ここでは、磯村勇斗さんの学歴(出身高校・大学)や経歴についてなどのプロフィールについて紹介しています。

たくさんの若手俳優たちが次々に登場し活躍する今の芸能界。

その中でもネクストブレイク俳優と言われ、注目を集めていた磯村勇斗さん。

その注目通り、今やすっかりブレイクした磯村さんは2019.年夏のドラマで「サ道」と「TWO WEEKS」に出演しています。

そして、2019年秋の連続ドラマ「時効警察はじめました」にも出演予定が決まっています。

そこで、今回は磯村勇斗さんの学歴(出身高校や大学)と経歴などのプロフィールを紹介したいと思います。


スポンサーリンク


磯村勇斗のプロフィール

名前 磯村勇斗
ふりがな いそむら・はやと
生年月日 1992年9月11日
出身地 静岡県沼津市
血液型 A型
身長 176cm
趣味 ゾンビ映画観賞、都市伝説の研究、サウナ
特技 料理、バスケットボール
事務所 BLUE LABEL


磯村勇斗さんの趣味は料理です。

なかでもお菓子を作ることが好きなようで、初めて作ったお菓子は「スイートポテト」だったそうです。

これは磯村さんのお母さんが作っているのを小さい頃から手伝って覚えたものだそうです。

なんでも子どもの頃からクッキーは自分で作っていたみたいですよ。

ちなみに現在、一人暮らしをしている磯村さんが最近作ったお菓子は「イチゴのタルト」だそうです!

なかなか本格的ですよね!!



そんな磯村さんの家族は、父親、母親、兄、磯村さんの4人家族です。

磯村さんのお兄さんは8歳年上だそうです。

結構、年齢が離れていますよね。

ご両親は学業に対して厳しく、ずっと俳優になりたかった磯村さんに対して反対の意見だったそうです。

しかし、今では俳優として頑張っている磯村さんを応援してくれていて、磯村さんが「仮面ライダーゴースト」の仕事が決まった時にはお母さんが泣いて喜んだそうです。

なんだかとても良いご両親ですよね。


スポンサーリンク


磯村勇斗の学歴・出身高校や大学は?

磯村勇斗さんの出身小学校は、沼津市立第一小学校です。

小学生の頃はゲームが好きだったそうです。

しかしお兄さんの部屋にしかゲーム機がなかったので、お兄さんのいない時を見計らってこっそりとやっていたそうです。



出身中学校は沼津市第一中学校です。

中学生の頃の磯村さんはバスケットボール部に所属していました。

中学2年生の時に短篇のパロディ映画を自主制作していて、これがきっかけで俳優を目指すようになったのです。

磯村勇斗さんの出身高校は静岡県立沼津西高等学校です。

俳優を目指していた磯村さんは高校へは進学せずに上京するつもりでしたが、両親の反対にあい沼津西高校に進学しました。

高校でもバスケットボール部に所属していました。

ちなみにこの沼津西高校出身の有名人は磯村さんの他に、タレントで元政治家の田嶋陽子さんがいますよ。



磯村勇斗さんが進学した大学は桜美林大学です。

芸術文化学群演劇ダンス専修を専攻していました。

高校卒業後に俳優の道へ進む予定だった磯村さんでしたが、またもやご両親の反対にあいます。

しかし、磯村さんからの希望で演劇のある桜美林大学にしたようですよ。


スポンサーリンク


磯村勇斗の経歴・デビューのいきさつは?

大学に進学した磯村さんでしたが、入学して2年で退学しています。

その後は小劇場の舞台を中心に劇団を渡り歩きました。

そんな中、オーディションを受けていましたが結局は、現在の事務所に所属している演出家の舞台に出演したことをきっかけに芸能界デビューします。

芸能活動を始め、2015年に「仮面ライダーゴースト」に出演します。

2017年には連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインの結婚相手役を演じます。

これらをきっかけに磯村勇斗さんの名前が知られ始めました。

以降は

覆面系ノイズ
SUITS/スーツ
今日から俺は!!
ういらぶ
きのう何食べた?
インハンド
サ道
TWO WEEKS

などに出演しています。

なかでも印象深い作品は「今日から俺は!!」です。

磯村さんは開久高校の相良猛を演じています。

相良猛はグレー色の髪の毛をオールバックにしたツッパリです。

かなりの卑怯者で主人公たちにずっと絡んできてケンカばかりしています。

普段の磯村さんからは想像がつかない風体で、見た目は本当にヤンキーっぽく怖いです。

初めは磯村さんだとは気付かないくらい、役になりきっていました。

最近では「きのう何食べた?」のジルベールこと井上航も印象的な役でした。

ジルベールは山本耕史演じる小日向大策の恋人です。

同性愛者のカップルということですね。

このドラマは漫画が原作なのですが、原作を裏切ることなくそのまんまのジルベールを演じてみせたのです。

見た目も性格もそのままでしたので、ファンからは喜びの声も多かったです。

役によって見た目も性格も違って演じ分けるのってとても難しいと思うのですが、磯村さんはそれがしっかり出来ていると思います。

まさにカメレオン俳優といってもいいのではないでしょうか?

まとめ

磯村勇斗さんの学歴(出身高校・大学)や経歴についてなどのプロフィールについて紹介しました。

磯村さんは子供の頃から本当に俳優になりたかったようで、スカウトをされに渋谷や原宿をウロウロしたそうです。

しかしスカウトをされないことに「この俺がスカウトされないのはおかしい」と笑ったそうです。

自分はビジュアルではなく演技でコツコツ頑張っていこう!と思い直したそうですよ。

そのつみ重ねが今に活かされているのかもしれませんね。



トップ画像の引用:BLUE LABEL公式ホームページ(https://blue-label.jp/management/hayato-isomura/)