ここでは、ドラマ「まだ結婚できない男」5話のあらすじをネタバレで紹介します。

有希江と早紀を誘って1泊2日の鎌倉旅行をすることにしたまどかですが、神社で偶然にも一人で鎌倉に来ている桑野に遭遇。

皮肉とウンチクをさんざん浴びせられ楽しい女子旅は台無しになってしまいます。

そんな中、高校時代の後輩・エリカが婚活中だと知ったまどかは桑野を紹介することにしました。

ここでは「まだ結婚できない男」5話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


まだ結婚できない男5話あらすじネタバレ

不動産売買と事業譲渡について調べていた桑野(阿部寛)ですが、その違いがわからずにまどか(吉田羊)に資料を送ってもらうことにしました。

翌日、その資料を持って有希江(稲森いずみ)の店を訪ねた桑野。

桑野は有希江に相談されたお店の買取の件を調べていたのです。

無関心に見えて意外にも人のことをちゃんと考えているのだと、有希江は嬉しくなるのでした。



仕事ばかりの日々に疲れを感じていたまどかは、大好きな鎌倉の大仏が恋しくなっていました。

そこで一人で行くのは寂しいと、有希江と早紀(深川麻衣)を誘って一泊二日の旅行を計画。

さらに縁結びで有名な結岡神社も参拝しようと盛り上がる3人。

桑野(阿部寛)に知られたら皮肉を言われるからと、桑野に内緒で女子旅を決行することにしました。



そして鎌倉旅行当日。

お金を洗うと金持ちになれるという銭洗弁天を訪れた3人は、1人でお金を洗う桑野(阿部寛)に遭遇。

何とか気づかれずにその場を去ることに成功した3人でしたが、宿泊先のホテルで再び桑野に会ってしまいます。

縁結びのために来ていることを見透かされた上に皮肉を言う桑野に、まどかたちは嫌な気分に。



翌朝、目当ての縁結びの神社が5時間待ちだと知った3人は予定を変更して桑野の後をつけてみることにしました。

山の上の小さな神社・福玉神社に辿り着いた3人はヘトヘトに。

帰り道、まどかたちは道がわからずに迷ってしまうものの、なんとかバス停までたどり着きます。

そこで偶然まどかの高校時代の後輩・エリカ(野波麻帆)に遭遇します。

絶賛婚活中で月に一度、結岡神社を訪れていると言うエリカ。

今日も6時間待って参拝して来たと言うエリカに驚いた3人は詳しく話を聞くことにしました。

エリカから、どこかに背が高くて、真面目で、仕事熱心の人は居ないかと言われた3人は桑野の顔が頭に浮かびました。

桑野を紹介することに抵抗はあったもののエリカの熱意に負け、思い切って桑野を紹介してみることに。



東京に戻った桑野は、ジムで薬丸(デビット伊東)が「こないだのブログ見ましたよ」と言われているのを聞いてしまいます。

「やっくんのブログ」を書いているのが薬丸かもしれないと疑う桑野は、英治(塚本高史)たちを巻き込んでやっくんの正体を暴こうと必死に。

そこへまどかから連絡が入りました。

まどかはエリカと桑野を引き合わせるために、桑野を有希江の店に呼び出すことにしたのです。

しかし、結婚の夢を壊すような桑野のひどい発言にエリカは圧倒され、店を出て行ってしまいました。

まどかは桑野に会わせたことでエリカを傷つけてしまったと、後悔していました。

しかし、エリカは桑野の発言で結婚についての考えが変わったと言うのです。

結婚にこだわっていた自分がバカバカしいと思うようになったと。

それを聞いたまどかは安心するのでした。



福玉神社を参拝した桑野、まどか、有希江、早紀にはそれぞれ新たな仕事が舞い込んでいました。

新たな出会いを探しているどころではないと、4人はそれぞれ新しい仕事に向けて気合が入るのでした。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「まだ結婚できない男」5話のあらすじをネタバレで紹介しました。

まどかは高校時代の後輩・エリカを桑野に紹介しましたが、最悪の結果になりましたね。

ただ、桑野の本質を突いた意見がエリカには響いたようで、結果的に良かったのかもしれません。

これまでもそうですが、言い方に皮肉さを感じるけれど説得力のある話をする桑野を見ていると、スッキリした気分になります。

さらにやっくんの正体が明らかになってきました。

なぜやっくんはそれほどまで桑野のことを意識しているのか、その理由が気になります。