ここではドラマ「グッド・ドクター」8話で登場したクッションのアルクマについて紹介しています。

8話では転院してきた陽翔くんのベッドにアルクマのクッションがありました。

知らない人もいると思うのでアルクマについて紹介したいと思います。


スポンサーリンク


アルクマとは?


アルクマは長野県PRのマスコットキャラクターです。


画像引用:http://arukuma.jp/about

信州に出没する、大変珍しいクマ。

クマなのに寒がりで、いつも頭にかぶりもの。

クマなのに旅好きで、いつも背中にリュックサック。

信州をクマなく歩きまくり、信州の魅力を世の中にクマなく広めるのが生きがい。


プロフィールを見てみると、短所が「寒がり」となっています。

長野は寒いけど大丈夫!?

身長は「リンゴの木の半分くらい」。

あれ、キティちゃん!?

体重は「リンゴ70個分くらい」。

これもキティちゃんと一緒!?

ちなみに、キティちゃんは身長が「リンゴ5個分」で体重が「リンゴ3個分」です。

ということは、キティちゃんの約24倍の体重ということになりますね!

相当重いですね笑



アルクマは「ゆるキャラグランプリ」にも2012年の第3回の時から参加しています。

2012年(第3回) – 24位(参加865体中)
2013年(第4回) – 28位(参加1580体中)
2014年(第5回) – 39位(参加1168体中)
2015年(第6回) – 106位(参加1579体中)
2016年(第7回) – 123位(参加1421体中)

ランキングは徐々に下がっていますが、今回の登場でまた人気が上昇するかもしれませんね。



8話では陽翔くんがアルクマのクッションをベッドに置いていましたが、どうしてでしょうか?

それは、陽翔くんが長野に住んでいたからです。

陽翔くんの母親は高山先生を頼って、長野の病院から転院してきたのでした。

だから、アルクマのクッションを持っていたんですね。


スポンサーリンク


ドラマ「グッド・ドクター」アルクマのクッションについてまとめ

ドラマ「グッド・ドクター」8話で登場したアルクマクッションについて紹介しました。

8話は兄弟愛にとても感動しました。

そして、母親のがんばりを心配する兄など家族思いの家族でしたね。