ここではドラマ「99.9」7話に登場するキャストに紹介しています。

7話では、佐田(香川照之)が顧問弁護を務める会社の社長の横領罪に対する業務上横領幇助の容疑で逮捕されることになります。

深山と舞子は佐田を助けるため弁護をすることに。

そして、深山たちの活躍で事件の謎がとけたのですが、その時、犯人の田中美奈子さんが口ずさんでいた何だったのでしょうか?

気になったので調べてみました。




スポンサーリンク

田中美奈子が口ずさんでいた歌は?

7話のラストで田中美奈子さん演じるオガタテクノロジーの経理担当・中村麻美が同じ会社の専務・大河原孝正(佐戸井けん太)とともに逮捕される時、歌をうたっていましたよね。

その歌というのは田中美奈子さんが1993年に出した「眠らない街」という曲です。



7話で口ずさんでいた歌詞は次の部分です。


眠らない街もう一度
星屑の微笑みを
熱く熱く届けたい
少年の夢抱いて

「眠らない街」は1994年公開の映画「眠らない街 新宿鮫」の主題歌として使われていて、田中美奈子さん自身も映画に出演していました。


田中美奈子さんといえば、最近はドラマやバラエティで見るので、歌を歌うイメージはありませんよね。

田中美奈子さんが歌手として活動したのは1989年から1995年までの6年間です。

その間にシングル13曲、アルバム5枚出しています。

「眠らない街」以外にもドラマの主題歌として使われていた曲があります。

「夢みてTRY」はTBS系ドラマ「トップスチュワーデス物語」で、SEASONはTBS系ドラマ「天使のように生きてみたい」で使われました。

どちらもTBSですね!

「99.9」もTBS系なので、きっとスタッフがそこを狙ってネタを仕込んだんじゃないでしょうか。


7話の田中美奈子の役どころは?


田中美奈子さんが演じる中村麻美はオガタテクノロジーの経理担当。

失踪した社長の話を聞きに来た深山たちと話をしていました。

また裁判では証人として法廷に立っていましたが、それ以外に目立った印象はありませんでした。

ただ、ラスト15分で社長を殺害した犯人として登場し、最後にライトに照らされながら歌をうたうシーンはかなり注目を浴びたんじゃないでしょうか。



スポンサーリンク

まとめ

ドラマ「99.9」7話のラストで田中美奈子さんが歌った曲について紹介しました。

田中美奈子さんの歌以外にも7話もいろいろな小ネタがたくさんありましたね。

とくに視聴者の反応が良かったのは、オガタテクノロジーの会社の壁に書かれた「Next innovation」。



これはフジテレビで放送された「リッチマン、プアウーマン」と一緒でした。

他局のネタまで入れてくるなんて、相当こだわりが強いですよね。

ラスト2回もどんなネタが仕込まれているか楽しみです。




スポンサーリンク