ここでは、ドラマ「グランメゾン東京」1話のあらすじをネタバレで紹介します。

フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子は、日本人シェフ・尾花夏樹と出会います。

尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに思わず涙をこぼす倫子。

そんな倫子に尾花は、一緒に店をつくらないかと提案します。

ここでは「グランメゾン東京」1話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


グランメゾン東京1話あらすじネタバレ

2015年フランス・パリでは日仏首脳会談が行われていました。

そこで料理を振る舞うのは二つ星レストラン「エスコフィユ」の日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)。

しかし、アレルギー食材の混入事故を起こして大事な会談をぶち壊してしまいました。

さらにスタッフが故意に行ったのではと疑う官僚を殴ってしまい、「エスコフィユ」は解散に追い込まれてしまったのでした。



それから三年。

フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」の前を通りかかった夏樹は、ひとりの日本人女性が面接を受けているのを目撃します。

その女性の名前は早見倫子(鈴木京香)。

倫子は料理人としての人生をかけてフランスに来ていました。

倫子が実技テストで前菜を作ろうとしているところに夏樹も乱入し、自分をもう一度使って欲しいとシェフに懇願。

しかし、その願いも虚しく外に追い出されてしまいました。



その後、面接に落ちた倫子は夏樹が表舞台から消え去った有名な日本人シェフ・尾花夏樹だと知ります。

そして、夏樹に三つ星レストランを認めさせる料理を食べさせて欲しいと懇願。

夏樹の料理を食べた倫子は、あまりの美味しさと自分の実力のなさに思わず涙を流しました。

自分には星を獲るほどの才能がないと落ち込む倫子。

そんな倫子を見た夏樹は、自分と一緒に店をやらないかと提案。

自分はもうミシュランの星がついた店では働けないが、倫子が店を開いて自分と一緒に星を獲れば良いと言うのです。

二人で一緒に世界一のグランメゾンを作ろうと言われた倫子は、その誘いに乗ることに。



そこで二人は東京で一番のフレンチと言われているレストラン「gaku」を訪ねることに。

実はその店のシェフ・丹後学(尾上菊之助)は「ランブロワジー」で夏樹と共に修業しており、二人は昔からのライバル関係でした。

さらに「gaku」にはギャルソン・京野陸太郎(沢村一樹)の姿も。

京野もかつては「ランブロワジー」で修行する料理人でした。

しかし、夏樹の才能に惹かれ、経営側に回ることで夏樹と共に「エスコフィユ」で世界一を目指すことを夢見ていました。

しかし、三年前の事件によって「エスコフィユ」は解散し、借金を背負うことに。

そんな時に丹後に誘われ、借金を肩代わりしてもらうかわりに「gaku」のギャルソンになったのでした。

夏樹から、再び一緒にやらないかと誘われた京野は怒りをあらわに。

そして倫子に「こんな最低な奴と一緒に店を始めるのはやめた方が良い」と言って去って行きました。



夏樹は店を開くには絶対に京野は外せないと考えていました。

そこで京野の好きな料理を振る舞うことに。

しかし、身勝手な夏樹に自分の人生は預けられないと、再び断られてしまいました。



京野から、夏樹が店を出そうとしていると聞いた尾花は倫子を店に引き抜くことに。

倫子もその誘いを受けることを決意します。

しかし、再び夏樹の料理を食べた倫子はその味に改めて感動。

そして京野の借金を肩代わりし、自分たちの店に引き抜くことを決意します。

倫子の熱い想いに打たれた京野は、一緒に店をやることに。

そして京野から店の名前を聞かれた倫子は、「グランメゾン東京」と名付けました。



ドラマで登場した場所が気になる人は「グランメゾン東京ロケ地・パリのレストランや国内の撮影地をまとめて紹介!」をチェックしてみてください。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「グランメゾン東京」1話のあらすじをネタバレで紹介しました。

型破りなフランス料理シェフ ・尾花夏樹を演じるのは木村拓哉さん。

プロ級の料理の腕前を持つことでも知られる木村拓哉さんの演技に注目です。

そして尾花とともに三つ星を目指す女性シェフを鈴木京香さんが演じます。

「華麗なる一族」以来、12年ぶりに共演する二人の掛け合いも楽しみです。


スポンサーリンク