ここでは、ドラマ「凪のお暇」2話のあらすじをネタバレで紹介します。

人生のリセットを決意し、恋人の我聞とも別れた凪。

しかし、凪と別れたくない我聞は引っ越し先のアパートまで追いかけて来ました。

その頃、凪はゴンと近所の公園でバーベキュー中。

ゴンが持つやわらかな空気に癒される凪でしたが、家に戻ったところで我聞と出くわしてしまいます。

ここでは「凪のお暇」2話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


凪のお暇2話あらすじネタバレ


今までの人生をリセットしてお暇をもらった凪(黒木華)。

立川の古いアパートに引っ越した凪は、隣人のゴン(中村倫也)と出会います。

ゴンの職業がイベントオーガナイザーと聞いた凪は危険な匂いを感じて距離を取ろうとしますが、不思議な雰囲気のゴンに調子を狂わされてしまいます。



生きているだけでお金が減っていくことに焦りを感じた凪は、失業保険の給付を受けるためにハローワークに行くことに。

そこで担当者に厳しいことを言われている女性・坂本龍子(市川実日子)に出会います。

龍子とトイレで一緒になった凪は勇気を出して話しかけてみることに。

妥協して就職した前の職場では神経がすり減るだけだったから、条件を落としたくないと言う龍子。

自分に嘘をついて働きたくないと言う龍子の言葉に納得し、お茶をすることになりました。

友達ができたことを喜ぶ凪でしたが、龍子は身につけるだけで幸せになれるという石を勧めてきたのです。

しかし、凪は「この石に全く興味はない」ときっぱり断ることができました。

断れたことを喜ぶ凪の元へ龍子が追いかけてきました。

龍子は、石の力は本当だがギリギリまで話をするか悩んでいたと言うのです。

石を勧めたことで友達が居なくなってしまったと。

それを聞いた凪は、普通の友達として付き合っていこうと龍子に提案しました。



元カレの慎二(高橋一生)は凪のことが忘れられずに居ました。

行きつけのスナックでママ(武田真治)や杏(中田クルミ)に愚痴をこぼしていると、「女心を勉強した方がいい」と説教を受けます。

変わりたい女と変わって欲しくない男では復縁はないとはっきり言われ、落ち込んでしまうのでした。



ある日、隣人のうらら(白鳥玉季)が友達に嘘をついているところを目撃した凪。

うららは友達の家を羨ましく思うあまり見栄を張っていたのです。

それを聞いた凪は、何も無いなら無いなりに楽しんだらどうだろうとアドバイス。

その一部始終を聞いていたゴンが突然凪の頭を撫でて来ました。

動揺する凪をゴンはバーベキューに連れ出しました。

青空の下で食事をしながら凪はゴンのゆるっとした雰囲気に癒されるのでした。



その頃、慎二は北海道出張のお土産を持って凪の家を訪れていました。

留守だと知った慎二は、上階の吉永緑(三田佳子)に誘われ緑の家で映画を観ることに。

緑の家を後にした慎二はバーベキュー帰りの凪と遭遇。

この後うららとトランプをする約束をしていると、慎二を避けた凪。

しかしどういう訳か凪、慎二、ゴン、うらら、緑の5人でトランプをすることに。

慎二の空気にのまれそうになる凪でしたが、ゴンの言葉で我に返ることができました。

そんな凪とゴンの関係が面白くない慎二は部屋を後にしました。



緑から、慎二が何時間も自分のことを待っていたと聞いた凪は慎二を追いかけました。

しかし、慎二は自分の気持ちに素直になれずに凪を怒らせてしまいます。

自分の行動を反省して号泣する慎二。

そんな慎二の様子を偶然龍子は目撃していました。



翌朝、凪は東京に来るという母からの手紙を見て激しく動揺。

そこへ「大島さ〜ん!」と呼ぶ声が聞こえてきました。

声のする方を見ると、そこには龍子の姿が。

何と凪を追いかけて近くに引っ越して来たのです。

凪はそんな龍子の姿を見て胸騒ぎを覚えるのでした。

【3話】凪が婚活パーティーに。ゴンの素顔とは?
凪のお暇(ドラマ)3話あらすじネタバレ!凪が婚活パーティーに参加!


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「凪のお暇」2話のあらすじをネタバレで紹介しました。

我聞の無神経さに驚きましたが、本当は凪のことが好きでただ素直になれないだけであることがわかりました。

しかし、凪の心は隣人のゴンへと傾きかけています。

果たして我聞は凪のことを再び振り向かせることができるのでしょうか?