ここでは、ドラマ「ノーサイドゲーム」9話のあらすじをネタバレで紹介します。

部内マッチの結果、七尾がレギュラーに選ばれました。

全体的な戦力アップがなされる中、柴門は七尾の弱点を発見してしまいます。

一方、カザマ商事がデータ改ざんを行なっていたことを突き止めた君嶋は、カザマ商事買収に関する会議に臨席することになりました。

ここでは「ノーサイドゲーム」9話のあらすじをネタバレで紹介します。



スポンサーリンク


ノーサイドゲーム9話あらすじネタバレ

トキワ自動車本社でカザマ商事買収の承認を得るためのプロジェクト会議が開かれることになりました。

経営戦略室長の脇坂(石川禅)はカザマ商事に関する重要な情報を得たとして、その会議に君嶋(大泉洋)を臨席させることに。

君嶋は2年前の白水商船のタンカー事故を取り上げ、カザマ商事が納品したバンカーオイルに不備があったのではと発言。

それに対して滝川(上川隆也)は、第三者機関の調査の結果問題ないという報告を受けていると答えます。

しかし、君嶋はその第三者機関である帝国工科大学の森下教授はカザマ商事から賄賂を受け取って検証データを偽装したと続けます。

そんなことはあり得ないと言う滝川に、森下教授が書いた3億円の受領書を見せる君嶋。

それを見た滝川は固まってしまいます。

滝川は風間社長(中村芝翫)から何も聞かされていなかったのです。

結局、カザマ商事の買収話は保留となり、滝川はトキワ自動車の金融子会社への異動が内定。

一方、脇坂はトキワ自動車の危機を回避した立役者として常務取締役に昇格しました。



そんな中プラチナリーグが開幕し、アストロズは七尾(眞栄田郷敦)を中心とした攻撃で得点を奪い、順調に勝ち進んでいました。

一方、サイクロンズも勝ち星を重ねていました。

前年の収益を上回るアストロズですが、脇坂からは予算を縮小するべきだと言われてしまいます。

君嶋がそのことを選手たちに正直に話すと、選手たちはどんな環境でも全力でやるのが自分たちのラグビーだと言うのです。

それを聞いた君嶋は、全力を尽くしてこのラグビー部を守ろうと心に誓うのでした。



そして迎えたブレイブス戦では七尾に代わって浜畑(廣瀬俊朗)が出場。

浜畑の活躍で見事に勝利することができました。

帰り際、君嶋は観客席に滝川の姿を発見します。

「値段以上の良い試合だった」と言う滝川に、君嶋は「滝川さんの指摘は厳しかったが正しかった」と打ち明けます。

すると、滝川は自身の大学時代のことを話し始めました。

滝川の父親はラグビーをしており、自分もやってみたいと思っていたが、父親の家業が傾いてスポーツどころではなかったと。

大学でも生活費を稼ぐためにアルバイトに明け暮れる毎日を送っていたが、そんな時に風間に食事に誘われて付き合うことにしました。

しかし、汗水垂らして稼いだ大事なバイト代がその食事代で一瞬にして消えてしまいました。

滝川は自分を小馬鹿にしていた風間を見返したいという思いで会社を奪い取りたかったと告白。

しかし、風間の口座の明細まで用意していた君嶋に完全に負けたと言う滝川。

ところが、君嶋は風間の口座までは調べていませんでした。

それは脇坂のしたことだったのです。

さらに君嶋を府中工場に異動させたのも滝川ではなく、脇坂でした。

君嶋は始めて自分の本当の敵を知ることに。

一番信じていた人に裏切られたことを知って落ち込む君嶋。

しかし、全力で戦う選手たちに勇気をもらい、自分も全力を尽くすことを誓いました。


ついに最終回!ラストの結末は「ノーサイドゲーム最終回あらすじネタバレ」で紹介しています。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ノーサイドゲーム」9話のあらすじをネタバレで紹介しました。

カザマ商事の不正に気づいた君嶋。

果たして君嶋はカザマ商事の買収を止めることができるのでしょうか?

一方、アストロズでは七尾が新しくレギュラーになりましたが、プレッシャーに押しつぶされてしまわないか心配です。

元ラグビー日本代表選手も!出演者は「ノーサイドゲームキャスト・ラグビー部員一覧」でまとめて紹介しています。