anone


ここではドラマ「anone」の4話に登場する謎の女子高生と演じた蒔田彩珠について紹介しています。

ドラマ「anone」3話のラストで青羽るい子の近くに謎の女子高生がいました。

その正体はなんと幽霊でした。

なぜ幽霊がいるのかについては4話で判明しましたので、女子高生役を演じた蒔田彩珠と一緒に紹介したいと思います。




スポンサーリンク

謎の女子高生はるい子の子供だった


出典:日本テレビ


anone4話では、るい子の過去が明らかになりました。

その中で謎の女子高生の正体も判明します。

るい子は学生の頃、当時付き合っていた男性との間に子供ができましたが、産まれる前に死産をしてしまいました。

その死産してしまった赤ちゃんが幽霊となってるい子の前に現れたのです。

るい子はその赤ちゃんに「アオバ」と名前を付けました。

2人はいつも一緒でした。もちろんアオバはるい子以外には見えません。

るい子はずっとアオバと一緒に生きてきました。



それから数十年が経ち、るい子に本当の赤ちゃんが産まれます。

それが3話で電話に出てきた樹(武藤潤)です。

樹が産まれてからはアオバはいなくなり、るい子は義母と一緒に暮らし始めます。

良き母親、良き妻として懸命に生きてきたるい子ですが、次第に義母や樹に疎まれるようになります。



そしてある時、るい子は樹に一緒に家を出ないかと提案しますが、拒否されてしまい、結局一人で家を出ていきます。

その頃からアオバが再び、るい子の前に現れるようになりました。


アオバとの別れ


るい子がお金を必要としていたのは、息子の樹と一緒に暮らしたいためでした。

しかし、亜乃音から奪った1000万円も盗まれてしまい、夫からは離婚を突きつけられたるい子は、最後に息子との時間を過ごし、離婚を決めます。

そして、唯一最後まで近くにいてくれたアオバにも、まだそちらには行けないと別れを告げるのでした。

そして、自首するというるい子をハリカ(広瀬すず)と舵(阿部サダヲ)が亜乃音に会いに行こうと言って、とめます。

そして、3人は亜乃音の元へ向かうのでした。




スポンサーリンク

謎の女子高生・アオバ役は蒔田彩珠

謎の女子高生・アオバ役を演じたのは蒔田彩珠さん。

蒔田彩珠さんは2002年8月7日生まれの15歳。

7歳でデビューをした蒔田彩珠さん、実はけっこうCMに出演しています。

深津絵里さんと共演した敷島製パンのPascoや、日本生命、ドコモ田家と有名なCMに出ています。

ドラマでは2012年に放送された「ゴーイングマイホーム」で阿部寛さんの娘役を演じていました。



anoneでは、幽霊という設定なので、佇んでいるだけの演技でしたが、それでもすごく印象に残りました。

4話では、るい子がアオバにお別れを告げていましたが、るい子が一人になった時にまた現れるかもしれません。

アオバはるい子にとって子供でもあり友人でもあるとても大事な存在ですから。


まとめ

ドラマ「anone」4話に登場した謎の女子高生・アオバを紹介しました。

4話はるい子の過去が分かり、なぜお金を盗んだかの理由が判明しました。

そして、アオバという死産した娘がいたことも分かり、3話までのるい子のイメージが一新されました。



次回からは過去の出来事から立ち直り、新しい道を歩んでいくるい子が見られそうです。

舵の突然の告白もあったので、2人の関係が今後どうなっていくのかも楽しみです。



スポンサーリンク