ここでは、ドラマ「まだ結婚できない男」8話のあらすじをネタバレで紹介します。

英治と桜子の結婚が決まり、英治は桑野に主賓スピーチをお願いすることに。

しかし、スピーチに気が進まない桑野からは二人の絆すらも否定するような発言をされ、英治は失望してしまいます。

見かねたまどかが仲裁役を買って出ることに。

ここでは「まだ結婚できない男」8話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


まだ結婚できない男8話あらすじネタバレ

結婚が決まった英治(塚本高史)と桜子(咲妃みゆ)は、早速結婚式の準備を進めることに。

有希江(稲森いずみ)のカフェで話し合っていると、偶然桑野(阿部寛)も店にやって来ました。

結婚式に出席して欲しいという英治の言葉に、結婚に否定的な桑野は渋い表情を見せます。

結局「検討しておく」と、あいまいな返事ではぐらかすのでした。



そんなある日、折り入って相談があると良雄(尾美としのり)と圭子(三浦理恵子)に呼び出された桑野。

聞けば姪のゆみ(平祐奈)がメイドカフェでバイトしていると言うのです。

心配した二人は、自分たちよりも心を開いている桑野にゆみを説得してほしいと頼むことにしたのでした。

渋々了承した桑野は、ゆみがバイトをしているメイドカフェに潜入。

バイトをしている理由を問い詰めると、アメリカで経済の勉強をするためにお金を貯めていると言うのです。

良雄や圭子に言っても反対されるからと黙っていたのでした。

桑野から報告を受けた良雄は、ゆみが自分の将来をきちんと考えていることに安堵するのでした。



桑野から出席の返事をもらった英治は、桑野に主賓のスピーチを依頼することに。

しかし、それを聞いた桜子は大反対。

桑野にスピーチさせたらロクなことにならないと言うのです。

それでも英治は桜子の反対を押し切って、恩人である桑野にスピーチを依頼。

しかし、気が進まない桑野は英治との絆を否定するような発言をして英治を失望させてしまいました。



桜子から話を聞いたまどか(吉田羊)は桑野への説得を試みます。

しかし桑野は、結婚を良いと思っていないのに綺麗事など言えないと言うのです。

そこへゆみから連絡が。

桑野のおかげで良雄たちに留学を賛成してもらえたと、お礼を言うゆみ。

状況を把握したまどかは、姪っ子にしてあげたように英治にも一肌脱いであげてはどうかと提案。

結局、まどかが原稿を書くことでスピーチを引き受けることになりました。

しかし、まどかの原稿を見た桑野は月並みで型通りの原稿にダメ出しの連発。

笑いを取りながらも最後には感動させるオリジナルのスピーチをとハードルの高い条件を出されたまどかは行き詰まってしまいます。

いくら考えても桑野の気持ちなど理解できるはずがないと考えたまどかは、自分の気持ちを書くことにしました。



そして迎えた結婚式当日。

結局、自分で原稿を書くことになった桑野ですが、直前になってもまだ書けないでいました。

そのままスピーチの時間を迎えてしまい、焦る桑野。

そこで原稿なしのぶっつけ本番でスピーチをすることに。

最初は案の定、桑野らしい皮肉から始まりましたが、最後は出席者を感動させるスピーチを披露。

そんなスピーチを聞いたまどかは感動して涙ぐんでいました。

【関連記事】
まだ結婚できない男のロケ地・結婚式場(8話)は千葉のチャペル!



帰宅後、まどかから送られてきた結婚式の写真を見た桑野は自分のSNSに投稿することに。

その写真とはブーケトスされたブーケを必死で掴もうとするまどかの姿でした。

その写真にいいねの数が沢山ついたことに、桑野は一人にんまりとするのでした。


スポンサーリンク


まだ結婚できない男8話の感想


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「まだ結婚できない男」8話のあらすじをネタバレで紹介しました。

桑野は有希江の店を守るために自分の仕事を犠牲にしました。

皮肉ばかり口にする桑野ですが、やはり根本は思いやりのある人であることがわかりました。

有希江との今後の関係に進展がありそうで楽しみです。

8話ではそんな桑野が英治の結婚式でスピーチをしましたが、とても感動的でした。

皮肉ばかり言う桑野が正直な思いを伝えたというのが心に響きましたよね。


スポンサーリンク