ここでは、メゾンドポリスの7話に登場するゲストキャストについて紹介しています。

6話では、高平厚彦(小日向文世さん)の娘が登場し、すっぽんの高厚が復活(?)しました。

甘やかされて育った孫にお金をせびられる祖母・春江と、その祖母の面倒を見る次男の嫁・藤子。

最後は、藤子をかばった春江の気持ちが嬉しかったですね。

さて、7話のゲストは、井上順さん、大西礼芳さん、西丸優子さん、太田美恵さんです。

井上順さんが伊達有嗣(近藤正臣さん)の幼なじみで登場します。

ここではドラマ「メゾンドポリス」7話のゲストキャストを紹介します。


スポンサーリンク


伊達の幼なじみで富豪・本郷幸成役に井上順

本郷幸成を演じる井上順さんは、東京都出身、1947年2月21日生まれの歌手、俳優、タレントです。

田辺靖雄さん、大原麗子さんや峰岸徹さんらが所属していた六本木野獣会に参加し、六本木周辺で仲良く遊んでいたそう。

特に、峰岸徹さんとは仲が良く、彼が亡くなるまで弟のように可愛がられていたとのことです。

その後、ザ・スパイダースに加入し、堺正章さんとのツインボーカルで活躍しました。

1968年11月に始まった「夜のヒットスタジオ」では、3代目司会者として、1976年4月5日~1985年9月25日まで、10年近くも務めていました。

明るく軽快なトークとダジャレ、優しい性格でお茶の間の人気者となりました。

元AKBの渡辺麻友さんが所属した渡り廊下走り隊「バレンタイン・キッス」のカップリング曲「夕陽のいじわる」では、この夜のヒットスタジオを取り入れ、井上順さんと芳村真理さんが曲紹介をしています。

また、テレビドラマでは、超人気ドラマで民放最高視聴率56.3%を叩き出した「ありがとう」をはじめ、「一心太助」「渡る世間は鬼ばかり」「昨日の友は今日の敵?」「居酒屋もへじ」ほか、大河ドラマ「北条時宗」「真田丸」などにも出演。

今回の役どころは、いくつものビルを保有する資産家、黒い噂が絶えないフィクサーとしての登場です。


スポンサーリンク


幸成の家政婦・本宮カレン役に大西礼芳

本宮カレンを演じる大西礼芳さんは、三重県出身、1990年6月29日生まれの女優です。

ちなみに、おおにし あやかさんと読みます。

デビューは映画「MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜」。

大学在学中にヒロインに抜擢され、演技未経験で、松田美由紀さんとのダブル主演を務めています。

その後は、朝ドラ「べっぴんさん」「花子とアン」「半分、青い。」、大河ドラマ「「真田丸」ほか、映画「嵐電」「いぬやしき」「ナラタージュ」など、多数の作品に出演しています。

映画鑑賞はじめ、読書、絵を描くことなど、趣味が多く、日本舞踊、英会話、サックス、ピアノ、剣道と多彩な一面をもちます。

ネットでは、可愛くない、ブサイクという言葉が並びますが、目もとがきつく見える時があり、その顔立ちが損しているのかもしれません。

今回の役どころは、本郷幸成の家政婦です。

井上 順さん演じる富豪の幸成にどう接していくのでしょう。

優しい家政婦だと良いですね。


スポンサーリンク


幸成の内縁の妻・小倉汐里役に西丸優子

小倉汐里を演じる西丸優子さんは、長野県出身、1980年5月23日生まれの女優、演出家、プロデューサーです。

テレビドラマ「噂の女」「リテイク 時をかける想い」「サムライせんせい」、映画「めがみさま」「BOYS AND MEN ~ One for All, All for One ~」などに出演しています。

2019年5月10日~19日まで、紀伊国屋ホールで再演される舞台「+GOLD FISH」にも出演予定です。

また、2019年8月には、今野浩喜さんが主演を務める舞台「好かれる男がいるデパート(仮)」が幕を開けます。

こちらの舞台は、西丸優子さん企画、プロデュースです。

今回の西丸優子さんの役どころは、幸成の内縁の妻。

富豪幸成の財産狙い?

愛人との財産争い勃発かもしれません。

幸成の愛人・赤井美香役に太田美恵

赤井美香を演じる太田美恵さんは、山形県出身、12月2日生まれの女優です。

映画「それでも僕はやってない」「下妻物語」「舞妓Haaan!」「神様のカルテ」「毎日かあさん」など、人気作品に多数出演。

テレビドラマでは、「相棒」「官僚たちの夏」「ダブルス~二人の刑事」「BORDER2 贖罪」「コンフィデンスマンJP」など、朝ドラ「梅ちゃん先生」にも出演されています。

今回の役どころは、訪問看護師であり、幸成の愛人です。

まとめ

ドラマ「メゾンドポリス」7話のゲストキャストを紹介しました。

今回は、伊達さんがメインです。

大富豪で世田谷のジゴロと呼ばれた本郷幸成の財産を、内縁の妻、愛人の訪問看護師、家政婦の3人の女が争うのか?

女性の戦いが見ものですね。


スポンサーリンク