ここでは12月19日放送の「監獄のお姫さま」最終回のネタバレ予想をしています。

おばさんたちによるイケメン社長誘拐事件もいよいよラストです。

9話までにはられた伏線はすべてつながりました。

最終回ではどんな結末が待っているのでしょうか?

公式ホームページやネットの情報などから結末を予想してみたいと思います。




スポンサーリンク

「監獄のお姫さま」これまでのおさらい



元服役囚だった馬場カヨ、財テク、女優、姉御、先生は大企業の社長・板橋五郎を誘拐する計画を立てます。

その目的は、服役中に出会った吾郎の元婚約者の姫の無実を証明し、吾郎に復讐すること。

5人は吾郎を誘拐することはできたものの、姫の無実を証明するための証拠が見つからないまま時間だけが経過していきます。

最終回の予想

ここからは最終回のあらすじを見ながら予想をしていきます。

プレ裁判で吾郎に異変?



9話では先生こと若井ふたばの号令で「爆笑ヨーグルト姫事件の再審請求のプレ裁判」が行われました。

プレ裁判には、検事の長谷川とその部下、おばさん5人、吾郎と妻の晴海が参加しました。

プレ裁判では、財テクこと勝田千夏が殺害された吾郎の元恋人・横山ユキを演じ、吾郎を追い詰めます。

千夏の演技力に焦った吾郎は、もうやめてくれと叫び苦しみます。



しかし、それでも吾郎は罪を認めません。

最後には「証拠があるかないか。私が犯人だという証拠がない」と、開き直ってしまう場面も。

のぶりんが意外な事実を確かめに沖縄へ



なかなか罪を認めない吾郎に対して、どう対応していいか分からない馬場カヨたち。

そんな時、検事ののぶりんこと長谷川が「わかっちゃんですよね」と意味深な発言をします。

そして、沖縄にあることを確かめに行くと話します。



爆笑ヨーグルト姫事件を調べるため、急遽沖縄に向かった検事の 長谷川 (塚本高史) と助手の 今池 (上川周作)。しのぶ (夏帆) と 吾郎 (伊勢谷友介) がパラセーリングを申し込んだボートハウスで、思いもかけない事実を知ることに…。



おそらく、吾郎が犯人である証拠を見つけた可能性が高いです。

姫が爆笑している映像を見ながら「わかった」と話していただけに、現地でしか分からない事実が隠されているんだと思います。

実行犯プリンスが登場

9話の最後、服役中の仲間・リンが実行犯(?)のプリンスを連れてアジトにやって来ます。



一方、アジトのガレージでは、実行犯と思われる プリンス (ナリット) が 若井 (満島ひかり) たちの尋問を受けていた。プリンスは、何度聞いても同じ言葉を繰り返し答えるばかりで進展がなく、カヨ (小泉今日子) たちはお手上げ状態だった。



プリンスからは新たな情報が得られなかったようですね…。

それにしても、リンも仲間に入っていたんですね。

おそらく、ふたばが声をかけたんだと思われます。



プリンスを連れてきたことで、何か進展があるのかと思いきや、逆に吾郎にチャンスを与えるかたちになったようです。

もしかしたら、プリンスは本当に何もしていないのかもしれません。

吾郎が姫ことしのぶを犯人にするために用意した…と考えたら、何も知らないですよね。

わるウーマン達は逮捕される?

誘拐事件はテレビで大きく報道されていて、わるウーマンたちの情報も出てしまっています。

5人は吾郎の被害届を出さないという言葉を信じ、吾郎を解放しますが、あっさり約束を破って被害届を出してしまいます。

そして、カヨたちは身柄を拘束されてしまいます。



最後まで嫌なやつですよね、吾郎は!

9話でのしのぶとの面会シーンは本当にムカつきましたね。

早く逮捕されて欲しいと個人的には思っています。

最終的には晴海が吾郎を説得して被害届を取り下げることになるのですが、このままではスッキリしませんよね。



吾郎が逮捕されるという結末はあるのでしょうか?

やはり、長谷川が沖縄で見つけた情報が間違いなく鍵になりそうです。

姫と勇介はどうなる?





カヨたちが出所した後も、姫は一人刑務所の中にいます。

いじめにあいながらも淡々と日々を暮らす姫に明るい未来は待っているのでしょうか?

爆笑ヨーグルト姫事件の再審請求が行われ、姫の無実が証明されたあかつきには、勇介と一緒に暮らせるようになる…、というのが理想的な気もしますが…。



幼いころに別れた母親を勇介は覚えているのでしょうか?

それとも、今の母親・晴海との暮らしを望むのでしょうか?

カヨたちのことは覚えていなかった勇介ですが、母親だけは別だと信じたいです。


スポンサーリンク

まとめ

監獄のお姫さま最終回の結末をあらすじをみながら予想してみました。

最終的には吾郎と姫の立場が逆転している…、というのがハッピーエンドだと思います。

というか、ここまで吾郎の悪っぷりを見ていたら天罰が落ちてもいいはず。

カヨたちわるウーマンにもハッピーな結末が待っていることを期待しています。




スポンサーリンク