ここでは、ドラマ「ニッポンノワール」6話のあらすじをネタバレで紹介します。

喜志殺害の疑いをかけられた清春は才門の手引きで逃走。

清春は逃亡生活の中で、薫が十億円強奪事件の真犯人は自分だと言っていたことを思い出します。

そんな中、ニッポンノワールの拠点を探っていた清春は、ベルムズと警察が癒着している疑いを知ることに。

ここでは「ニッポンノワール」6話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


ニッポンノワール6話あらすじネタバレ

喜志殺害の容疑で逮捕された清春(賀来賢人)ですが、才門(井浦新)の手引きで逃走することに成功。

その後、才門と別れて単独行動を開始した清春は克喜(田野井健)の元へ。

克喜は薬がないと突然暴れ出し、力尽きて眠っていました。

そんな克喜の寝顔を見ながら、薫(広末涼子)から「十億円強奪事件に克喜が関わっている」と告白されたこと思い出す清春。

そこで清春は克喜を闇医者に預かってもらうことにしました。



警察は清春を全国指名手配にかけました。

そして南武(北村一輝)は、「十億円強奪事件」と「碓氷薫殺害事件」の二つの事件には警察の地下組織が関与しており、その名前は「ニッポンノワール」だと公表。

奪われた10億円もその組織の資金であり、それが明るみになるのを恐れて事件の隠蔽を図ったと。

さらに強盗団の防犯カメラもフェイク映像でニッポンノワールに頼まれて公安部が作らせたものだと続ける南武。

南武は事件をうやむやにするために清春を消すつもりなのが許せないのでした。



克喜の入院先の病院で再び才門と合流した清春は、薫が十億円強奪事件の犯人で、強盗団殺した実行犯が別にいることも打ち明けました。

そんな中、克喜が服薬していたのが未認可の精神安定剤であることが判明。

そこで清春は克喜にどこでもらったのか尋ねますが、克喜は薫にもらっていただけで何も知りませんでした。

そこへ清春の居場所を特定した警察がやって来ました。

危機一髪のところで逃げ出した清春と才門は、才門と交際している明海(立花恵理)の自宅に身を寄せることに。



清春はベルムズのメンバーが警察病院で相次ぎ失踪していることが気になっていました。

詳しく調べてみると、警察病院とベルムズが繋がっていること判明。

そこで清春と才門は警察病院への潜入を試みることに。

清春は警察病院に行けば克喜のことも何かわかるかもしれないと考えていました。

しかし、二人の計画を知った明海は警察に情報を流してしまいました。

明海の報告書には、病院で行われるヒーローショー終了後に特撮ヒーローのスーツを着たまま院内に潜入と記載されていました。

そこで警察は外まで逃げる特撮ヒーローを追いかけましたが、中にいたのは全くの別人でした。

明海は警察に嘘の情報を流していたのです。



その頃、清春と才門は警察病院の地下室へと向かっていました。

地下室に着くと、そこにはガスマスクの男が。

清春は再びガスマスクの男に「NN」のマークを見せられて意識を失ってしまいました。

目を覚ますとガスマスクの男の姿はなく、血だらけの才門の姿が。

才門は意識が朦朧とする中、薫が残したUSBを清春に託しました。

これを見れば克喜の全てと清春のことも分かると言う才門。

その後、才門は星良(入山法子)のことを想いながら亡くなってしまいました。



清春は「NN」のマークを見たことで記憶が少し蘇っていました。

それはガスマスクの男がニッポンノワールの一員であること、さらに克喜がそのニッポンノワールの極秘プロジェクトの犠牲者だということでした。

薫が言うには克喜はもともと気性の激しい性格だったが、たった2週間で別人のようになったと。

それは人体実験を受けたからだと言うのです。

清春がその実験現場に潜入すると、作業服を着た男たちが現れました。

危険を感じる清春。

そこへ南武たちも駆けつけて来ました。


スポンサーリンク


ニッポンノワール6話を見た視聴者の感想

ニッポンノワールが人体実験をしているヤバイ組織だというのが驚きました。それも克喜みたいな子供にも実験をしているというのが衝撃的でした。遊佐がNNのマークを見ると記憶を思い出すあたりを考えると遊佐も人体実験を受けていると思いますがどのような経緯でそうなったのか気になって仕方ありません。最後に才門が死ぬという展開が驚きました、才門は黒幕につながる人物だと思っていたので意外すぎました、才門が持っていた秘密の2個目の携帯は一体だれとつながっていたのかますます謎が深まり待ったのが今回の感想です。
30代男性

まさか才門が死ぬなんて思っていなかったので、かなり衝撃的な回だったと思います。才門は本当に清春の味方だったんだなとわかったけど、そのわかった理由が死だなんて悲しすぎました。また、克喜くんが人体実験を受けたというのはどういう意味なんだろうかと気になります。ベルムズのメンバーもゾンビのようになっていたし、ニッポンノワールの目的は、人間兵器でも作ることなのかと恐怖を感じました。清春が才門から引き継いだUSBの中に真実があるような気がして楽しみです。
20代女性

ニッポンノワールの極秘プロジェクトは、もしかすると違法薬を使って体力を異常に増強させた超人を作ることだったのかなと思います。その第一号の実験台が克喜で、人格が変わってしまったのはその副作用なのかもしれません。そして、失踪したベルムズのメンバーも、新たな実験台になっていたような気がします。段々話が不穏な方向に転がっていってますが、ベルムズの支配から逃げられた甲斐くんがまともな生活を送っていたことが唯一ホッとしました。
30代女性

南武の子供が家出をしているということが、南武の口から明かされました。ストーリーに直接関係するとは思えないようなシーンだったので、わざわざそんなシーンを入れたということは、南武の息子が今後登場するのではないか?と思ったのです。家出をしていて消息が不明という子供が、実はニッポンノワールのメンバーだったみたいなこがあるのではないか?と思えてきます。今後のストーリーにかかわる重要な伏線だった可能性が高いと思います。
30代男性

スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ニッポンノワール」6話のあらすじをネタバレで紹介しました。

失われていた清春の記憶が徐々に鮮明になって来ました。

そんな中、十億円強奪事件の真犯人が薫だという衝撃の事実が明らかに。

なぜ薫は殺害されてしまったのでしょうか?

元警視庁長官である薫の父親が何か怪しい雰囲気を醸し出していて、事件との関係が気になります。

さらに警察病院の地下や克喜が人体実験に利用されていたなど、新しい事実が判明しました。

そして、才門が…。

本当に亡くなったのでしょうか?

次回も目が離せない展開が待っていそうです。