ここではドラマ「中学聖日記」3話で判明した聖になりすまして書き込みをしていた犯人についてネタバレ紹介しています。

中学生の男子と女性教師の禁断の恋を描いた「中学聖日記」ですが、ドラマでは原作の漫画とは大きく違っていますね。

視聴率が低迷している中、3話では1話からなりすましで書き込みをしていた犯人が判明します。

ここでは、ドラマ3話で判明した書き込みの犯人についてネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


3話のあらすじネタバレ

夜道を自転車で走行していて転倒していた晶(岡田健史)を助けた聖(有村架純)は、けがの手当をするために自宅に入れます。

途中、晶はコンビニに出かけますが、その間に聖の恋人・勝太郎(町田啓太)が突然やって来ます。

それに気付いた晶は聖の自宅から消えるのでした。

晶はクラスメイトのるな(小野莉奈)に告白されます。

ちょうどその頃、子星中学では勉強合宿があり、晶はるなに誘われ参加することに。

合宿中、晶はどうしても聖のことが忘れられず、るなに冷たい態度をとってしまいます。

さらに、ネットでの書き込みをしていたとされる人物に気付いた晶は暴行を加える事件を起こしてしまいます。



ちょうどそのころ、晶の母・愛子(夏川結衣)が過労で倒れ入院します。

それを合宿先で聞いた晶は聖に付き添われ母親の元へ。

途中、聖は晶が書き込み犯に対して暴行を加えたことを知ります。

そのことを伝えると晶は思わず電車に聖を乗せてしまうのでした。

幸い愛子の容態は問題なかったのですが、聖が晶と一緒に電車に乗っていたことを知ったるなは嫉妬心から愛子にそのことを伝え、晶が聖に狙われていると言ってしまうのでした。

一方、聖は晶への気持ちに整理がつかないことを先輩の丹羽千鶴(友近)に指摘され、思わず本音をもらしてしまうのでした。

そのころ、勝太郎は会社の上司・原口律(吉田羊)と親しくなっていました。

そして、律が勝太郎にキスをしてしまい…。


スポンサーリンク


犯人のネタバレ!書き込みとなりすましは同一人物で同級生の海老原満だった

勉強合宿で暴行事件を起こした晶でしたが、実はその原因は聖に対する盗撮や書き込みをしていた犯人に対してでした。

その犯人というのは、同級生の学級委員長・海老原満(川口和宥)でした。

海老原は、聖が赴任してきたときにたまたま職員室で聖のIDを拾います。

最初、聖になりすまして保護者に生徒のことをチクるメールを送っていました。

このことで聖は生徒から不信感を持たれる結果に。

その後、聖の盗撮を始めた海老原はネットの反応がいいことでやめることができずにエスカレートしていきます。

さらには晶と聖のことも書き込むようになっていきます。

晶は合宿中、部屋でたまたまタブレットをみつけ、それが書き込みの投稿だったことに気付き海老原に問いつめます。

そして、海老原の態度を見て思わず暴行をしてしまったのでした。


スポンサーリンク


なりすまし・書き込み犯人のネタバレまとめ

ドラマ「中学聖日記」3話で判明したなりすまし・書き込みの犯人についてネタバレで紹介しました。

書き込み犯が海老原だったのは意外でしたね。

ネット上でも予想外だったいう声が多かったです。




晶の聖への思いが暴行事件になってしまいましたが、これによってより聖が晶を意識するようになります。

さらに、晶に振られたるなが愛子に告げ口をするという展開に。

勝太郎と律との関係も気になりますが、4話以降はどうなるのでしょうか。

ドラマと原作で大きくストーリーが違うため、原作を読んでいる人にも先が読めない内容になっているので、気になりますよね。