ここでは「監獄のお姫さま」3話のあらすじと感想を紹介しています。

ようやく今回の回想シーン(刑務所時代)から、女囚たちが板橋吾郎(伊勢谷友介)誘拐事件を起こす原因となった江戸川しのぶ(夏帆)が登場し、馬場カヨ(小泉今日子)たちに関わってきます。

監獄にやってきた爆笑ヨーグルト姫が抱える秘密とは?


スポンサーリンク

「監獄のお姫さま」3話のあらすじ


吾郎の息子・勇介 (前田虎徹)が警察によって無事保護され、母親である板橋晴海(乙葉)のもとへ帰されます。

刑事たちは勇介から、誘拐された時の様子などを聞き出そうとします。

時代はさかのぼって、2012年初春の女子刑務所。

馬場カヨたちが暮らす雑居房へと、爆笑ヨーグルト姫事件の張本人である江戸川しのぶがやってきました。

テレビで見ていた爆笑ヨーグルト姫が目の前に現れ、同室の明美 (森下愛子)・洋子 (坂井真紀)・悠里 (猫背椿)・リン (江井エステファニー) たちは興味津々。

馬場カヨは、しのぶの教育係に指名されます。

ところが、しのぶは洋裁工場で突然嘔吐して倒れ、いったん独房に移されます。

そんな中、馬場カヨは面会にやってきた担当検事の長谷川 (塚本高史)から、夫から託されたという離婚届を渡され、ショックを受けます。

すると、刑務所内に突然警報ベルが鳴り響き、しのぶが独房から姿を消したということで刑務官たちは大慌て。

しのぶは一体どこへ消えたのでしょうか?

時代は現代に戻って…

しのぶを助けるために誘拐事件を引き起こしたという事実を知った吾郎が爆笑ヨーグルト姫事件について語ります。

吾郎の話す事件の顛末とは?

「監獄のお姫さま」メインキャスト

馬場カヨ ・・・ 小泉今日子

若井ふたば ・・・ 満島ひかり

板橋吾郎 ・・・ 伊勢谷友介
 
江戸川しのぶ ・・・ 夏帆

長谷川信彦 ・・・ 塚本高史

小島 悠里 ・・・ 猫背椿

板橋晴海 ・・・ 乙葉

馬場公太郎 ・・・ 神尾楓珠

護摩はじめ ・・・ 池田成志
 
大門洋子 ・・・ 坂井真紀

足立明美 ・・・ 森下愛子

勝田千夏 ・・・ 菅野美穂


スポンサーリンク

「監獄のお姫さま」3話の感想


今回は特にテンポが良い回で、見終わるまでの時間があっという間でした。

しのぶが収監されてきたときの馬場カヨは、世話焼きで優しい感じがとても良くて、思わずほろっとしてしまいます。

そしてしのぶに対するみんなの態度が、馬場カヨが収監されてきたときよりずっと優しいのにはクスッときました。

おどおどしてて、殻に閉じこもったような感じなんだけど何だか構いたくなる、守ってあげたくなる。

しのぶは生まれ持っての姫体質なんですかね。

そんなしのぶですが、事件について、自分がやったと話していますが何か秘密を隠しているようです。

雑居房で同室のリンが、若井ふたば(満島ひかり)やしのぶが話した事件の情報について「殺人のギョウザ(教唆)って何?」とか、「姫が(殺す相手を)呼び出したんじゃなかった?」など、鋭い突っ込みを入れてくるのが面白かったです。

勝田千夏(菅野美穂)が、すぐにしのぶが騙されていることに気づき、吾郎の企みをズバズバ言い当てちゃうところはさすがでした。

吾郎に対し、自分の都合の良いように夢見て世間知らずなお姫様と、酸いも甘いも?分けてきた大人の女性の対比がよく表れていました。

しかし、しのぶもラストでは吾郎の裏切りを確信し、ひどく動揺します。

夏帆さんの演技をこのドラマで初めて見ましたが、裏切りを知って徐々に表情が強張っていく様子、目の周りが赤くなって涙が出そうになるところなど、とても上手だなと思いました。

それまでと一転し「私はやっていない!」と、しのぶは主張しますが、彼女はまだ秘密を抱えているようで…。

今回の小ネタで特に面白かったのが、ざんげ体操第二の「生まれてすみませ~ん」の振り付けです!

フルで見たくなります。笑

それから、ラストのカラオケ大会で、千夏が天城越えを歌うときのメイクがインパクト大で必見です。

「監獄のお姫さま」3話まとめ


「監獄のお姫さま」3話のあらすじと感想を紹介しました。

みどころはこちら!

・ラストで、吾郎の裏切りを確信した時の夏帆さんの演技

・刑務所の所長である護摩所長 (池田成志) のざんげ体操!

・カラオケシーンで流れる勝田千夏の天城超え!!



スポンサーリンク