ここでは、中学聖日記で黒岩晶役を演じている岡田健史さんについて紹介しています。

10月9日(火)よる10時から放送が開始されるドラマ「中学聖日記」の原作は、女性向けマンガ誌「FEEL YOUNG」に連載されている漫画家かわかみじゅんこさん作の同名マンガです。

原作のマンガは、2017年度の「an・anマンガ大賞」でグランプリを獲得している作品です。

単行本は、祥伝社フィールコミックスより現在4巻まで発売されています。

中学教師と教え子である中学3年生の男子が恋に落ちる禁断の恋を描いた作品で、主人公の女性教師末永聖(有村架純)に恋する男子生徒黒岩晶役を岡田健史さんが演じます。


スポンサーリンク


岡田健史のプロフィール!身長や体重は?


名前 岡田健史
ふりがな おかだけんし
本名 水上恒司
身長 180cm
体重 67kg
事務所 スウィートパワー


出身高校は、長崎創成館高等学校です。

高校時代には野球部に所属していたて、ポジションはキャッチャーでした。

野球一筋でしたが、県予選で敗退してしまい甲子園に行くことは出来ずに昨年(2017年)の夏に野球部を引退します。

俳優になるきっかけになったのは、その時期に出合った演劇です。

演劇部の助っ人として大会へ出場し、勝ち進むうちに演じることへの興味を持ち、両親を説得して役者になるために上京したようです。

こうと決めたら一直線な性格が、このエピソードを聞くと伺えます。


スポンサーリンク


晶の役どころは?


岡田健史さんが演じるのは中学生・黒岩晶。

主人公の末永聖が片田舎の中学校、子星中学校に赴任してきたことで物語が始まります。

3年1組の担任となった聖は、着任早々に生徒にからかわれます。

生徒のひとりである黒岩晶は、聖に心無い言葉を浴びせるなど、先の読めない行動を取って聖を振り回します。

聖になぜだか心奪われ、次第に見ていてイライラして取っている行動でした。

それが恋だと知り、初恋に自分が制御出来ずに戸惑いながらも真正面から聖に想いをぶつけていきます。

そんなピュアな想いを聖がどういった形で受け止めていくのか気になります。


スポンサーリンク


岡田健史についてまとめ

10月9日からスタートする新ドラマ「中学聖日記」の主演である有村架純さんの相手役に抜擢された岡田健史さんについて紹介しました。

原作も完結していない作品ですので、物語の中盤から後半にかけては、ドラマオリジナルのストーリー展開になっていくかと思います。

脚本を担当した金子ありささんがどうまとめていくのかも気になりますし、ドラマデビューの岡田さんがどんな演技を見せてくれるのかも気になります。