ここでは、ドラマ「グランメゾン東京」3話のあらすじをネタバレで紹介します。

京野は農水省と世界的な人気雑誌のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることを決定。

初めは乗り気ではなかったが、gakuも参加することを聞いてやる気になる尾花。

果たしてグランメゾン東京はgakuに勝つことができるのかでしょうか?

ここでは「グランメゾン東京」3話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


グランメゾン東京3話あらすじネタバレ

尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)はグランメゾン東京のメインディッシュになる肉料理のメニュー開発に挑んでいました。

しかし、なかなか思うようなメニューができずに苛立つ尾花。

そこへ京野(沢村一樹)がフリーのフードライターである久住栞奈(中村アン)を連れてやって来ました。

京野は農水省と世界的に権威のあるグルメ雑誌「マリ・クレール ダイニング」のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールが開催されるため、それにエントリーしようと提案。

もし、このコンテストで優勝すればお店と料理が掲載されると言うのです。

栞奈はパリにいる編集長のリンダ(冨永愛)から参加店の選定を任されており、グランメゾン東京にも参加して欲しいと声をかけに来たのでした。

さらに栞奈は他にも丹後(尾上菊之助)がシェフを務めるgakuにも声をかけていました。

それを聞いた尾花は俄然やる気になるのでした。



早速、新鮮な鹿肉を探す尾花と倫子ですが、gakuのオーナーである江藤(手塚とおる)がコンテストのために腕の良い猟師を抑えて鹿肉のロースを買い占めて入手困難な状態に。

そこで倫子は相沢(及川光博)に、期間限定でメニュー開発専門の料理人として参加して欲しいと頼むことにしました。

熱い想いに心を動かされた相沢はその頼みを聞き入れることに。

さらに伝説の食材ハンターがいると、伝説のジビエ猟師・峰岸(石丸幹二)を尾花たちに紹介。

峰岸のジビエを食べた尾花と倫子はその味に感動しました。

しかし、頑固な職人の峰岸に門前払いされてしまうのでした。

平古(玉森裕太)は相沢のレシピが更新されていないことが気になっていました。

グランメゾン東京を訪ねるとそこには相沢の姿が。

相沢まで尾花と一緒に仕事をしていることにショックを受ける平古。

しかし、店のオーナーシェフが尾花ではなく、さらに相沢が定時で帰っていると聞いて尾花の変わりように驚くのでした。



そんな中、京野が鹿のもも肉を入手することに成功。

実は京野は平古の名前を使うことでもも肉を仕入れることができたのでした。

さらに峰岸から鹿の新鮮な血を譲ってもらい、納得のいくメインディッシュを完成させることができました。

そして迎えたジビエコンクール当日。

しかし、尾花と連絡がつかずに焦る倫子たち。

実は尾花は自分たちが開発したメニューを振る舞うために、峰岸の元を訪れていたのです。

尾花の作る料理を食べた峰岸はその美味しさに感動。

その頃、コンクールでは倫子がシェフとして自分ができる精一杯の力を出し切っていました。

しかし、優勝はgakuが獲得。

落ち込む倫子たちの元に、尾花が峰岸を連れて戻って来ました。

尾花の料理に感動した峰岸は、グランメゾン東京にジビエを卸すことを決めたのでした。



それから1ヶ月後。

店で出す全10品の料理が完成し、メニュー開発専門で雇われていた相沢は店を去って行きました。

その足でアメリーのお迎えに向かった相沢は、アメリーのお弁当を尾花が作っていたことを知ります。

尾花の想いを知った相沢は、一緒に仕事をしたいと思うように。

こうして相沢もグランメゾン東京の仲間入りを果たしました。

そんな中、突然リンダが店を訪問。

リンダは尾花の元恋人であり、店を始めると聞いて尾花の作る料理を食べにやって来たのでした。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「グランメゾン東京」3話のあらすじをネタバレで紹介しました。

ついに尾花と丹後の直接対決が実現します。

尾花がどのような料理で勝負を挑むのか楽しみです。

そしてグランメゾン東京がオープンに向けて本格的に動き始めました。

京野に続いて相沢や平古も仲間に加わるのか、気になるところです。