ここでは「コードブルー3」2話のあらすじと感想を紹介しています。

藍沢先生(山下智久)が、フライトドクターとして戻ってきてくれるようになり、人手不足だった救命センターはとても助かります。

こうして藍沢先生、白石先生(新垣結衣)、緋山先生(戸田恵梨香)、藤川先生(浅利陽介)は、久しぶりに一緒に働くこととなります。

4人にはどんな試練が待ち受けているのでしょうか?

今回は「コードブルー3」2話のあらすじと感想を紹介していきます。


スポンサーリンク

「コードブルー3」2話のあらすじ

藍沢先生が戻ってきてくれて、スタッフリーダーをしている白石先生は助かるのですが、一つ問題が発生します。

それは、フェロー研修生3人の指導方針が、白石先生と藍沢先生で違いで衝突しているのです。

緋山先生、藤川先生も二人の衝突にはお手上げ状態です。

ある日、17歳の女性が搬送されてきます。

搬送されてきた彼女は、妊娠していたのです。

病院から呼び出された彼女の父親は当惑し彼女を怒ってしまい話をまともにしようとはしません。

それに困ってしまい、緋山先生は、父親と彼女がゆっくり話せる機会を用意しようとします。

父親と彼女の関係は良い方向へと進むでしょうか?

同じ時期、藤川先生は恋人であるフライトナースの冴島さん(比嘉愛未)の秘密を知ってしまいます。

そんな中、消防からのフライト要請が入り、藍沢先生、フェローの横峯先生(新木優子)が現場へと向かいます。

現場では、親子3人がけがをしています。

藍沢先生は「今日は付き添いだ」と横峯先生に伝え、その3人の処置を藍沢先生は横峯先生に任せると突き放します。

果たして無事に3人を病院へ搬送し、横峯先生は医者として成長することが出来るのでしょうか?

「コードブルー3」2話の感想

藍沢先生も戻ってきて、一段とおもしろくなっていきそうな感じの第2話でした。

さっそく藍沢先生と白石先生は、フェロー研修生3人の指導方針について衝突します。

藍沢先生の指導は一見冷たくみえますが、医師としての厳しい立場をとことん教えているようで本当は一番親身に指導しているようにみえます。

藤川先生と冴島さんが恋人関係にまで発展しているのは驚きでしたが、その中での、藤川先生がみてしまった冴島さんの秘密、2人がこの先幸せな方向に進めればいいのにとドキドキしてみていきたいと思います。

17歳での妊娠してしまった女性は、不安でいっぱいでしょうが、心強いのはやっぱり親の存在です。

お父さんを頼りに頑張って!と、応援してしまいました。

2話で藍沢先生たちがヘリ要請で救助に当たったのは親子3人でした。

親は自分がケガをしていても子供の治療を優先してくださいと言い、自分のことよりも子供の心配をする姿に胸が熱くなりました。


スポンサーリンク

「コードブルー3」2話のあらすじ感想まとめ

「コードブルー3」2話のあらすじと感想を紹介しました。

ドクターヘリの要請によって現地に向かう医師は、要救助者の容態を瞬時に判断し搬送順位を決めなくてはいけません。

フェロー研修生は、自分で判断しなくてはいけないという医師としての過酷な現実を目のあたりにし苦悩します。

3人のフェローは、無事研修を乗り切り、立派なフライトドクターへと成長できるのでしょうか?

そして、藍沢先生、白石先生、緋山先生、藤川先生は、フェローたちをどう指導していくのでしょうか?


スポンサーリンク