ここではドラマ「海月姫」8話の感想を紹介しています。

ドラマ「海月姫」もついに8話まできました。

8話では天水館の売買契約がついに成立し、尼〜ずたちは退去しなくてはならない状況に。

その危機を救ったのは尼〜ずの月海でした。




スポンサーリンク

海月姫8話のあらすじは?


倉下月海(芳根京子)たちはプロモーションスペースに『ジェリーフィッシュ』を出店。客つきは全く良くなかったが、アジアでセレクトショップを展開するカイ・フィッシュ(賀来賢人)には認められた。カイは月海と鯉淵蔵之介(瀬戸康史)に、ドレスとデザインを買い取りたいと申し出る。それどころか、月海をシンガポールに連れて行き新ブランドを展開したいと言う。そして、月海の才能を埋もれさせたくないと部下のファヨン(伊藤ゆみ)に手付金の用意を命令した。蔵之介は月海やドレスのことを理解していないとカイの提案を断る。蔵之介と部屋を出る月海に、カイは連絡先を教えた。

プロモーションスペースに月海たちが帰ると“尼〜ず”たちがいない。2人を迎えたのは稲荷翔子(泉里香)と佐々木公平(安井順平)。稲荷は『天水館』の売買契約が成立したと月海と蔵之介に教える。すぐに『天水館』に戻る月海たちだが、さすがの蔵之介も打つ手なく沈んでしまう。

修(工藤阿須加)に困った時には連絡するよう言われていた月海は電話するのだが出てもらえない。勇気を出して鯉淵家を訪ねる月海だが、修は不在だった。そんな月海は慶一郎(北大路欣也)と容子(床嶋佳子)から家に迎え入れられる。月海は『天水館』が売却されてしまったことを慶一郎に相談するが、自分にはどうすることも出来ないと言われてしまった。
頼る術がなくなった月海は、カイにもらった名刺に目を落とし…。


海月姫8話の出演者


倉下月海・・・芳根京子

鯉淵蔵之介・・・瀬戸康史

鯉淵修・・・工藤阿須加

ジジ・・・木南晴夏

ばんば・・・松井玲奈

まやや・・・内田理央

千絵子・・・富山えり子

稲荷翔子・・・泉里香

花森よしお・・・要潤

佐々木公平・・・安井順平

鯉淵容子・・・床嶋佳子

鯉淵慶一郎・・・北大路欣也

中原丈雄・・・中原丈雄(本人役)

にゃんこスター・・・にゃんこスター(本人役)



スポンサーリンク

海月姫8話を見た人の感想


まとめ

ドラマ「海月姫」8話の感想を紹介しました。


スポンサーリンク