ここでは、QUEEN(ドラマ)の9話に登場するゲストキャストについて紹介しています。

鈴木法律事務所・危機管理部の同僚である与田に、クライアントを政治家の吾妻のために利用していたのではないかと疑われた氷見は、東堂から届いた、吾妻の「元秘書」を使った政治資金スキャンダルに関するメールを与田に見せて、「危機管理部でやれることはやった」と帰って行きます。

その吾妻の政治スキャンダルは大々的に報道されることになります。

さらに「元秘書」も氷見であることが特定され、氷見は鈴木法律事務所を辞め、対応に追われる鈴木法律事務所へスキャンダルの当事者である吾妻が、林光蔵総務大臣とともに依頼にやって来ました。

吾妻は、応対した与田と副所長・鈴木に対し、吾妻の妻である美咲の父は、吾妻の所属する党のドン・五十嵐で、「顔に泥を塗るわけにはいかない」と言います。

依頼を受けることになった鈴木法律事務所のメンバーたちは、東堂からの情報で、氷見が「ある死亡事故」に関与していたことを知る事になります。

それでは、QUEEN9話に登場するキャストの情報と役どころについて紹介します。



全話の動画を無料視聴できる方法知ってますか?
QUEEN(ドラマ)動画最終回を無料視聴する方法を紹介!1話から全話視聴できる


スポンサーリンク


林光蔵総務大臣役に山田明郷


※右側が山田明郷さん。

山田明郷さん演じる林光蔵は、今回の依頼者である衆議院議員・吾妻涼介と一緒に鈴木法律事務所を訪れる総務大臣です。

吾妻の元秘書・氷見を使って行った政治資金スキャンダルが大きく報道され、吾妻本人は否定しますが、氷見との不倫スキャンダルも疑われており、林はスキャンダルも不正献金疑惑も潰せと半ば脅しのように言ってきます。



山田明郷さんは、1949年3月22日生まれの俳優です。

山田明郷さんは、30歳の時に民音の第2回ミュージカル小劇場黒テントの芝居「笑う怪人二十面相」で主演を務め、俳優デビューします。

主な出演作品は、2003年10月9日から2004年3月25日にかけて放送されたドラマ「白い巨塔」シリーズ、2008年4月15日から同年6月24日まで放送されたドラマ「絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜」など。

山田明郷さんの趣味は、ピアノ、ギター、自転車で、特技は、乗馬とのこと。

さらに所持資格は、スキューバダイビング(アドバンス)、ビルのゴンゴラらしいです。

個人的には、趣味と特技は山田明郷さんらしいイメージがありますが、ビルのゴンドラの資格を持っていることはすごく意外でした。

俳優になる前にビルの窓の清掃業務とかをやっていたのかも知れませんね。



それと、山田明郷さんといえば、2012年1月10日から同年3月20日まで放送されたドラマ「ストロベリーナイト」で、公開したこの肉体。

胸囲はなんと105cmらしいです。

日々、相当な努力をされていると思います。

「ストロベリーナイト」放送当時でも60歳を越えているのに、この肉体は素晴らしいですよね。


スポンサーリンク


吾妻の妻・美咲役に山崎紘菜

山崎紘菜さんの演じる美咲は、吾妻の妻で、吾妻の所属する政党の顔でもあります。

美咲の父親は党のドン・五十嵐幸夫です。



山崎紘菜さんは、1994年4月25日生まれの女優です。

山崎紘菜さんは、2011年に開催された第7回「東宝シンデレラ」オーディションで、「審査員特別賞」を受賞し、このことがきっかけで芸能界デビュー。

オーディションに出たきっかけは、友人と映画館へ行った際にオーディションの用紙を見つけ、「賞金100万円」という記載を見た友人がオーディションを受けるように薦めたことだったみたいです。

山崎さん自身は軽い気持ちで応募したみたいですが、軽い気持ちでは「審査員特別賞」は受賞出来ないと思うので、やるからには「グランプリを目指してやろう」というような気持ちでオーディションに臨んだのかも知れませんね。

2012年3月17日に公開された映画「僕等がいた」の前篇に出演し、女優デビューしています。

主な出演作品は、2012年10月6日から同年12月29日に放送されたドラマ「高校入試」、2017年3月11日に公開された映画「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」など。



山崎紘菜さんの気になる恋愛についてですが、2014年に公開された映画「神の言うとおり」で共演した俳優の福士蒼汰さんと噂になったみたいです。

ただ、ローマ国際映画祭に出席した際の空き時間に2人で観光を楽しんだことから、熱愛の噂に発展しただけで、実際には交際はしていなかったそう。

その他には特に山崎紘菜さんの熱愛関係の情報は見つけることが出来ませんでした。

24歳とまだ若いので、恋愛よりも仕事に集中したいのかも知れませんね。


スポンサーリンク


美咲の父で党のドン・五十嵐幸夫役に小野武彦


※右側が小野武彦さん。

小野武彦さんの演じる五十嵐幸夫は、吾妻が所属する政党のドンで、吾妻の妻・美咲の父親でもあります。

吾妻は、五十嵐の顔に泥を塗る訳にはいかないと鈴木や与田に対して訴えます。



小野武彦さんは、1942年8月1日生まれの俳優です。

1967年5月13日に公開された映画「情炎」に出演し、俳優デビューしています。

主な出演作品は、1976年1月から1979年9月11日にかけて放送されたドラマ「大都会」シリーズ、ドラマ、映画にと、1997年1月7日から2012年9月7日にかけて放送された「踊る大捜査線」シリーズなど、数々の人気シリーズに出演しています。

小野武彦さんは、劇団「俳優座」の養成所に「第15期生」として1963年に入所したメンバーのひとりで、卒業後に劇団「文学座」に入所し、芸能活動をスタートします。

芸能活動を始めた当初は、本名である「黒木進(くろきすすむ)」で活動していました。

本名で活動していた時代は、俳優の「黒部進(くろべすすむ)」さんと、よく勘違いされ、誤って出演料が支払われたこともあるみたいです。

もしかして、名前の勘違いが多くて芸名を本名の「黒木進」から「小野武彦」に変更したのかも知れませんね。



小野武彦さんの祖父は、1940年代に活躍した小唄作家・小説家の「小野金次郎」さんです。

小野さん曰く、祖父の金次郎さんは、イギリス出身のコメディアンであるチャールズ・チャップリンが1932年に来日した際に通訳を務めたらしいです。

世界的スターのチャップリンの通訳をするって凄いです。

なんでも自宅にはチャップリンのサイン入りの写真が飾ってあるらしいですよ。

まとめ

今回は、ドラマQueenの第9話に出演するゲストキャストとキャラクターについてご紹介しました。

最終回も迫った第9話は、サブストーリーとして展開されてきた吾妻と氷見の関係が明らかになる回です。

今回は、山田明郷さん、山崎紘菜さん、小野武彦さんの3人がゲスト出演しており、それぞれの役柄と演技に注目。

個人的に山田明郷さんの迫力のある演技が好きなので、鈴木と与田を「半ば脅す」というシーンが楽しみです。

ストーリーの方は、氷見が鈴木法律事務所を辞めてしまうようなので、最終回に向けて物語がどう進むかも気になるところです。



全話の動画を無料視聴できる方法知ってますか?
QUEEN(ドラマ)動画最終回を無料視聴する方法を紹介!1話から全話視聴できる


スポンサーリンク