ここでは、矢作穂香さんの学歴(出身高校・大学)や経歴についてなどのプロフィールについて紹介しています。

「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」で主演を務め人気を集めた矢作穂香さん。

以前は未来穂香という名前で活動していた矢作穂香さんが最近芸能界に復帰して活躍しています。

そこで今回は矢作穂香さんの学歴(出身高校・大学)や経歴についてなどのプロフィールについて紹介してきます。


スポンサーリンク


矢作穂香のプロフィール

名前 矢作穂香
ふりがな やはぎほのか
生年月日 1997年3月7日
出身地 千葉都
血液型 B型
身長 155cm
趣味 映画鑑賞・お菓子作り
特技 英会話・クラシック・バレエ
事務所 研音


矢作穂香さんは以前は未来穂香さんという名前で活動をしていました。

この矢作穂香というのは本名で、本人曰くあまり自分の名前が好きではなかったそうです。

ニューヨーク留学経験のある矢作さんは、名前の穂香が英語ではHoの発音がHaになるため「はのか」と呼ばれて悔しい思いをしたそう。

また、名字の矢作も「やさく」「やづくり」などいろいろな呼ばれ方をされていて、本人は好きになれなかったみたいです。



しかし、ある人から「女優は過去も未来も生きるんだから。私が名字と一緒に育てなきゃ」と言われて目が覚めたとブログでは話しています。

また、ウィキペディアを見ると大林宣彦監督から「お母さんとお父さんから生まれた名前を大事にしなさい」と言われて改名を決意したとも書かれていました。

そして、インタビューでこのブログの「ある人」というのが大林宣彦監督だということがわかりました。

さすが監督ですね。

とても重みのある言葉だと思います。


スポンサーリンク


矢作穂香の学歴・出身高校や大学は?

矢作穂香さんの出身中学ですが、情報がありませんでした。

ただ、芸能界入りしたのが小学校6年生ということもあり、そのまま地元の中学に通っていたのではと考えられます。



出身高校は、日出高校というのが有力です。

その理由はアイドリング・高橋胡桃さんと同じで同級生ということと、高校の制服を着た画像が見つかったからです。

日出高校は目黒駅から徒歩5分のところにある中高一貫の学校。

ここは芸能コースがあり、芸能人が多く通っていることでも有名です。



出身大学ですが、大学には進学していません。

これは矢作さんがインタビューで大学や語学の専門学校も考えたけど、現地の英語を学んで帰ってきたほうがいいのでは、という両親の勧めで留学をしたため進学はしていないようです。


スポンサーリンク


矢作穂香の経歴・デビューのいきさつは?

小学6年生のとき、家族で遊びに行っていたディズニーランドでスカウトされたのが芸能界入りのきっかけです。

2009年5月〜2011年9月まで雑誌「ラブベリー」の専属モデル、2011年11月〜2013年4月までは「ピチレモン」の専属、2013年11月〜2014年10月までは「non-no」の専属モデルをしています。



女優業としては、2010年に浜田雅功さん主演で放送されたスペシャルドラマ「夢の見つけた教えたる2」で初出演を果たします。

同じ年、映画「マリア様が見てる」で早くも初主演を飾ります。

さらに「仮面ライダーオーズ/OOO」でメズール役としても出演。

そして2013年にCSで放送された「イタズラなKiss〜Love in Tokyo〜」で主人公・相原琴子役を演じ、一気に知名度がアップ。

このドラマは日本国内だけでなく中国・香港・シンガポールでも放送され、特に中国では人気があったそうです。



しかし、2014年8月末に所属していたエヴァーグリーン・エンタテインメントを退社。

このとき妊娠したという噂もありました。

その理由としては「イタズラなKiss〜Love in Tokyo〜」でのキスシーンの多さ。

これと所属事務所の退社というのが重なり、いつの間にか妊娠という言葉が独り歩きしてしまったようです。

ネットでの噂って、本当にささいなところから始まりますよね。



矢作穂香さんは事務所を退社後、2015年10月〜2016年3月までニューヨークに語学留学をします。

これは「イタズラなKiss〜Love in Tokyo〜」で共演していた古川雄輝さんと永田琴監督が英語で会話をしているときに自分が話せなくて悔しい思いをしたことがきっかけとなったようです。



ニューヨークから帰国後は、芸名を未来穂香から本名の矢作穂香に改名し女優業を再開。

映画「花筐/HANAGATAMI」でヒロイン役を務め、2017年には「貴族探偵」で月9初出演を果たします。

2018年にはドラマ「僕らは奇跡でできている」にレギュラー出演、配信ドラマ「今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?」で主演を務めるなど女優として活躍をしています。

まとめ

矢作穂香さんの学歴(出身高校・大学)や経歴についてなどのプロフィールについて紹介しました。

今後の目標としては海外の映画にも出たいと話している矢作穂香さん。

語学留学での経験を活かし、国際的に活躍女優を目指しているようです。

憧れの女優がオードリー・ヘップバーン。

彼女ように上品で人間性のある女優になれるか、今後のさらなる活躍が楽しみですね。


トップ画像の引用:研音公式ホームページ(http://www.ken-on.co.jp/artists/yahagi)