリンク


ちょび髭役に瀧川英次


応援していた独立リーグの野球チームと下部リーグに所属する地元サッカーチームを桂によって潰され、ダー子たちに桂をターゲットにするよう要請したちょび髭役を瀧川英次さんが演じます。

瀧川英次さんは1977年12月27日生まれの俳優。

演劇ユニット「七里ガ浜オールスターズ」の主宰で、自らが脚色・演出をした2004年公演の「ピース。」、演出を務めた2005年公演の「はばかるな」や2006年公演の「双魚」、2009年公演の「向日葵と夕凪」で演出を担当。



俳優業だけでなく脚色や演出まで行う幅広い才能を見せています。

mixiの人気コミュニティ「エロメール添削 赤ペン瀧川」の管理人でもあります。

コミュニティ内での添削活動は多岐に及び、「サラリーマン川柳添削」や「ニート川柳添削」など様々なものがあります。

2008年にはスライドショー形式の添削ライブを行っています。

2015年に放送されたドラマ「下町ロケット」では、日本クライン製造部企画チームマネージャーの藤堂保役を演じました。

2017年放送のドラマ「冬芽の人」では、君津政一役を演じています。



瀧川英次さんは2013年に一般の女性と結婚しているようで、2014年にはお子さんも産まれているようです。

多方面で活躍する瀧川さんですが、今回の「コンフィデンスマンJP」では、どのような演技をしているか楽しみです。


スポンサーリンク


鴨井ミワ役に平野美宇(ひらのみう)


ダー子たちは、野球、サッカー界から締め出されている桂が次に目を付けそうなのはプロ化目前の卓球だと推測し、東京ジェッツという卓球チームに声をかける。

東京ジェッツに所属する選手である鴨井ミワ役を平野美宇さんが演じます。

平野美宇さんは2000年4月14日生まれの女子卓球選手です。

注目されている選手だけに知っている人は多いはず。

その輝かしい成績を紹介します。



2003年3歳の時から卓球を初め、2004年4歳の時に「全日本卓球選手権大会ホープス・カブ・バンビの部」に最年少出場。

2007年「全日本卓球選手権大会ホープス・カブ・バンビの部」優勝。

2009年からはミキハウスのチーム「ミキハウスJSC」に所属。

2011年「東アジアホープス卓球選手権」女子シングルス優勝。

2013年「ITTFジュニアサーキット2013」女子シングルス優勝。

2014年「ITTFワールドツアー ロシアオープン」女子シングルス優勝。

2015年「ITTFワールドツアー スペインオープン」女子シングルス優勝。

同年2015年「ITTFワールドツアー ポーランドオープン」女子シングルス優勝。

2016年「ITTFワールドツアー ポーランドオープン」女子シングルス優勝。

同年2016年「ワールドカップ」女子シングルス優勝。(史上最年少で優勝)

2017年「2017年アジア卓球選手権大会」女子シングルス優勝。(日本人21年ぶり)

同年2017年「第54回世界卓球選手権個人戦」女子シングルス銅メダル。(48年ぶり)



「ワールドカップ」で優勝した際に「Hey! Say! JUMP」の伊野尾 慧さんに会いたいとTwitterでつぶやいていたので、伊野尾さんのファンのようですね。

卓球で数々のタイトルを獲得してきた平野美宇さんですが、今回の「コンフィデンスマンJP」が初のドラマ出演ということで、どんな演技をしているのか楽しみです。

半原敦役に和田聰宏(わだそうこう)


実は桂が買収しようとしているのは、プロバスケットボールチームらしいと五十嵐(小手伸也さん)からの情報で、ダー子たちは架空のバスケチーム「熱海チーターズ」を結成。

ダー子がチームに引き入れようとする元代表候補の半原敦役を和田聰宏(わだそうこう)さんが演じます。

和田聰宏さんは1977年3月25日生まれの俳優。

2000年に公開の映画「BULLET BALLET」のオーディションに合格して俳優デビューします。

2003年に公開された映画「ホテル・ハイビスカス」に能登島役として出演。

2004年に放送されたドラマ「東京湾景」で、主演の仲間由紀恵さんの恋人である和田亮介役を演じました。

この「東京湾景」が連続ドラマ初出演作で、仲間さんの恋人役ということで当時注目されました。

2005年公開の映画「死霊波」では、臼井浩史役を演じて映画初主演を務めます。

2008年に公開された映画「イエスタデイズ」では、主要人物の柳田昭彦役を演じています。

2015年に放送されたドラマ「下町ロケット」で、営業部第二部係長である江原春樹役を演じたことが印象に残っている方もいると思います。

和田聰宏さんは本名を「和田聡宏」といいます。

「FUNGO」という芸能事務所に所属していた時には本名の「和田聡宏(わだとしひろ)」で活動していたようです。事務所をディグカンパニーに移籍した際に「和田聰宏(わだそうこう)」に変更したようです。

ちなみに俳優になる前は渋谷の美容室で美容師をしていたみたいです。

イケメン俳優さんの和田さんですが、今回の「コンフィデンスマンJP」ではホームレス同様の生活を送っていた元代表候補選手を演じるようなので、どのような姿でどのような演技をするのか気になります。

まとめ

ドラマ「コンフィデンスマンJP」9話で登場するキャストについて紹介しました。


9話の動画を見たい人はこちら
コンフィデンスマンJP動画9話を無料視聴できる方法は?