ここではドラマ「黒い十人の秋山」に出演する天才子役・上杉みちくんについて紹介しています。

ロバートの秋山竜次が1人で10役を演じるドラマ「黒い十人の秋山」が2017年12月26日に放送されます。

そのドラマで、クリエイターズファイルにも登場する天才子役・上杉みちくんが出演することが分かりました。

ここではどんな役どころかを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

上杉みちくんとは?



上杉みちはクリエイターズファイルNO22の子役です。

児童劇団えんきんほう所属の6歳。

代表作に「星のカラクリ」「おばあちゃんの人参ジュース」「九官鳥リリーの倦怠期」「神様がくれた4カ条」などがあります。

どんな時でも泣けるのが得意。



最近はたまごっちのCMにも出演していました。

そのCMの撮影現場が見られる動画がこちら↓





実際のCMは6分10秒あたりで流れます。

「ママー!」って叫ぶのはみちくんの得意技ですかね。笑




クリエイターズファイルはどれもキャラクターが個性的で面白いですよね。

秋山竜次さんが演じるキャラだけでなく、映像に出演している人全員で作っている感じが面白いです。

さっきのCMの撮影現場も、現場自体が架空のものなのに完成度がとても高いです。

その中で、みちくん自体はちょっと突っ込みたくなる部分があるんですよね。

たとえば、秋山さんって本当はもっと身長が高いのに、無理やり背丈を低く見せていたり、足を曲げていたりと、どこかお笑いの要素が入っています。

でも、それをあえて無視して、秋山さんは役を演じてます。

それが面白かったりしますよね。



バカバカしいことを真面目にやることほど面白いことはありませんからね。

秋山さんはキャラに入り込むのが本当に得意なのがクリエイターズファイルを見ていて分かります。


黒い十人の秋山での役どころは?

ドラマ「黒い十人の秋山」での上杉みちくんの役どころは、ずばり本人役です。

みちくんは容疑者10人と関わりのある非常に重要な役どころとして登場します。

詳しくはネタバレを書いたので、そちらをチェックして見てください。


黒い十人の秋山ネタバレ!犯人が予想外だった!


ドラマで登場するシーンは、それほど多くないのですが、かなり重要な役割でしたし、大事なセリフもあったので、これは予想ですがみちくんのために脚本の内容を変更したんじゃないかと思います。

特にラストのシーンはかなり予想外だったので、みちくんの出演がラストにも影響したんじゃないかと思ってしまいました。



黒い十人の秋山のあらすじとキャストまとめ



スポンサーリンク

まとめ

黒い十人の秋山に出演する天才子役・上杉みちくんについて紹介しました。

クリエイターズファイルは、もっとたくさんのキャラクターがいるので気になった人はホームページをチェックしてみてください。



公式ホームページはこちら
ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル公式サイト




スポンサーリンク