ここでは、ドラマ「グランメゾン東京」6話のあらすじをネタバレで紹介します。

今年度のトップレストラン50の表彰式が東京で行われると知り、尾花は魚の料理を開発し直すことを決定。

同じ頃、丹後と祥平も魚料理の新メニューに取り組んでいました。

そんな中、栞奈が自ら志願してグランメゾン東京のスタッフに加わることに。

ここでは「グランメゾン東京」6話のあらすじをネタバレで紹介します。


「グランメゾン東京」を1話から見返したいなら、無料視聴ができる「Paravi」がおすすめです。

独占配信なので、Paraviでしか視聴できませんのでご注意ください。

詳しくは「グランメゾン東京・動画1話から最新話までをまとめて無料視聴する方法」で紹介しています。


スポンサーリンク


グランメゾン東京6話あらすじネタバレ

3年前のナッツ混入事件の犯人が祥平(玉森裕太)であることがわかりました。

京野(沢村一樹)や相沢(及川光博)に隠し事をしたまま一緒には働けないと、祥平はgaku に入ることを決意。

戸惑う二人に対して、尾花(木村拓哉)は強力なライバル出現を楽しんでいました。



リンダ(冨永愛)が会見を開き、今年度のトップレストラン50の表彰式を東京で開催することを発表。

トップレストラン50は、ミシュランの前哨戦とも言われるくらいの世界で最も権威のある賞レースの一つ。

もしランキングに入ったら一気に世界的な人気店になると張り切る倫子(鈴木京香)らスタッフたち。

全力でトップレストラン50を狙うと宣言する倫子の言葉を聞いた尾花は、料理を変えると言うのです。

そこで日本が誇る食資源の代表格である魚料理を見直すことに。



そんな中、京野はグランメゾン東京のスタッフに栞奈(中村アンを入れることを検討していました。

彼女なら料理の知識もあり、ソムリエ資格も持っているため適任だと考えたのです。

そして早速、ホールスタッフとして働いてもらうことに。

しかし、栞奈の履歴書を見た京野は、緊急連絡先の欄に「父・久住荘次郎」と書かれているのが気になっていました。

実は栞奈がグランメゾン東京に入ったのには理由がありました。

エスコフィユのメンバーがグランメゾン東京で復活することを阻止するためだったのです。



一方、gakuでも魚料理をリニューアルすることに。

投票権を持つ会員のほとんどが外国人である以上、魚料理が審査の鍵になると考える丹後(尾上菊之助)。

そこで祥平が考えた料理をさらに改良して新メニューに加えようと考えていました。



トップレストラン50の候補に入ってから客が増えて厨房が回らなくなってきたグランメゾン東京。

芹田(貫一郎)が手伝おうとしますが、客に出す食材に触れるのはまだ早いと尾花から言われてしまいます。

ただ一人取り残された気持ちになる芹田。

そこへ江藤(手塚とおる)から連絡が入り、芹田はお金を受け取る代わりにグランメゾン東京の内部情報を流してしまいました。

そんな芹田の様子に気付いた京野は芹田を励ましますが、いつまでも料理を作らせてもらえない怒りから芹田は店を辞めると出て行ってしまいました。

その足でgakuに向かい、新メニューの魚のレシピを江藤に渡してしまったのです。

江藤は柿谷にそのレシピを元にメニューを作るよう命じました。

しかし、柿谷の作った料理を食べた江藤はその味に愕然。

せっかくの脂の旨味がなくなり、火入れも中途半端で単なる焼魚となっていたのです。

結局、祥平のレシピを新メニューに加えることになりました。



京野は芹田を客としてグランメゾン東京に招待することにしました。

新メニューのサワラのローストを食べた芹田は、試作品の時より生臭いことに気づきます。

そのサワラは以前自分でさばいたものでした。

アクの強い野菜を切った包丁でさばいたために風味を劣化させてしまったのです。

自分がしたことの重大さに気づいた芹田は、土下座をしてスパイをしていたことを謝罪。

しかし、レシピがあるから同じ味を作れる訳ではないと、芹田のしたことを笑い飛ばす尾花たち。

尾花から今後の身の振り方を自分で決めるように言われた芹田は、再びグランメゾン東京で働くことを決意しました。


スポンサーリンク


グランメゾン東京6話の感想

久住がナッツ事件の犯人を探してる中でグランメゾン東京に雇われて、どうなるかこの後の展開にはとても楽しみです。

祥平の状況を楽しんでる尾花などの関係性もこれからどうなるかとても気になるところです。

芹田がきれてしまったのはわからないこともない気持ちでした。

まあ、けど見習いだから難しい部分ではありますが。

それと相変わらず出てくる料理や食材がとても美味しいそうで毎回ご飯を食べながら見てるのでみてるこっちまで美味しく感じれます!

10代男性


最高の魚料理が素敵でgakuの料理もグランメゾン東京の料理も食べてみたくなりました。

その中でも芹田がレシピを横流ししたのに模倣できないのは正にレベルの高い料理の証拠だと思いました。

裏切者でしたが、芹田の素直な謝罪を受け入れて成長させれる人はあのような形でどんどん成長していくのかと思いました。

最後にグランメゾン東京はトップ50に残る事ができたのか気になります。

又、久住は一体何者なのか何を狙っているのか気になりました。

30代男性


芹田グランメゾン東京辞めなくて良かったですね。

雑用の毎日で嫌になる気持ちも分かるけどこれも修行ってやつなんでしょうね。

そしてgakuにレシピを横流ししていた事も尾花たちに正直に話して謝罪しましたね。

芹田はグランメゾン東京で尾花のもとでこの先頑張っていくと言う決意の表れなのでしょう。

最初に芹田が作った賄いはみな残していたけど鰆を使った賄いは完食してくれましたね。

まだ色々改善しないといけないとこはあるにせよ少しずつ一人前の料理人に近づいていってるんですね。

がんばれ芹田。

40代男性


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「グランメゾン東京」6話のあらすじをネタバレで紹介しました。

gakuとグランメゾン東京が再び対決することになりました。

江藤がまた何か企んでいるのではないかと心配です。

ミシュランの前哨戦を制するのはグランメゾン東京かそれとも祥平が新たに加わったgakuなのか、勝負の行方が気になります。


「グランメゾン東京」6話をもう一度振り返るなら、全話独占配信で無料視聴ができる「Paravi」がおすすめです。

詳しくは「グランメゾン東京・動画1話から最新話までをまとめて無料視聴する方法」をチェック!