ここでは、ムロツヨシの生い立ちについてまとめて紹介しています。

ムロツヨシさんと言えば、ドラマ「大恋愛」では戸田恵梨香さんの恋人役としてシリアスでイケメンな役を演じる一方、「今日から俺は!!」ではコミカルな役を演じるなど、幅広い演技力が魅力ですよね。

また、正確は明るくて面白いよくしゃべる人気俳優と知られていますが、その反面、過去には笑えないエピソードがあるようです。

ここでは過去の生い立ち、そして家族である母親、父親、姉との関係についてまとめてみました。


スポンサーリンク


ムロツヨシの生い立ちは?

ムロさんの幼い頃の記憶の中での両親はいつもケンカをしていたそうです。

ムロさんが4歳の時に両親は離婚。

母親は家を出て行き、親権は父親がとり姉と2人父親の元に行く事になったそうです。

しかし、その父親も別の女性の元に行ってしまい、姉とムロさんは祖父母や父方の親戚に預けられ育ったそうです。

それからずっと親戚の家で生活し夏休み等の長期休暇になると、父親と女性が暮らす家に遊びに行くという複雑な状況。



ムロさんが小学5~6年の時父親から「結婚する」との報告を受けたそうですが、それがまた別の女性であり、幼い子供も2人いたそうです。

ムロさん自身その出来事を「ある日突然、お母さんと兄弟ができた!!」と笑いながら話されたそうです。

新しい家庭を持った父親が家族を引き連れ帰ってきました。

これで姉とムロさんとまた一緒に暮らすのかと思いますが違ったようで、父親と新しい家族が住み始めたのは、なんとムロさんと祖父母が暮らしていたアパートの隣室に暮らし始めたそうなのです。

なんとも残酷で酷い話です。

自分と祖父母が暮らす部屋の隣にて暮らしていた父親ですが、その後の関係はどうなったのでしょうか?



そんな環境で心を壊したのはムロさんではなく祖母でした。

隣室で暮らしている息子家族を見ているうちにどんどん心が壊れていったそうです。

親の代わりに、沢山の愛情を注いでくれた祖父母。

置き去りにされてしまった孫を不憫に思い。

自分勝手で不誠実な我が子に怒り。

孫にきっと詫びていたと思います。

隣室で暮らす息子夫婦を見るうちに、張り詰めていた心がどんどん壊れたそうです。

自分の子供も面倒みないで自分に押し付け暮らしている様子を間近で見ていると誰でも気がおかしくなってしまうと思います。



そのうちに憎しみに祖母は支配をされてしまったそうです。

「なんで私がこんな事になったんだろう?」と祖母は言っていたそうです。

そして父親はまた離婚をします。

祖母の事もあり、父親と親戚の仲は修復不可能な程に険悪となっていたようです。

ムロさんは親戚に対しこれまで自分を育ててきてくれた恩義を感じ、そこで父親とは完全に決別をする為に絶縁を行ったとされています。

それ以来、ムロさんは父親と会っていないそうです。


スポンサーリンク


姉や母との関係は?


先程から何度か話に出てきましたが、ムロさんには4歳年上の姉が1人います。

普通じゃない環境に育ったからか少しグレた時期があったようです。

その後、姉は祖父母と住む家を出ていったそうです。

ムロさんより年上でおそらく思春期だった姉には父親の行動は許せなかったのかもしれません。

ムロさんは、そんな姉を見てこれ以上祖父母に迷惑かけられないと勉学に励んだそうです。



幼い頃に別れた母親に関しては、顔も覚えていないそうです。

母親の思い出は真っ赤な口紅位しかないそうです。

ムロさんが物心ついた頃には母親の写真は全て処分をされていたそうです。

「母親を探そうと思えば探せると思うけれども迷っている」とムロさんは言われました。

徹子の部屋に出演した際、ムロツヨシさんは「顔を見たい気持ちはあるけど話をするって事はあちらに失礼というか、あまり良い時間にならないと思う。だけど、顔が見たいという気持ちは正直ある」と話していました。

ムロさんは自分が母親にとって迷惑な存在と思っているようですね。



話は変わりますが、ムロツヨシという芸名は本名じゃありません。

21歳の時から「ムロツヨシ」で活動をされています。

ムロさんがなぜ本名を明かしていないのかという事は実は自分を生んでくれた母親に対しての思いがそうさせているようです。

母親がテレビに映る自分を観て、息子だとわかってしまったら、きっと嫌な思いをするだろう、と自分の存在をわからないように。

そして、本名を明かして母親に迷惑がかからないように自分を抑えて優しい気持ちがそうさせているようです。


スポンサーリンク


まとめ

ムロツヨシさんの生い立ちと父親・母親と姉の関係をまとめて紹介しました。

ムロさんの明るい人柄からは全く想像出来ない壮絶な生い立ちにとても驚きました。

また、ムロさんは父親の事を「1ミリも恨んでいない・生まれ変わっても父親の子供になりたい」と話していました。

本当に壮大な人なんだなぁと改めて思いました。



トップ画像の引用:ムロツヨシ公式ホームページ(http://www.murotsuyoshi.net/)