FINAL CUT


ここでは、ドラマ「FINAL CUT」5話の感想を紹介しています。

亀梨和也演じる早川慶介が母親を殺人犯に仕立てたメディアへの復讐&事件の真犯人を探すドラマ「FINAL CUT」。

5話ではいよいよ、大物キャスター百々瀬と対決します。




スポンサーリンク

5話のあらすじ


慶介(亀梨和也)は、高校生の頃、あるテレビ番組をきっかけに母・恭子(裕木奈江)を女児殺害事件の犯人扱いされ、無実の罪で亡くした男。12年後、警察官になった慶介は、母を死に追いやった番組関係者に次々と“ファイナルカット”という致命的弱点を捉えた映像を突きつけて制裁し、“ある目的”のため言いなりにしていく。カメラマンの皆川(やついいちろう)から、当時、恭子を犯人だと断じたのが司会の百々瀬(藤木直人)だと聞き出し、ついに首謀者を突き止めた慶介。
一方で、12年前の真犯人とにらむ男の妹・雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)に別人を装って接触していた慶介は、とうとう雪子と会っている時に若葉と鉢合わせてしまい絶体絶命の窮地に!

12年前、なぜ警察が発表するより先に、百々瀬は恭子を犯人と断じたのか。慶介は百々瀬の行動や経歴を洗い始める。その矢先、『ザ・プレミアワイド』が好評企画の第2弾を突然中止にしたとの情報が入る。百々瀬が裏で関与していると直感した慶介は、百々瀬のバックに何者がいるのか確かめようと、プロデューサーの井出(杉本哲太)に揺さぶりをかける。翌日、百々瀬が井出とともに出席した会食の場に同席していたのは、慶介の警察の上司・高田(佐々木蔵之介)だった!
ついに百々瀬と対峙した慶介は、人気司会者の思いもよらぬ弱点を突き付ける。
そして当時、百々瀬が犯人扱いすることを決定づけた裏には意外な人間関係があったことが明らかに!
さらに慶介のもとへ、鉢合わせして以来、会っていなかった雪子から、「兄が帰ってきた」と連絡が入りーー。


5話の感想


「FINAL CUT」5話を視聴した人の感想を聞いたので紹介します。


30代女性


ターゲットとなったニュースキャスターが脅迫された映像を使って、自身のニュース番組で使用し、それを全てフェイクニュースだと視聴者に印象づけるというやり方には、予想外で本当に驚きました。
過去の事件についても、今回新たに登場し、報道に圧力をかけている刑事部長から確かな情報を得たから報道したとして、主人公の脅迫にも全く動じないところ、嫁を雇っているところ以外にも何か隠されたことがあるように感じました。

30代男性


百々瀬と高田刑事が裏で繋がっているのは既に明らかにされていましたが、まさか高田の上の芳賀刑事部長までが絡んでいたとは…。刑事部長が出張ってくるとなると、この事件の真犯人は警察内部の者か、でなければ芳賀の個人的な知り合いである可能性が強いですよね。
ここまでの情報からストレートに考えれば「芳賀と小河原父が知り合いで、息子の小河原祥太を守るように頼まれた」という説が有力だと思いますが、まだドラマは半分も残ってますから思わぬどんでん返しがあるかもしれません。早く真実が知りたい!

30代女性


慶介は今まで井出、真崎、小池、皆川と一人ずつ秘密を握って脅していったが、井出が百々瀬に慶介に脅されていること、慶介が早川恭子の息子であることを伝えたことで、慶介と誰か、だけではなく横のつながりができてしまった。その流れを見ると、この回では話がかなり進んだと感じた。
そして、百々瀬は臆することなく自らの番組でトランプネタと合わせて自分の秘密映像を流し、フェイクニュースだという報道をしてしまうのは流石。事実を報じていると言っていた百々瀬、報道することで真実になってしまうと言っていた慶介の二人の会話が思い起こされるシーンだった。

40代男性


百々瀬を脅すつもりだった慶介が逆に利用されるという展開は今までになく興味深かったです。「全てをフェイクニュース扱いにする」というのは長年キャスターを務めてきた彼ならではの方法だと思いました。
また、百々瀬が「本当に12年前の犯人を見つけられるのか」というようなことを慶介に聞いていましたが、彼がまた何か企んでいるのではという気がしました。小河原姉妹が慶介の正体に気づく展開もこれからのストーリーがどうなっていくのか楽しみになりました。

40代女性


今回の相手は今までのように、簡単に復讐できなかったですね。逆に追い詰められた感じがします。そして、事件の真犯人を知るために近づいていた姉妹に嘘をつき、なぜ自分たちに近づいてきたのか?と雪子に怪しまれはじめました。慶介はそれにまだ気づいておらず、その上、自分は姉の方に恋心を抱きはじめています。
復讐、そして恋心を抱くが、どれもうまくいかない感じがします。いったいどうするんだろう…。

40代女性


慶介のある日突然みんなが見て喜ぶ透明なおりに入れられたという表現がすごいと思いました。
報じたら事実になる、でもそれは真実じゃない。よく警察や検察や事件もののドラマでは真実という言葉が使われますが、数多く見れば見るほど確かに事実と真実は違うんじゃないかと気になってその言葉を誰がどう使っているのかを注目するようになりました。
メディアの被害者だからこその説得力のある言葉のような気がして、公開されたら精神的無期懲役というセリフが強く心に残りました。


スポンサーリンク

まとめ

「FINAL CUT」5話の感想を紹介しました。


スポンサーリンク